あなたは本当にそれでいいの? 英語ができるようになりたいなら、英語を使う環境に行くべき!

スポンサーリンク
英語,勉強,どうやって,英語環境,ブログ,学習日記

 

どーも、ワーホリを利用してカナダに滞在中のタツキチです。

 

最近、こんな事を聞かれました。

「どうやって英語を勉強してるんですか?」

 

正直、僕は返答に困りました。

っと言うのも最近思うのが、英語の勉強の方法なんて大体限られていると思うんです。

ある程度の基礎を勉強して、あとは実践して英語と言う言葉を使い慣れるしかないと思っています。

すごく簡単に言うと、「英語を覚えて、使う」

これだけなのではないかと。

もちろん、覚える単語やルールなどは沢山あります。

ですが、そんなの全てを覚えるなんて時間がかかり過ぎます。
っと言うか流石に無理なのでは?

母国語の日本語ですら、日々勉強が必要だと思っていますしね。

なので、あとは自分次第になると思うのです。

 

本気で英語が出来るようになりたいならば、毎日ひたすら勉強して、毎日英語を使う状況に身を置く事が大切です。

それをするだけで、ある程度は英語が出来るようになります。

「〜メソッドで英語をマスター」とか「これをするだけで英語が話せるようになる」とかの方法は効果はあるのかもしれません。

それなりに理にかなった勉強方法なのだと思います。

ですが、その反面そう言った方法でなくても英語が出来るようになることも可能だと思っています。

それに、本当に英語が出来るようになりたいならば、1年、2年ぐらい語学学校などでひたすら勉強すれば、ある程度できるようになるとも思います。

どの程度できるようになるかは個人のやる気次第ですが、日常生活では困ることはなくなる程度は出来るようになる筈です。

 

スポンサーリンク

本当に英語が出来るようになりたいんですか?

英語,勉強,どうやって,英語環境,ブログ,学習日記

 

いつも疑問に思うのですが、英語が出来るようになりたと言っていながら特に行動を起こさない人がいると言う事。

例えば、英語が出来るようになりたいっと思っているのに、日本人の人達としかつるまないとか。

別にそれ自体は否定しません。

むしろ、日本人同士の繋がりはすごく大切だと個人的に思っています。

ですが、本当に英語が出来るようになりたいならば、それでは英語は出来るようにならないでしょう。

その環境で英語を上達させるには、本人の努力が必要だと思います。

そこで疑問の話に戻るのですが、

「そもそも本当に英語が出来るようになりたいと思っているのか?」

です。

 

いつも思うのですが、「実はそこまで英語を出来るようになりたいとは思っていないのでは?」と。

と言うか、「それほど必要に迫られていないのでは?」とも言えます。

または、楽して英語が出来るようになりたいと思っているのかもしれませんね。

 

「はっきり言って、楽して英語が上達することはありませんよ!」

 

子供の頃からそう言った環境に身を置いているならばまだしも、僕達のように第二言語として英語を使う場合は、勉強して、使うを繰り返すことによって英語が出来るようになるものだと思いますよ。

 

本当にそれでいいの?よく考えてみては?

英語,勉強,どうやって,英語環境,ブログ,学習日記

 

英語環境について前の記事、「 たとえ英語環境を作れたとしても、結局は自分でも勉強しなきゃダメな理由」でも書いていますが、「今あなたが身を置いている環境で本当にいいんですか?」

「日本人どうしてつるんでいながら、英語が出来るようにならないと言っているあなたに質問です!」

「本当にその環境で満足しているんですか?」

上記でも書いていますが、それを否定はしません。

本人がそれで満足しているならば、それでいいんです。

ただ、よく考えてみてください。

「毎日日本語を使っている環境に身を置いていて、英語が出来るようになると思いますか?」

やり方によっては可能かもしれませんが、大抵の場合は無理だと思いませんか?

 

今の自分の現状を考えてみればわかるかと思いますよ。

 

「それでも別にいいと言う!」と言うならば、それでいいです。

「いや、もっと英語が出来るようになりたい!」と思うならば、もう一度ご自身が身を置いている環境を考え直してみてはどうでしょうか?

 

まとめ

本当に英語が出来るようになりたいと思っているならば、たとえどんな環境にいようとも「どうすれば上達するのか?」「どうすればもっと英語を使う環境に身を置けるのか?」などなど、解決策を考えて、試行錯誤をすると思うんです。

そのぐらい英語を上達させたいと思うならばですが。

 

そうでない場合は、「実はそこまで英語が出来るようになりたいとは思っていないのかもしれませんよ?」

 

そればかりは、僕にはわかりませんが・・・。

 

もう一度、自分に聞いてみてはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください