英会話を上達させるコツは? それは、お酒を飲んで話しまくること!?お酒で英語が上達するって本当なのか?

スポンサーリンク
英語,上達,お酒,英会話,英語学習,ブログ

英語学習をしている方の中で、1度ぐらいはこんなこと聞いたことないでしょうか?

「お酒を飲めば英会話が上達する!」

 

果たしてこれは本当なのか?

中には既に経験済みの方もいるかもしれませんね。
これについては、僕も経験したことがあります。

この事実は本当なのかどうなのかを初めに言ってしまうと、

「お酒を飲んで英語で会話をすることによって英会話は上達します!」

 

楽しくお酒を飲んで、英会話まで上達するなんて少し都合が良すぎる気もしますが事実です。

ですが中には、「ただお酒を飲んで英会話が上達するなんて信じられない!」と言う方もいるかと思います。

それは僕も同じ意見です。

はっきり言って、ただお酒を飲んだだけでは英会話は上達なんてもちろんしませんよ!

じゃあ、いったお酒を飲んで英会話が上達するとはどう言うことなのか?

 

スポンサーリンク

お酒を飲んで英会話が上達する事実とは?

僕自身もこのブログで僕の実体験から英語を上達するための方法や勉強法などを紹介していますが、「お酒を飲んで英会話を上達させる」なんて方法だけで英語が話せるようになれば、今まで苦労せずに済んだはず・・・w

それに、お酒を飲んで話すだけで英会話が上達すれば、英語の教材や英会話スクールなど軒並み潰れてしまうかもしれませんしね。

 

上記で、お酒を飲んで英会話をすれば英語が上達すると言いました。

その効果は、海外でも科学的に証明されているとかいないとか。
とはいえ、アルコールが何かしらの効果を英会話の上達にもたらすのは確かです。

 

英語が上達すると言うよりも、リミットが外れると言う事なのでは?

 

どう言うことか簡単に言うと、

お酒を飲むと、気分が高揚してきますし、細かいことは気にしなくなりますよね?

お酒を飲んでいない時に英語を話す場合、「恥じらい」や「しっかり話そう」などと言う事を考えてしまいます。
それに、頭の中で自分の言いたい事をゆっくり考えてから発言しようとしてしまうかと思います。

ですが、お酒が入ることによって、普段考えてしまいがちな「間違ったらどうしよう」「言ってることがわからなかったらどうしよう」「英語でなんて言えばいいのかわからない」などと言った考えを消し去る効果があります。

それに、ネイティブの方の前で英語を話すのが恥ずかしいなどと言った考えもなくなったりするかと。

そうすることによって、例え間違った英語だとしても、間違った発音だとしても、相手と会話をしよう・楽しもうとし取り敢えず何かしら英語が口から出てくるんです。

それに、話す相手の方も細かいことは気にしないですし、意味のわからない英語でもそれとなく流されることが殆どです。

なので、余計に間違った英語を話したからと言って怖気付くことがなくなるという点では効果的ですね。

英語を発する練習といった感じですかね。

 

ただお酒を飲むだけでは上達はしないと思う訳

 

ここで、注意点

ただ単にお酒をんで会話をすれば上達すると言う訳ではないと言うこと。

それだけで、上達するならば誰も英語上達に苦労しませんw

そこで欠かせないのが、「インプット」です。

つまり、最低限は英語を勉強する必要があると言うことですね。

「えぇ〜!それじゃあ、お酒で英語が上達するなんて嘘じゃん」って思いました?

そうでないと、今自分の中にある英語表現で会話をするしかないので、ボキョブラリーには限りがありますからね。

なので、ある程度は英語の勉強はしないとあまり効果はないとも言えるかと。
逆に、そこそこ英語が話せるようになるとその効果は大きい筈。

 

しっかり効果を期待したいならば、

 

もう一つ、注意点!

お酒を飲むことによって、英会で会話がしやすくなります。
そうすることによって、普段よりもアウトプットが多くできると言うことです。

基本的に、英会話を上達させたいならば話しまくる、せめて口から発しまくるしかないと僕は思っています。

ですが、その時に決して飲み過ぎないよう注意しましょう!!
もやは、かなり酔っぱらっているともはや英会話どころではなくなりますから・・・。

それは日本語でも同じですよね?

もやは、日本語ですら会話にならないぐらいよっぱらっていれば、英語でなんて会話になりませんよw

お酒の強さは、個人差があるのでそのあたりは自身で調整するしかないですね。
おそらく、ほろ酔いぐらいがちょうどいいかもしれません。

 

僕の実体験から

僕がいままで経験をお話ししますと、英語学習を始めたばかりの時、詳しく言うとオーストラリアにワーホリに初めて言った時のことです。

英語,上達,お酒,英会話,英語学習,ブログ

その頃は語学学校に通っていて、常に英語を話して上達させたいと常に考えていました。

なので、クラスメイトなどと出掛けることがあれば出来るだけ英語を使って会話をするように心がけていました。
そんな頃に、みんなで飲みに出掛けた時やお酒を飲む時の事です。

確かに、お酒が入ると授業などの時よりも断然英語が出やすいです。
ですが、その頃は全くと言っていいほど英語が話せなかったので、結局は同じ事ばかり言っていましたね。

なんせボキャブラリーが少ないので・・・。

それでも、見知らぬ人などに話しかけられても平気でかなり拙い英語で会話していました。

臆せずに英語で会話すると言う点では良かったのですが、どうしてもインプット量が少なかったので会話が続かないなどと言うことが殆どでしたけどね。

もちろん、相手が言っていることを真似するという手もあります。
ですが、英語を聞きなれない内は真似することもなかなか難しいというのが個人的な感想ですね。

しかも、意味もわかりませんしねw

そういった経験から、やはりある程度の英語学習は必須だなと。

 

まとめ

お酒で英会話が上達することはします。

ですが、ある程度の英語学習は必須ですよ。

決してお酒自体が英語力を上げてくれるわけではありませんので注意してください。
あくまでも、英語を話すためのきっかけということですね。

正直な話、お酒を飲んでいなくてもガンガン英語を使うことが出来るならば必要はないのかもしれません。

ですが、お酒の力を借りることによって普段言えない話題や、大胆な行動が出来るようになるという点では、少しお酒の力を借りるのもアリですね。

「まぁ、これは日本語でも同じかもしれませんね」

こんな感じで、少し大人向けの英会話の上達方法でした。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。