ラダーシリーズ O,Henry’s American Scenes ~オー・ヘンリー傑作短編集~

スポンサーリンク

 

多読に挑戦中!

今回多読の為にこの本を購入してみました。

オー・ヘンリー傑作短編集 O. Henry’s American Scenes (ラダーシリーズ Level 2)

 

この本には7つのストーリーが納められています。

  • The Gift of the Magi (賢者の贈り物)
  • The Last Leaf (最後の一葉、最後の木の葉)
  • The Cop and the Anthem (警察と賛美歌)
  • A Retrieved Reformation ( よみがえった改心、よみがえった良心)
  • After Twenty Years (二十年後)
  • Transients in Arcadia (桃源郷の短期滞在客)
  • The Green Door (緑の扉)

 

スポンサーリンク

ラダーシリーズとは?

<Amazonより一部引用>

やさしい英語で書かれた、多読に最適なラダーシリーズ Level 1(使用語彙 1000語)

使用する単語を限定して、やさしい英語で書き改められた、多読・速読に最適な英文リーダーです。巻末にワードリストが付属しているため、辞書なしでどこでも 読書が楽しめます。また多くのラダーシリーズに日本語による補助的な解説も含まれています(登場人物の紹介や時代背景など書籍によって解説内容が異なりま す)。

使用語彙について
レベル1: 中学校で学習する単語 約1000語
レベル2: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約300語
レベル3: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約600語
レベル4: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約1000語
レベル5: 語彙制限なし

出版社からのコメント

ラ ダーシリーズは、「はしご (ladder)」を使って一歩一歩上を目指すように、学習者の実力に合わせ、無理なくステップアップできるように開発された英文リーダーのシリーズで す。 リーディング力をつけるためには、繰り返したくさん読むこと、いわゆる「多読」がもっとも効果的な学習法であると言われています。

 

感想

実は、お恥ずかしながら今までにオー・ヘンリーの作品を読んだ事がなかったと思っていた。
でも、この中のThe Gift of  the Magi(賢者の贈り物)と言う物語は以前、何処かで読んだ事がある事に読んでいて気づきました(;´∀`)

この本は、単語レベル2の本なのですが、レベル1とそれほど変わらずスラスラ読む事が出来ました。

物語1つ1つが短編なので、時間もそんなにかからずにちょっとした空き時間などでも読み切れるのもいいです。

ラダーシリーズのレベル2は目安として、TOEIC400〜500点、英検3級程度。 使用語彙1300語とレベル分けしてあります。

ですが、分からない単語や表現が多々ありました。(現在僕のTOEICスコアは600点です)

なので、英語学習を始めたばかりの方には向かないです。
ある程度、英文を読めて、語彙が増えて来てからの方がいいと思いました。
レベル1も同じです。

こちらから確認出来ます。

 

その他、一緒に購入した本

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください