英語学習には欠かせない英文法!おすすめの文法書「6冊」をご紹介!実際に購入して使用してみた感想

スポンサーリンク
英語,文法書,おすすめ,英語学習 

英語学習するにあたって色々な勉強方法、勉強するべき事は沢山ありますよね。

「もう、ありすぎて大変・・・」っと思っている方もいるのではないでしょうか?

その中でも「英文法」は必ずと言っていいほど僕たちにつきまとってきます。

 

人によっては、「英文法なんて勉強しなくてもいい」と言う方もいます。

それとは反対に、「英語を上達させたいなら、英文法は必要だ!」と言う事も耳にします。

 

「一体どっちだよって感じですよね・・・・」

ですが、「僕は英文法を勉強した方がいいと思っている派です!!」

そもそも、ある程度の英文法の知識がないと英文をつくることができませんし、相手が何を言っているのかも理解することも難しいです。

実際の英会話では必ずしも正確な文法を使って話すかと言われれば、そうでない場合もあります。

それに、英単語をある程度知っているだけで、相手が何を言っているのか理解できてしまいますし、相手にもある程度自分の言いたいことも通じてしまいます。

ですが、それだと相手も自分も勘違いして捉えてしまうなんて事も起こります。それに、微妙なニュアンスが伝わらなかったり理解できない事もあります。

そうなると、会話にも、大げさにいえば人間関係にも影響が出る可能性もあるわけです。

英語学習を始めたばかりならば、多少は多めに見てくれる事もあるのも事実です。

ですが、本気で英語を学習して、英語を話せるようになりたいと考えているならば、いつまでたってもブロークンイングリッシュと言うわけにはいきませんよねw

もし、英語を使って海外で仕事をしたいなどと言った場合は、職種にもよりもよりますが、ある程度はしっかりとした英語で会話することを求められるはずです。

それが、ワーホリや留学などでのカフェでのバイドですらです。

そう考えると、ある程度ちゃんとした英語を話せるだけでも、様々なチャンスに恵まれるだろうと個人的には思っています。

ですので、「英文法」は、たとえ最低限でも学習しておいた方がいいと思う理由ですかね!

 

スポンサーリンク

どの文法書から始めればいいのか?

とはいえ、英語の文法書は沢山ありすぎてどれから始めていけば良いか迷いますよね?

僕も迷いました。正直言って、未だにどれが良いかなんてわかりません・・・。

それぞれの文法書によって良い所、悪い所があります。
人によって合う合わないもあるかと思います。

ですので、理想を言えば自分に合った文法書で勉強する事が一番ベストと言えますが、

たとえ、みんなが良いと言っているからとか、有名な人が良いと言っているからではなく、自分がいいと思う文法書で勉強するのが一番いいと言うことです!

 

おすすめの英語文法書「6冊」

僕が今までの英語学習で購入したもので、おすすめだと思う文法書「6冊」を紹介します。

正直言いますと、僕はここで紹介している英文法の本以外にも購入しています・・・。俗に言うコレクターとなっている感じです。

「それぐらい英語を勉強しようと努力しようとしたという事だと思っていただきたいw」

ですが、色々な英語の本を購入してみて、ほとんど使用していない本もいくつかあります。

「もったいないですよね・・・・」

なので、僕のように文法書のコレクターにならないように、何かの参考になれば幸いです。

 

「基本事項がよくわかる 中学英語 1~3年」

僕が英語学習を始めた時に一番始めに購入した英文法の本です。
手始めに中学の英文法の基礎を復習する為に購入しました。

有名な本なのかは分かりませんが、たまたま近くの本屋で見つけたので購入。

内容は本当に基礎中の基礎です。
中学3年間で習う英文法とその他少しプラスアルファです。

ボリュームのそれほどないので読むのも苦痛ではないですよ。

僕の場合、中学生以来の英語学習でしたし、何より英語についてほぼゼロっといってもいいぐらいでした。

もちろん知っている英単語や基礎の文法もありましたが、それでも一から勉強し直すと言う意味で本当の基礎から始めました。

ある程度、be動詞や動詞など事は覚えていたので、復習する意味で購入しました。

こちらの本の内容をある程度マスター出来れば、基礎中の基礎は大丈夫だと思います。僕は何度も何度も読み直して、復習してました。

少し古いって言うのがなんとも言えませんが・・・・。
しかし、英語学習を始めたばかりの時はかなりお世話になったのは事実です。

正直言いますと、上記の本がおすすめと言うよりは、とりあえず挫折しない分量の文法書から始めたほうがいいっと言う意味で、本当に簡単な文法書から始めることをおすすめするという意味です。

 

「英文法のトリセツ」—英語負け組を救う丁寧な取扱説明書 じっくり基礎編

300ページと辞書並みにボリュームがありますが、内容が優しく結構分かりやすく噛み砕いて英文法の説明がされていています。

文法書と言うよりは、まさに説明書という感じの本です。

はぐれメタルのくだりは、時々クスっと笑ってしまう事もありました。

始めの一歩として、読むにはいいですね。

上記でも言っていますが、読みやすいと言うのが何よりも大切です!

 

「総合英語Forest」

定番の英文法と言えばこれ!

初心者から中級者以上の方にもおすすめの文法書。一冊は辞書として手元にあってもいいですね!

もし、挫折しないのであれば、こちらの本で英文法の勉強をすればある程度英文法に関しては十分だと個人的には感じますね。

絵も使われていて、説明も結構分かりやすいですよ。

文法で分からない時はこの本を辞書の様に使用すると言う感じで使ってます。

個人的には、キンドル版かアプリ版があったらいいなと。流石にこの本をどこにでも持ち歩こうとは思わないですしw

アプリ版もあります

アプリならわざわざ重くて厚い文法書を持ち運ばなくてよくなりますね。

それに、外出中に電車のなかでも、どこでも勉強出来るのがとてもステキです。

しかも、値段も少し本にくらべてお手頃なのがいいですね。

僕は、下の黄色い表紙の「表現のためのロイヤル英文法」をスマホに入れています。ちょっと英文法で気になったことを調べる時に重宝していますよ!

ロイヤル英文法改訂新版
ロイヤル英文法改訂新版
¥1,600
posted with アプリーチ

まとめ

上記の文法書は僕が実際に購入してみておすすめできる「6冊」です。(実際には5冊かもw)

ですので、僕がまだ読んでいない文法書も勿論あります、もっと有名で良いと言われてる文法書もあると思います。

どの文法書が良いのかは一概には言えません。

何度も言いますが、実際に自分の目で確かめて、挫折せずに学習できそうな文法書を選ぶのが英文法を学習する上で重要です!

 

ぶっちゃけて言いますと、どの文法書でも全く問題ないです。

「どの文法書もある程度、文法に関して説明していることは同じですからw」

当たり前ですが、説明されている文法は同じですし、ただ単純に説明の仕方や学習にあたってのアプローチの方法が違うだけです。

タツキチ

結局のところ、実際に自分で読んで、理解しやすいと思うものを購入するのが一番おすすめできる文法書っと言うことになるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。