あなたの話し方は大丈夫? 英語をもっと上手に話すにはイントネーションも大切だと言うお話!

スポンサーリンク
英会話,イントネーション,アクセント,抑揚,発音 

英語を話す時イントネーションを意識して話しますか?

文法や発音などを気にする方はたくさんいるかと思います。

ですが、イントネーションについてあまり意識していないと言う方もいるのではないでしょうか?

 

「別に相手に伝わればいいからどうでもいい」と言われればそれまでなんですが・・・。

確かに、それで問題がないならいいです。

しかし、「英会話をもっと上達させたい!」「ネイティブのように話したい」と思っているならば、イントネショーンはかなり重要です。

以前の記事、「英語の発音を学習するなら「Mastering the American Accent」がオススメ!唯一購入した発音用テキスト」でも紹介していますが、単語の発音を練習するのも英会話上達には欠かせない要素です。

それに加えて、会話のイントネーションも同じぐらいに大切だと言うことを身をもって体験したことがあります。

 

そんな英会話をもっと上達させたいと言う方に向けてこの記事を書いています。

あなたの英語上達の何かヒントになれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

アクセントとイントネーションの違いは?

そもそも、アクセントとイントネーションの違って?

アクセントは日本語だと「発音」

イントネーションは日本語だと「抑揚」と言う意味です。

簡単に説明すると、

アクセントは単語単位での強弱。

イントネーションは単語単位での強弱のことだと解釈しています。

 

英会話になぜイントネーションが大事なのか?

皆さんも経験があるかと思いますが、今までに日本語のネイティブでない方が日本語を話しているのを聞いた時に、違和感を覚えたことありませんか?

はっきり言うと、おかしいと思ったのではないでしょうか?
あれは、僕たちが普段話している日本語のイントネーションと違うイントネーションで話しているからなのではないかと。

反対に、英語のネイティブでない僕たちが日本語のイントネーションのまま英語を話したらどうでしょうか?
おそらく英語ネイティブの方達からすればおかしいと感じるのではないかと思います。

 

僕の実体験

 

僕が実際に経験したことですが、英語のネイティブでない方が英語で会話をしているのを聞いていた時です。

初めは別に気にしていなかったのですが、しばらく聞いていると大げさに言うとその方の話を聞くのが嫌になってきたんです。

話の内容がつまらないとか、英語がめちゃくちゃで意味がわからないなどといった理由ではないです。

そして、初めは僕自身なぜかはわからなかったのですが、ふっとした瞬間に気がつきました。

その理由は、

「その方の話し方に抑揚が全くといっていいほどなかったんです」

 

ずっと一定のリズムで話していたんですね。
簡単に言うと、英文を棒読みしている感じです。

日本語でも英語でも、ただ棒読みしているだけの文は全くといっていいほど面白味が無いと思いませんか?

僕はそう思ったのです。

そして、その時気がつきました。
イントネーションって英会話でかなり大事だなとと言うことに。

言うならば、

たとえ、英語を上手に話せたとしても抑揚がない会話はつまらなく聞こえてしまうのではないか?」と。

 

僕が思うに、たとえ間違ったイントネーションで英会話をするとしても、棒読みの会話よりは断然マシだなと。

本当に、ただ教科書の英文を読んでいるような話し方は退屈なんだなと。
それが、上記で述べたように「話を聞くのが嫌になった」と言う理由です。

 

日本語訛りがあったとしても抑揚があれば英会話はマシになる!

別に訛りがあることはそこまで気にすることではないと個人的に思っています。

前の記事、「日本人が本当の意味で英語ネイティブになれない理由!日本人訛りがあっても恥ずかしくなんかない!」でも書きましたが、訛りがあっても全然’いいと考えています。

それに、国によってイントネーションの使い方は様々だと思いますしね。

ですが、だからと言って英文をただ棒読みしているような会話をするのとは、また別の事です。

正直言うと、中学生の時に英語が得意な生徒が英語をネイティブの方のように話しているのを聞いて僕は笑っていました。「日本人なのに外国人みたいに英語を話しているよw」って半分馬鹿にして笑っていた記憶があります・・・。

しかし、今考えると馬鹿にされるのは僕の方でしたね。

学校で習ったような英語の発音やイントネーションで英会話をするのと、下手なりでも英語ネイティブのような発音やイントネーションで英会話をするのとでは、どちらがいいと思いますか?

僕は後者ですね。

もうかなり前のことですが、現在英語学習をしていて、英語を実際に使うようになって改めてあの時笑った自分が恥ずかししくなりましたね。

 

まとめ

日本で生まれて日本で育った僕たちは英語ネイティブではないので、完璧な英語は話せないかもしれません。

ですが、相手の言葉で話す時にできるだけ相手に不快な思いをさせずに、失礼のないような会話を心がけるのは最低限のマナーの一つではないのかと。

言語の学習を始めて間もない時は、どうしても失礼な表現を使ってしまうこともあります。
それはしょうがないかもしれません。

ですが、ネイティブじゃないからしょうがないではなくて、しっかり勉強することも大切です。

それに加えて、英会話といってもあくまでも人と人との会話です。
英語の授業で教科書をただ嫌々読んでいるのとは明らかに違います。

それも頭に入れておいても損はないと僕は思っています。

僕自身もまだまだ偉そうには言えませんが、会話する相手のことを少しでも意識するだけでも英語上達に役に立つはずです。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.