実は日本人は英語が苦手なんかじゃない!? 誰もが英語は知っている筈! 苦手なのはただ単に使い慣れていないだけ!

スポンサーリンク
日本人,英語,苦手,得意

「日本人は英語が苦手」「ほとんど話せない」などと言うネガティブな意見がたくさんあります。

実際に、僕たち日本人自身ですらそう思っている節があるように感じます。

僕たちは中学から、現在は小学校から英語の学習を始めます。
僕の時代でも、最低でも6年は英語の学習をすると言うことです。

それが、現在のように小学校から英語教育が始まるとなると、さらに6年追加されて合計12年も英語を学ぶ事ができるわけです。

今になって思いますが、12年もあれば結構ペラペラになる事ができますよねw
むしろ、6年でも十分英語を使えるようになると思いますけどね。

それなのに、上記でも述べましたが「日本人は英語が苦手」「英語はほとんど話せない」などと言われてしまいますし、実際に僕たちもそのように思っています。

もちろん日本人だけに限った話ではないですが、「日本人は英語が苦手」と言うイメージは強いと感じます。

「では、いったいそれは、なぜなのか?」

皆さんも不思議に思ったことはありませんか?

今までに何度も考えてみた事がありますが、この数年間自分のペースで英語学習を続けてきて気づいた事について記事にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

なぜ日本人は英語が苦手だと思っているのか?

ここでは日系の方や、海外生まれの海外育ちの方は除きます。

僕のように、日本生まれ日本育ちの方を例に挙げて考えています。

 

「なぜ日本人は英語が苦手なのか?」の思いつく理由をいくつか挙げてみます。

  • 英語を普段使う必要がないから
  • 学校で習う英語は試験のための勉強だから
  • 日本語と英語とでは、言語としての共通性がほとんどないから
  • ただ単に使い慣れていないから
  • 相手の文化・考え方などの勉強不足

などの理由があると僕は思います。

英語を使う必要がないから

 

これは皆さんもお分かりかと思います。

仕事などにもよる場合もあるかと思いますが、普段の実生活で英語が必要な場合は、ほぼ無いと言ってもいいかと。
僕の場合はなかったです。

仕事場でも、自分の家でも、お店で買い物をするときも。

これまで英語学習をしてきて本当に実感していますが、特に第二言語として学習した言語は普段から使わないとすぐに忘れてしまします。

母国語の日本語ですらしばらく使わなければ、微妙に忘れるなんて事が起こることもあります。
第一言語でもそんな事が起こるので、第二言語ならばなおさらです。

 

試験のための勉強だから

 

僕たちは学校で英語を学習をしますが、実生活で使用するために学習するとは思っていません。

日本人,英語,苦手,得意

どちらかと言うと試験の為の勉強だと僕は思っています。
試験のために仕方なく勉強しなければいけない感があるように感じます。

それでは、英語を実際に使えるようにはならないと僕達自身が実証していますねw

 

日本語と英語とでは言語としての共通性がないから

 

これは、文法や使われている単語や発音などです。

これは英語だけに限ったことではないですが、文法も使われている単語、発音は全く違いますよね。

自分が知らない言語を聞いていると、暗号を聞いている気分になりますしねw
英語学習を始めた頃なんて本当に暗号にしか聞こえませんでしたし・・・w

ヨーロッパの国によっては英語と共通性がある言語もあります。
文法、単語自体も似ていたり、発音も似ている点があると。

それに比べて日本語はあまり類似性がないので、習得するのが大変だという点

 

ただ単に使い慣れていないから

 

「英語を使う必要がないから」と少しかぶりますが、もうただ単純に英語という言語を使い慣れていないというだけだと。

これはもう単純ですね。

日本にいても普段から英語を使う機会があるならば、状況はまた変わってくるのかもしれません。

例えば、自国では仕事が少なく、他の国に行って就職をするのが当たり前のような国だと、否が応でも母国語以外の言語を学ぶ必要があります。

もし日本がそのような状況だったならば僕達も英語を当たり前のように話せるようになっていたかもしれないと思う時があります。

 

相手の文化・考え方などの勉強不足

 

これは、僕自身も海外で数年間生活してみての経験からも言える事なのですが、

相手の「文化」「習慣」「考え方」を知らなすぎるといった事。

もちろん、相手のことを全て理解しろなんてことはまず無理ですw それは同じ日本人同士ですら無理だと僕は思っています。

当たり前ですが、日本人同士だと言語は共通ですし、文化や習慣も出身地や家庭によって多少の違いはあるかもしれませんが、基本的な部分は同じはずです。

共通認識も似た通ったかだと思います。

なので、日本人同士の場合は、言語・文化・習慣などの理解はそこまで苦労することはないはずです。

ですが、これが国が変わるとどうでしょうか?

テレビや映画などで、海外の情報は簡単に知ることが出来るとはいえ、果たしてそれが正しいのかどうなのかは実際にその国で生活してみたり、その国の人達と一緒に過ごしてみなければわからないことです。

こればかりは、自分で経験してみないとわからないことです。

 

しかし、予備知識としてでも、相手の国の「文化」「習慣」「考え方」などを持っていたらどうでしょうか?

多少でも、予備知識があるだけでも相手との会話をする際にかなり役に立つはずです。

実際に僕も数年海外で生活してみて、文化・習慣・言語・海外では当たり前のことなどを現地で直で学んできて、その今までの経験が予備知識としてあるので、実際の英会話で役に立つことがかなりありますよ。

要は、共通認識が少しでもあれば、会話をするのも比較的、難易度が下がるということです。

英語で話しをするときに、自分の知っている話題の場合はスラスラと話せるのに、全く知らない話題の場合は黙ってしまう・・・・。っという経験があるかたもいるかと思います。

それと、同じことです!

要は、相手の国の文化・習慣・考え方などを多少でも知っているだけでも英会話をする上で、会話のしやすさが変わってくるということですかね。

もちろん、日本の文化・歴史・習慣なども英語で相手に英語で伝えられるようになることも大切です!

以前の記事、「英会話をさらに上達させたいあなた! 相手のことを知る学習も大切! 文化・考え方・習慣などが学べるそんな英語教材!」でも紹介していますが、

英会話をさらに上達させたいあなた! 相手のことを知る学習も大切! 文化・考え方・習慣などが学べるそんな英語教材!

2018.03.09

英語自体の学習だけでなく、相手の国(この教材の場合はアメリカ人)の「文化」「習慣」「考え方」など一般的な常識についても学べる教材「カナンアカデミーの英会話eラーニング講座」っなんて講座もあります。

 

実は日本人はけっこう英語を知っていると思う訳!

僕は実は日本人はけっこう英語を知っていると思っています。

日本人,英語,苦手,得意

以外にたくさんの英単語や英語表現を知っていると思っています。
文法に関しては、どれだけ勉強してるかにもよりますが、英単語は意外に知っていると。

その理由として、僕達の日常生活でも英単語がたくさん使われているからです!

日常生活で英単語をそのまま日本語として使っています。
意味は違ったりする場合もありますが、和製英語もある意味英単語だと。

 

例をいくつか挙げてみると、

「コーヒー」「オレンジジュース」「ネックレス」「ベッド」「ドア」

など、

名詞はけっこう皆さん知っていると思います。

動詞などでも、

「レッツゴー」「マストアイテム」「ドライブ」「ギブアンドテイク」

など、

意外に皆さん普段から耳にすることも多い筈です。

 

音楽でも曲の歌詞の中で英語表現が使われているので、馴染みがあるかと。

例えば、

「アイ ウォンチュー」「アイ ニージュー」「アイ ラブ ユー」「壊れかけのレディオ」

など、

一度は聞いた事があるフレーズも沢山ありますね。

 

そう考えると、実は僕達は英語をけっこう知っているなと思いませんか?

 

大半の方が、基本的な英単語や表現を知っていると僕は思っています。

例えば、

「go」「give」「get」「what」 「where」「when」「look」「have」「make」「cook」

など、

挙げ出せばきりがありませんが、その数はかなりの数だと。

 

それなのになぜ日本人は英語が苦手なのか?

 

もうその理由を一言でいうと、

 

「使わないからです!」

 

もうこれに限りますw

 

もう皆さんも知っている筈です。

 

では、「なぜワーホリなどで海外にいても英語を話せるようにならないと言われるのか?」

その理由も同じで、

 

「使わないからです!」w

 

以前の記事、「あなたは本当にそれでいいの? 英語ができるようになりたいなら、英語を使う環境に行くべき!」で本当に英語を上達させたいのかについて書きました。

他の記事、「たとえ英語環境を作れたとしても、結局は自分でも勉強しなきゃダメな理由」で英語環境を作るだけで英語が上達するわけではないと言うお話もしました。

 

結局は日本語に頼ってしまうので、英語を使う頻度が少ないので上達しにくいのではないかと。

言い方を変えると、そう言う環境に身を置いているからとも言えますね。

 

本当に、日本語を使わずに英語だけで数年生活していればある程度英語は話せるようになる筈です。

今だから言える事ですが、英語上達の方法や、英語学習の環境づくりなど方法は山ほどありますし、誰でも簡単にできると思っています。

それなのに、英語ができないと言うのは、ただ単に「必要がないから」としか理由が見当たりません。

言い方を変えると、「上達させるするつもりがないから」とも言えます。

もやは誰かの陰謀とすら思えてきますw

 

まとめ

最後にまとめると、

  • 「僕達日本人は英語は苦手ではない!」
  • 「実はけっこう英語単語などを知っている!」
  • 「ただ単に使い慣れていないだけ」

っと言うことになります!

もし、「英語を本当に身につけたいとお考えのあなた」「ワーホリなどをしていてあまり英語が上達しないなと感じている方」は、時間はかかるかもしれませんが、英語が苦手などと思わずに自信を持って英語を身につけて欲しいと思っています。

タツキチ

そして、本気で勉強しましょうw

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

「ネイティブと対等に英会話ができる力をつける」
カナンアカデミー 「英会話eラーニング講座」

英会話を上達させるには、英語の勉強だけでなく相手の国の「習慣」「文化」「考え方」などを学ぶことも大切です! この講座は、「アメリカ人の一般的な常識」を学び、相手のことをさらに理解し英語の上達を目指す講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください