「Chances are 〜 」の意味はたぶん? 「chances(チャンス)」 の意味と使い方について!

スポンサーリンク
たぶん,気になる英語表現,英語学習,学習日記

おそらく殆どの方は「たぶん」という英語は何か?

っと聞かれると、「probably」や「maybe」と言った単語を思い浮かべるかと思います。

 

では、この表現はご存知ですか?

「Chances are (that 〜)」

例文をあげると、

「Chances are it’ll clear up later on.」

 

日本語でも良く聞く「チャンス」「機会」と言った名詞の複数形だって思われる方もいるかと思います。

僕は、始めにこの表現を見た時にそう思いましたw

ちなみに、僕が始めてこの表現に出会ったのが、恐らく皆さんご存知かもしれませんが、DUO(デュオ)』と言う英単語の本です。

 

スポンサーリンク

「chances are ~」の例文

では、「Chances are (that 〜)」の例文をご紹介!

例文

 

A: 「It’s foggy, isn’t it? 」(霧が濃いね)

B:「 It sure is.  But chances are it’ll clear up later on.」
(本当ね。でも、たぶんこのあとは晴れるわ)

(duoからの引用)

 

その他の例文も、

例文

「The chances are that he knows it already.」 (あの人は、おそらくすでに知っている筈だ)

「The chances are ten to one that he will fail.」(たぶん(十中八九)失敗するだろう)

「There is a good chance that he will win the game.」(彼がその試合に勝つ見込みは十分にある)

上記の英文を見て貰えばわかると思いますが、「たぶん 〜だ」という意味でも使われてます。『chances (可能性)』が複数だから、高い可能性と言ったニュアンスです。

上記でもお伝えしていますが、「たぶん」と言えば、皆さんご存知の単語「probably」や「maybe」などが浮かぶと思います。

意味はそれらと、基本的に同じです。ただ、英語で多分と言う意味の英単語はいくつかありますよね。

それぞれの単語によって、可能性の強さが違うと言う事はご存知かと思います。

例えば、

「maybe」は、大体50%ぐらいの確率。

「probably 」は、80%ぐらいの確率。

と言った様に英語の教科書や学校で習った方もいるかもしれませんね。

「僕も語学学校で教わった記憶があります」

では、上記の表現はと言うと「probably」と同じぐらいの確率が一番近いニュアンスですね。

 

まとめ

正直いうと、僕の中では余り馴染みがない表現です。

しかし、聞く人によっては、日常的に使うと言う人もいれば、あまり使わないと言う人もいるようです。

人によって使用頻度は違うと思いますが、日常生活でも使われる表現ではあるんだなぁっと一つ勉強になりました。

タツキチ

個人的には、上記の表現はあまり馴染みがないですが、「chance」という単語は普段から使う機会は多いかなと。

「もし可能ならばお願いします」とか、「もし機会があれば」みたいな表現は比較的日常会話でも使いますねぇ!

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。