「notice」「realize」 「recognize」どれも「気づく」と言う意味の単語の使い方を例文を交えてご紹介!

スポンサーリンク
notice,realize,recognize,意味,違い,使い方,英語,ブログ,学習日記

 

混同しやすいこれら3つの単語、「notice」「realize」「recognize」

どれも、「気づく」と言う意味の単語たちです。

どのシチュエーションでどの単語を使えばいいのか、混乱することがある方もいるのではないでしょうか?

今回は、混乱するこれらの3つの単語の使うシチュエーションについてお伝えしたいと思います。

まずは、それぞれの意味から復習を兼ねてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

「notice」の意味

「自動詞」

    気が付く、分かる

「他動詞」

  1. (五感の働きで)~がいる(ある)ことが分かる
  2.  気が付く
  3. ~に言及する、~について簡単に話す、~にふれる
  4.  配慮する、丁重に扱う
  5. ~を通知する

「名詞」

  1. 掲示、案内、看板通知、公示
  2. 予告、警告

など。

さらに詳しくはこちらを参照してください。
https://ejje.weblio.jp/content/notice

「realize」の意味

「他動詞」

  1. ~に気付く、~を悟る、自覚する、実感する
  2. ~を実現する
  3.  換金する

など。

さらに詳しくはこちらを参照してください。
https://ejje.weblio.jp/content/realize

「recognize (英-nise)」の意味

「他動詞」

  1.  識別する、見覚えがある、覚えている、見分けがつく
  2.  評価する、認める
  3.  発言を許可する
  4.  承認する
  5.  表彰する、褒美を与える
  6.  認める、受け入れる

など。

さらに詳しくはこちらを参照してください。
https://ejje.weblio.jp/content/realize

 

「notice」「realize」「recognize」 それぞれの違い

notice,realize,recognize,意味,違い,使い方,英語,ブログ,学習日記

 

上記でもご覧になったように、日本語のニュアンスが違うだけで、基本的な意味は「気づく」という意味です。

では、これらの単語の違いについてみていきましょう。

 

「notice」

「notice」の場合は、ただ単純に自分の五感、目・耳・鼻などで見たり、感じたりして気づく場合に使われます。

 

例えば、

親友がいつも鏡で自分の顔を確かめている場面を目撃した場合など、

I noticed my best friend always staring at the mirror.
(親友がいつも鏡じっとを見ているのに気づいた)
ふとケータイがある事が目に入った時などに、
I noticed my brother forgot his phone in his room .
(弟がケータイを部屋に忘れている事に気づいた)

「realize」

「realize」の場合は、頭で考えて「あっ!そう言えば!」と気がついた時に使います。

今現在起こっている事や情報によって気がついた時などに使われます。

 

例えば、

よくよく考えると、自分が間違っていた事に気がついた時に、

I realized I was wrong (間違いに気がついた)
出来れば気がつきたくない事実に気がづいていしまった時などに・・・
I realized I have no friends.(友達がいない事に気づいた・・・)

「recognize (nise-英)」

「recognize」の場合も、考えて気づくと言うニュアンスですが、この単語の場合は以前にある経験や見覚え・聞き覚えがあり、それによって気がついたと言うような時に使われます。

 

例えば、

久々に友達に会った時などに、

I didn’t recognize you. changed a lot!
(お前変わったなぁ〜気がつかなかったよ!!)
元カノが変わりすぎて気がつかなかった時などに、
A: Did you recognize her? (彼女に気づいた?)
B: No who is she? (いやー誰あれ?)
A: She is your ex-girl friend! (お前の元カノだよ!)

まとめ

このように同じような意味の単語でも場面によって使う単語が違います。

正直言うと、例え正確な単語を使わなくても、会話の場合恐らく相手は理解してくれる事がほとんどたど思います。

ですが、微妙にニュアンスが違うので不自然に聞こえる事はあるかもしれません。

少しややこしいかもしれませんが、しっかり使い分けできるようになりましょう!

「正直言うと、僕もたまにどれだっけ?」

なんて、混乱する時もあります。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。