pop(ポップ)の意味と使い方! いったいどんな意味? 実は日常会話でも使える単語なんです!

スポンサーリンク
pop,ポップ,意味,英単語,英語表現,日常会話,ブログ,英語学習

 

皆さん「pop(ポップ)」と言う単語を聞いて何を思い浮かべますか?

「ヒップホップ」

「Jポップ」

「ポップコーン」

など日本語でも普段の生活で良く耳にする単語ですよね。

 

そんな「pop(ポップ)」と言う単語ですが、英語ではどう言う意味なのかご存知でしょうか?

もしかしたら、棒付きのキャンディーを指す「lollipop(ロリポップ) 」と言う単語は聞いたことがある方は多いかもしれませんね。

中学校などでは習った記憶は全くない単語ですし、正直いって馴染みがない単語ですけどねw

ポップコーンなどはそのままの意味ですが、実は日常生活の中でも頻繁に使われる単語なんです。

そんな「pop(ポップ)」の意味と使い方をご紹介。

 

スポンサーリンク

pop(ポップ)の意味は?

では「pop(ポップ)」の意味をご紹介!

pop,ポップ,意味,英単語,英語表現,日常会話,ブログ,英語学習

 

辞書によると、

『自動詞』

  • (物・人が)飛び出る、飛び込む、急に動く
  • (コルクなどの物が)ポンと外れる
  • ポンと開く
  • (風船などが)パンと鳴って割れる
  • (驚いて目が)飛び出る
  • (ポップコーンが)ポンと弾ける

『他動詞』

  • 〜をポンと置く(入れる)
  • (ふたなどを)ポンと外す
  • (銃を)発砲する(撃つ)

『名詞』

  • 炭酸飲料
  • ポンと言う音
  • 凡フライ(野球の)

などの意味があります。
さらに詳しくは、こちらも参考にしてみてください。
https://ejje.weblio.jp/content/pop

 

pop(ポップ)の使い方は?

次に「pop(ポップ)」の使い方について!

pop,ポップ,意味,英単語,英語表現,日常会話,ブログ,英語学習

 

日常的に使われる使い方ですと、

例文

「I just pop them on the floor.」(じゃあ、これに床に置いとくねぇ)

「Can you pop in my room later?」(後で部屋に寄ってくれない?

などの使い方があります。

大まかなニュアンスとしては、「物などをポンと置く」「家などにちょっと寄る」や瞬間的に行う動作の時に使われます。

少し言い方を変えれば、ちょっとした行動をする時などに使われるイメージです。
どちらかと言うと、とてもカジュアルな表現です。

そのほかにも、

例文

「She popped her head around the door .」(彼女がドアからひょいっと顔を出した)

「He popped the cork on a bottle of champagne.」 (彼はシャンパンのコルクとポンと抜いた)
「My eyes popped out of her head. 」(驚きで目玉が飛び出た!)

などといった使い方もあります。
僕個人的な体験ですと、上記のような使い方にはまだ出会ったことがありませんが、

初めの例文のように、「ちょっとここに寄って」「とりあえずそこに置いといて」などといった表現は日常的に良く耳にします。

まとめ

このように、学校では習わないような単語ですが普段の生活で頻繁に使われる単語がたくさんあります。(もしかしたら習っているのかな?)

それに、学校で習ったとしても意味やニュアンスが微妙に違ったりする場合もありますよね。

そうすると、意味がわからなかったりする時も多々あります・・・。
僕も初めてこの表現を聞いた時に、頭にハテナが浮かんだ記憶があります。

こればっかりは、実際に自分でこういった表現に出会ってその意味と使い方をその都度覚えていくしかないですね。

 

ちょっと気になる英語学習の本について

気になる英語学習についての本を発見しました。

その本はというと、

EQ英会話 なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか

っという本です。

その本の紹介からの引用です。

「なぜ、どれだけ英語を学んでも話せるようにならないのか?」
なぜ、ほとんどの人はどれだけ英語を学んでも話せるようにならないのか?
なぜ、英語を話したいのに英語学習を続けることができないのか?
どれだけ英語を学んでも話せない多くの人と、短期間で英語をマスターしているごく一部の人との違いは一体何なのか?

その原因は一体何なのか気になると言う方はこちらをどうぞ。

僕も自分なりに英語学習をして英語を話せるように、しっかり活用できるようにやってきました。
このブログでも紹介していますが、それなりに時間もかかっていますし、お金もかかってると思います・・・。

それなのに、何年もかかって気がついたような事ことが書かれているって言う・・・。

例えば、「外国人を前にすると緊張する、、」「英語は難しい、、」「正しい英語じゃないとダメ、、」など。

これらは、僕も同じことを思っていました。

前の記事、「外国の人と仲良くなるのが難しいと感じるのは、英語だけが原因じゃないと思う「4つ」の理由!」でも書いていますが、それは何年も英語学習をしてきて気がついたことなんですけどねぇ〜・・・。

なんか悔しいぃ・・・・。「もっと、早く知っておきたかった・・・」なんて言いませんよ!

少し遠回りしただけですw

そんな本がこちらの本です。

現在はなんと、14日間限定で無料で本を購入できるキャンペーン中とのことです!(8月1日まで)

この機会を逃すわけにはいきませんね。(ただし送料550円は別途かかります。)

学生時代、英語は大の苦手項目。
26歳でまったく英語が話せないまま渡米し、飛行学校に入る。
その後、通訳ができるパイロットとして全日空勤務に勤務していたと言う、「本城武則」さんによって書かれた本です。
ご本人の実体験によって書かれた本ですので説得力はありますね。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。