「こっちの方がいいかな」と英語で言うには?「prefer」と「rather 」の意味と使い分け!

スポンサーリンク
prefer,rather,意味,使い方,使い分け,違い,英語表現

何か好きなものを言いたい時になんて英語で表現すればいいでしょうか?

おそらく大体の方は、「like」という単語を思いつくのではないでしょうか?

例えば、

「私は猫が好き!」と英語で言う場合は、「I like a cat!」と言えばいいですね。

では、もし「犬よりも猫が好き!」と言いたい場合はどうでしょうか?

そこで使われる表現として、今回紹介する「prefer(プレファー)」と「rather(ラーザー)」という単語で表現できるんです!

 

スポンサーリンク

「prefer」と 「 rather」の違いは?

正直いうと、個人的にこの二つの表現は紛らわしいなと思っています。

両者の単語の基本的な意味は、

どちらの単語も「〜の方が好み」というように複数選択肢がある内の片方が好みという意味で使われます。

ただし、基本的な意味ほ同じですが使い方とニュアンスが少し違います。

 

個人的にわかりやすい違いとして、

「prefer」は、動詞で、選択肢がある中で単に一般的な事実や好みを伝えたい時に使うニュアンス。

例えば,「今夜は外で食べる? それとも家で食べる?」と言う場合、「別にどっちでもいいけど、どちらかと言えばこっちかな」と言う感じのニュアンスではないかと。

「rather」は、副詞で、「ある状況で、こっちがいいかなぁ」と言いたい時に使うニュアンス。

例えば、「rather」は、上記の外食の会話の場合「外食するよりも家で食べたい!」と言うように「明確にこちがいいな」というニュアンス。

会話によって違うかもしれませんが、この場合は外食する気分でないと言うニュアンスが含まれていると言った感じではないかと。

 

「prefer」の使い方

 

例えば、

「サッカーよりも野球をする方が好き」と言いたい場合は、

「I prefer playing baseball to  football.」

または、

「I prefer to play baseball to football.」

となります。

 

ニュアンスが違う場合もある!?

上記の例文で、「I prefer to play(不定詞)  と 「I prefer playing(動名詞)」 と二つの例文がありますが、意味は同じですが、ニュアンスが違う場合があります。

その理由は、「不定詞」と「動名詞」では、「不定詞」はまだ起こっていない未来のことを、「動名詞」はすでに経験したことや現在のことなどを表すニュアンスになります。

ですので、上記のようにただ単に自分の好みを言う場合は、「I prefer playing」を使う方が違和感がないかと。

もう一つ、

「コーヒーよりも紅茶がいいかな」と言う例だと、

「I prefer tea to coffee.」

となります。

少し混乱するのが、英語の場合先に好きな方を言うという点でしょうか。

日本語だと「コーヒーよりも」と好きでない方を先に言いますが、英語では先に「紅茶が好き」と言ってしまい、その後に「コーヒー」よりもと付け足す感じですね。

「prefer」の場合だと、一般的な事実を言う時に使う感じです。 要は、自分の好みを伝える時に使います。

上記の例文の質問を例に挙げると、

「紅茶とコーヒーどっちが好き?」

「どっちかと言うと、紅茶の方が好みかな」

といった感じで、「どちらかと言えば紅茶の方かな」といったニュアンス。
自分の好みを伝えたい時などに使うイメージですね。

「今はコーヒーよりも、紅茶が飲みたい!」といった「ある状況で自分の希望を伝えたいニュアンスの場合」は、次に紹介する「would prefer 」または、「would rather 」を使います。

 

「would prefer」の使い方と意味

 

「would prefer」「would rather」は同じ意味、ニュアンスです。

意味は、上記の「prefer」と基本的には同じですが、ニュアンスが少し違うかと。

「would prefer」は、「ある状況で、私はこっちがいいな」と言う時に使ういったニュアンスがあります。

例えば、「今夜は、カレーとお寿司どっちがいい?」と言う問いかけに対して、

「今夜はカレーが食べたいかな」と伝えたい時に、今の状況で自分の希望を伝える時に使う感じです。
「would」をつけることによって、微妙にニュアンスが変わります。

 

使い方は、

「I would prefer to have Curry to Susi tonight」

といった感じです。

「would prefer」の場合は、

「would prefer」の場合は、「would prefer to do (不定詞)」が一般的に使われるそうです。

理由は、上記でもお伝えしたように「不定詞」の場合は、まだ起こっていない未来のことを伝えるニュアンスがあるからだと僕は解釈しています。

因みに「どっちがいいか?」と聞きたい場合に使う簡単な表現、

「Which would you prefer?」

または、

「Which do you prefer?」

と聞くことができます。

「rather」の使い方

 

上記の「would prefer」で少し紹介しましたが、「would rather 」を使って「こっちの方いいかな」と言いたい場合の「rather 」の使い方を紹介します。

意味とニュアンスは、「would prefer」と同じですが、使い方が少し違います。

 

上記の例文から、「今夜はお寿司よりカレーが食べたい」と言う場合、

「I would rather have Curry than Susi」

ただ単に、

「I would rather have Curry tonight」とも言えますよ。

となります。

違いがわかったでしょうか?

上記でお話したように「rather」は副詞です。

ですので、「would rather」の後ろに「to 不定詞」「~ing 動名詞」は基本、文法的には使いません。

この場合ですと、助動詞の「would」があるので動詞の原形を使います。

上記でもお伝えしたように、「would prefer」と同じ意味、ニュアンスです。

ですので、「would rather」で現在のことなど「こっちの方がいいかな」といったような自分の希望を伝える時に使える表現です。

どちらかと言うと、口語表現なので英会話では頻繁に使われます。

大抵、「I’d prefer (rather)〜」と「アイドゥ」といったように、短縮された形で使われます。

使い方を覚えておいても損はないですよ!

 

まとめ

どちらかと言うと僕自身今まで、「would prefer」をよく使っていました。

ですが、最近「ふと「would rather」の方が頻繁に日常の会話では使われるのか?」と疑問に思ったので、改めて違いを調べてみました。

僕の個人的な感覚ですと、どちらでも意味と自分の言いたいことは通じるとは思っています。
ですが、微妙にニュアンスが違うと言うことはもしかしたら相手に違和感を与えていたのかもしれないなと改めて思いました。

とは言え、僕の英語自体がネイティブの人達と比べると違和感だらけだと思うので、そこまで気にはしていないかもしれませんw

ですが、ニュアンスが違うと同じような意味の表現とは言え、人によっては捉え方が違う場合もあると思うので、細かいことですが少しは気にすることも大事だなと。

ちょっと気になる英語学習の本について

気になる英語学習についての本を発見しました。

その本はというと、

EQ英会話 なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか

っという本です。

その本の紹介からの引用です。

「なぜ、どれだけ英語を学んでも話せるようにならないのか?」
なぜ、ほとんどの人はどれだけ英語を学んでも話せるようにならないのか?
なぜ、英語を話したいのに英語学習を続けることができないのか?
どれだけ英語を学んでも話せない多くの人と、短期間で英語をマスターしているごく一部の人との違いは一体何なのか?

その原因は一体何なのか気になると言う方はこちらをどうぞ。

僕も自分なりに英語学習をして英語を話せるように、しっかり活用できるようにやってきました。
このブログでも紹介していますが、それなりに時間もかかっていますし、お金もかかってると思います・・・。

それなのに、何年もかかって気がついたような事ことが書かれているって言う・・・。

例えば、「外国人を前にすると緊張する、、」「英語は難しい、、」「正しい英語じゃないとダメ、、」など。

これらは、僕も同じことを思っていました。

前の記事、「外国の人と仲良くなるのが難しいと感じるのは、英語だけが原因じゃないと思う「4つ」の理由!」でも書いていますが、それは何年も英語学習をしてきて気がついたことなんですけどねぇ〜・・・。

なんか悔しいぃ・・・・。「もっと、早く知っておきたかった・・・」なんて言いませんよ!

少し遠回りしただけですw

そんな本がこちらの本です。

現在はなんと、14日間限定で無料で本を購入できるキャンペーン中とのことです!(8月1日まで)

この機会を逃すわけにはいきませんね。(ただし送料550円は別途かかります。)

学生時代、英語は大の苦手項目。
26歳でまったく英語が話せないまま渡米し、飛行学校に入る。
その後、通訳ができるパイロットとして全日空勤務に勤務していたと言う、「本城武則」さんによって書かれた本です。
ご本人の実体験によって書かれた本ですので説得力はありますね。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。