管理人 タツキチの英語初心者から現在に至るまでの英語学習の道のりについて。

スポンサーリンク
英語学習,今までの道のり,体験談,プロフィール

おそらく殆どの方は中学校から本格的に英語の学習を始めると多います。
現在は小学校から少しづつ英語の授業も取り入れられているようですね。

僕も例にもれず、英語にちゃんと触れたのが中学の時が初めてです。

前の記事、「実は日本人は英語が苦手なんかじゃない!? けっこう英語は知っている筈! ただ単に使い慣れていないだけだと思う理由」でも買いていますが、僕たち日本人は日頃から英語自体にはそれなり馴染みがあると僕は思っています。

もちろん、子供の頃からです。

そして、僕は今現在も英語学習を続けています。

そんな僕自身の今までの英語学習について簡単にご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

管理人の英語学習の経歴

管理人タツキチの現在に至るまでの英語学習についてお話ししたいと思います。

僕自身については、「プロフィール」をご覧になってください。
今回は、僕のこれまでの英語学習についての紹介です。

「そんなの興味ねーよ!」って方は、読み飛ばしてくださいw

 

中学生時代の英語学習に関して

 

中学時代の英語の成績はそれなりに良かったです。
それもそのはずで、英語の塾に週2日通っていましたので。

点数的には、平均点以上の点数を維持していました。

ですが、全く英語を話す事は出来ませんでした。

もしかしたら、「僕は中学の頃から英語に興味があったのか?」と思われた方もいるかもしれませんが、そこまで興味があったわけではありませんw

英語自体は好きでしたが、僕の兄弟が英語塾に通っていたこともあり、その真似をしたかったのだろうと思います。

ですので、「英語を話せるようになりたい!」「海外に行きたい!」などと言ったことは思いつきもしませんでしたね。

 

高校時代の英語学習に関して

 

高校での英語の成績は中学とはうって代わり、ギリギリ平均点に届くぐらい・・・。

高校に入ってから英語の勉強を全くしなくなりましたw
この頃は英語よりも他のことに興味がいってしまい、英語どころではなかったですw

ですので、ここで僕の英語学習は一旦終了しました。

 

社会人になり英語学習を再開します!

 

それから、23歳になるまで普段の生活で英語に触れる機会は全くありませんでした。

もちろん勉強なんてするわけがありませんw
仕事も整備士という全く英語に縁ががない仕事でしたし。

ですが、「プロフィール」にもありますが、その頃に色々と思う事があり急にオーストラリアにワーキングホリデーに行く事を決意します!

それから再び、英語の勉強を始めました。

その頃の英語力は流石に中学で勉強した事は殆ど忘れていましたし、教科書を読んでも全く分からないという状態でした・・・・。

そして、少しでもオーストラリアに行く前に英語を学習しておこうと思い、最低限基礎英語は勉強し直しました。
細かく言うと、中学の授業で習う範囲の基礎の部分ですね。

そのほかに、できる限り英単語、英語表現をひたすら暗記していました。

とはいえ、そんなに本気で英語の勉強をしていたかと言われると・・・・・って感じです。
本当に最低限の基礎だけ学び直してからオーストラリアに行きました。

 

オーストラリアで語学学校に4ヶ月通う

 

そして、自分でできる限り英語の勉強をし、殆ど英語が話せない状態でオーストラリアに行きました。
正直言うと、お店で「これください」などと言う簡単な英語自体使ったことがない状態でした。

オーストラリアに行き、4ヶ月語学学校に通います。

体験談は、こちらです。

まず、初めに言わせください! 海外で語学学校に行くのって、想像以上に楽しかったです! 日本の学校とは全然違いますし、何よりも雰囲気が楽し

 

全く話せない状態で英語を英語で勉強するというのは流石にレベルが高く心が折れかけましたw

ですが、「英語自体を聞き慣れる」「英語を話す時に感じる抵抗」などはだいぶ減りました。

その頃から英語学習が楽しくなってきます。
その反面進歩が分かりにくいので何度も心が折れそうにもなりましたけどw

その後は、合計で10ヶ月オーストラリアに滞在し、日本に帰国します。

詳しくは、「ワーホリの体験談」を参照してみてください。

その時の英語力は、間違いだらけのブロークンイングリッシュでした。

できる限り日本語を使わずに、日本人がいない所に行こうと意識して生活していました。
少しでも英語を上達させたいと本気で考えていたので。

酷いことに、自分では結構話せるようになっていると勘違いをしていた節がありましたw
それでも、約1年間海外で滞在していたことによって、外国人と英語で会話する事に抵抗はなくなり、ダメダメな英語ながら友達も出来きました。

その時はさらに英語を上手に使える様になりたいと思うようになりました。

 

日本に帰国後の英語学習

 

オーストラリアから帰国後、何処か英語を使って働ける所はないかと思い仕事を探しました。
そして、「屋久島」「長野県、白馬村」と外国人観光客が来るホテルで働くと同時に、自身で英語学習を続けました。

それぞれの仕事に関しては、下の記事を参考にしてみてください。

「日本にいても、英語を話す機会を作りたいと思っている方ご存知ですか?」 最近では、インターネットのお陰で自宅で好きな時間に英会話のレッスンが受けられるという「
*注意 こちらは白馬の写真ではありません! 前の記事、 屋久島で国際交流!? 英語を話す機会を作りたいならば、以外に屋久島もおすすめ! でも書きましたが、日本

 

試しにTOEICを受ける

 

2015年、現在の自分の英語力はどのくらいなのか客観的に知りたくなり、試しに初めてTOEICを受験してみました。

結果は、「405点・・・・。」

うぬぼれていた訳ではないですが、自分が考えていたよりも出来が悪かったのでまた心が折れかけますw
ことの時が、海外に行ったからといって英語が話せるようになるとは限らないなと改めて実感した瞬間でした。

その後も自分で勉強を続けますが、なかなかやる気が出なかったり、どういう勉強をすればいいのか悩んだ時期でした。

そこで、色々な人から人気があると話を聞いていた、マンツーマンレッスンで話題のフィリピン留学に行ってみる事にしました。

 

フィリピン留学も体験してみる

 

期間は、4ヶ月間です。

3ヶ月の間、毎日4時間、発音や会話中心の授業を受けます。
そして、最後の1ヶ月の間TOIECの勉強もしてみます。

フィリピンから帰国後、またTOEICを受験。

結果は「610点・・・・。」

取り敢えず前より点数が上がっていた事に安心する反面、目標にしていた点数よりも低かったので少し心が折れそうになりつつも、少しモチベーションが上がります。(単純)

フィリピンでの英語学習は実は結構楽しかったです。

学校の先生たちは自分より若い子が多かったのですが、それでも皆んなと仲良く慣れました。
それに、やはりマンツーマンで毎日のように英語を使える環境というのはすごく大事です。

フィリピン留学のおかげで、英会話自体は以前よりも大分マシになりました。

っというのも、もし自分が間違った表現を使った時にしっかりと先生方が間違えを指摘してくれます。
普段の会話でしたら、間違っても気がつきにくい場合もあるので、そういった点ではとてもいい環境でした。

 

そして、再びオーストラリアへ

 

2016年、再びワーホリでオーストラリアに行きました。

体験談」を読んで頂けばわかりますが、この時は語学学校には行きませんでした。

仕事をしながら、いろいろな所に行きながら、自力で英語を勉強していました。
何よりも実践経験をもっと積んでいこうと考えていたので。

この頃の英語力は、まだまだ間違えだらけの英語ですが、ある程度の事は頑張れば言えるようになってきたかなといった感じです。

フィリピンでの4ヶ月のおかげで、明らかに英語での会話はよりスムーズになったのは間違いないです。

 

そして、1年間仕事をしたり、旅行をしたりとワーホリを楽しみました。

仕事でも、普段の生活でもほとんどを英語を使っての生活でした。

不思議なことに、この頃から日本人がいない環境に行こうと特に意識しなくなりました。
結局は、自分次第だなと気がついたからです。

英語を上達させたい人、ワーホリなどで海外に滞在している人の大半が、日本語を殆ど話す事無く、毎日英語漬けの毎日を送りたいと思っているのではないでしょうか? 前の

 

だからといって、日本語だけで生活できるような環境に身をおこうとは考えていませんでしたけどねw

その頃から、自然と英語環境に身を置く事が事が次第に普通になってきました。

僕の感覚になってしましますが、とりあえず英語環境でも臆せず、ある程度英語も理解できる奴だと思えてもらえるようになってきたのではないかと思っています。

もちろん、相変わらず間違えだらけな英語ですし、英語に関していろいろな問題はあります。
それに、言いたいことも全て言える訳ではないですが、とりあえず最低ラインは超えていたのだと思います。

 

そしてワーホリでカナダへ

 

そして、2017年にワーホリでカナダに飛び立ちました。

2018年現在もカナダに滞在中です。
2回目のオーストラリアと基本的にやっている事は同じですが、日々英語を上達させようとしています。

ただ、最近は少し学習量が減ってきているのが正直なところです・・・。

カナダに来てから机に向かって勉強する事はなくなりました。
とりあえず、毎日実際に英語を使う環境に身を置いて英語には触れています。

仕事場や自分の家でもです。

普段の生活でそれほど困る事は少なくなってきてはいますが、英語でのコミュニケーションをする上での課題は山ほどあります。

例えば、

「もっと英語で深い話をするとか」「もっと英語で冗談を言えるよになるとか」ですね。

それに、完全には相手の言っていることを理解できていない事が多々あります。

正直、現状で満足なんて全くできませんが、今の所はゆっくりなペースで英語学習を続けています。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA