英語はまず日本語で理解して学習した方が早いと思う理由!

スポンサーリンク
スイッチ,トリガー,英語学習,学習日記

 

よく英語を学習するなら英語を英語で覚えた方がいい!日本語に訳さない方がいい!

などといった意見を耳にします。

たしかに、英語を英語のまま理解出来るのならばその方が効率がいいと思います。

でも、日本で何十年と過ごしていて、普段英語なんて全く使わない環境にいる人が英語学習を始めた場合、英語を英語で理解する事なんて出来る訳ないですよね(´Д`)ハァ…

僕も英語で英語の勉強をした事があります。
色々と勉強になった事もありますが、やはり英語初心者の僕にはレベルが高かったと思います。

先生の言っている事が全く分からないし、教科書に書かれている事も分からなければ勉強にならないとは思いませんか?

毎日生の英語を聞く事が出来ると言う点では、すごく勉強になるとは思いますが、それを理解するのにはとても時間が掛かります。

もし、そんな環境で何年も過ごす事ができるなら、そのやり方でも学習できるかもしれません。

しかし、日本で自分で勉強している方・ワーホリの方・短期留学をしているかたなど。
それだけの時間を作るのはとても大変だと思いますし、留学費用などもかなり掛かってしまいます。

ですので、英語学習を始めたばかりの時や、ある程度英語が使えるようになって英語で英語を理解出来るようになるまでは、日本語で理解して学習していく方が断然覚えるのも早いと思うのです。

勿論いきなり、英語環境に身を置く事もいいですがある程度は学習しておいた方がいいかもですね。後々の事を考えると(´∀`)

そして、日本語をただのトリガーとしてつかって徐々に英語のまま理解出来るようにしていけばいいんじゃないかと思います。

 

スポンサーリンク

日本語をトリガーとして使う!

英語学習を始めるにあたって、日本語のテキストを使って、日本語の訳で単語など意味を覚えていくと思います。

流石に始めから英語のテキストで学習するのはハードルが高いですからね(;´∀`)
それが出来ればその方がいいのかもしれませんが・・・

いつも英語辞書で英単語の意味を調べていて思う事があるのですが。
英語単語を日本語の意味に訳された、昔の方々は本当にすごいなと!

無限にあるんじゃないかと思える程の英単語を適切な日本語に訳している辺りが。
同じような意味の単語も・難しい専門用語も全てです。

それに、日本語と英語ではニュアンスが微妙に違う事もあると思います。
そんな英単語もそれに近いニュアンスで訳してあるんですよねぇ。

しかし、同じ英単語でも国によって、人によって、地域によっても微妙にニュアンスやイメージが違う事もあります。

流石にそこまでは辞書には載っていません。
ですので、完全に日本語での意味で英単語を覚えてしまうのは場合によっては勘違いをしています事があります。

そうならない為にも、英単語などの意味を日本語で覚えつつも完全にその意味に固定せずに柔軟に修正していかなければいけません。

ですので、始めに日本語の意味をある程度覚えていき、その日本語のでの意味を聞いたらその単語のイメージ・ニュアンスを思い描ける様にしていくほうがいいのではと思います。

僕が思うのは日本語をただのトリガーとして使うと言う事です。

どういう事かと言うと、恐らく、英単語や英文を読む時にまず日本語の意味を考えるかと思います。

日本語の意味を考えるのではなくて、日本語で意味を理解してからその単語のニュアンスをイメージしてくと言う事です。

例えば、

apple → リンゴと言う日本語の意味 → リンゴの形・色・味などをイメージする。

このように、頭の中でイメージする感じです。

知っている単語ならば、簡単に出来るかと思います。
しかし、知らない単語やイメージしにくい単語だとなかなか簡単には出来ないかもしれません。

ですが、その日本語の意味を理解できれば、イメージしやすいのではないかと思います。
英単語を覚える時に、英単語=日本語の意味だけで覚えるのではなくて、日本語の意味をトリガーとして使用しその日本語の意味をイメージ出来る様にするという使い方をする方がいいのではと思うのです。

ですので、始めは日本語の意味のベタ覚えでもいいので英単語の数を増やしていき、少しずつそのイメージ出来る様に修正していく為に日本語を使う方が最終的にいいと思うのです。

 

まとめ

英単語を覚える時も、文法を覚える時もそうですが日本語の意味だけを覚えているだけですと、たまにニュアンスの違い、意味の違いに遭遇する事があると思います。

そうなると、どうしても使い方、意味が分からなくなります。
ですので、日本語はあくまで補助といいますか、その単語のイメージを探し出すトリガーとして使用していく事で日本語の意味と英単語の意味の誤差を埋める事ができるようになるのではと思います。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。