洋書版 三匹の子豚を読んでみたらビックリ!話が違うじゃん!

スポンサーリンク
洋書,多読,英語学習,学習日記

 

毎日最低30分洋書を読む習慣をつくる為の多読!

子供の頃に読んだ事がある、三匹の子豚のお話。
誰もが1回は読んだ事があるんじゃないかなぁ?

この前たまたま、三匹の子豚の洋書版を見つけた。
何となく読んでみたくなりibooksで購入して読んでみたのだか。

あれっ??

読んでみてちょっと疑問に思う事があった。

僕の記憶の中の三匹の子豚って確か、子豚達がそれぞれ家をつくる。
長男の豚は藁で。次男の豚は木で。最後の三男はレンガで作る。
それをオオカミにレンガの家以外は吹き飛ばされてしまう。
それで、吹き飛ばされた家の子豚達は、レンガの家を作った三男の子豚の家に逃げ込む。
そして、最後にオオカミはレンガの家を吹き飛ばす事が出来ずに、子豚達は幸せにくらしましたとさ。めでたし、めでたし。

こんな感じのお話だったはず。

 

今回初めて、洋書版の三匹の子豚を読んでみて、ちょっと物語が違う事に気づいた。

違いは、洋書版だと藁の家を建てた子豚と、木の家を建てた子豚はオオカミに家を吹き飛ばされ、食べられてしまう。
最後にレンガの家を建てた子豚は、煙突から家に侵入しようとして来たオオカミを鍋に落として、食べてしまう。
そして、レンガの家を建てた子豚は幸せに暮らしましたとさ。めでたし、めでたし。

って話だった。

この違いは全く知らなかったΣ(´∀`;)

何気に残酷じゃん!

しかも、豚ってオオカミ食うのかよ!!って

確かに、子供向けのお話だから。あまり残酷な表現はよろしくないって事で少し優しい感じの内容にしてるんだろうけどね。

何気にこれって僕の中で大発見!!

もし、英語で読んでいなかったら、恐らく一生気付かなかったと思うんだよねぇ〜。
まぁこの歳になって三匹の子豚ってあまり読む機会もないと思うんだけどね(;´∀`)

でも、これって童話だけに限った事じゃないと思う。

ビジネス書でも童話でもなんでも、結局英語から日本語に翻訳される訳だから、翻訳者によって解釈の仕方で訳し方も違ってくるのかなぁ〜って。

そう考えると、ビジネス書はともかく。
もしかしたら自分で英語の原本を読んでみたら、また捉え方も変わるんじゃないかとも思うんだよなぁ。

そう考えると、英語より深く読めれば読める程、正しい情報が得られるんじゃないかなぁって思うのです。

何が言いたいかというと、翻訳されている本が間違っているとかじゃなくて、人それぞれ捉え方が違うから同じ物語でもまた違った読み方も出来るんじゃないかなぁって。

それってなんかすごく面白いなぁって(´∀`)
1つの作品を研究する人達がいるのが頷ける。

ibooksで無料で手に入れる事が出来ます。
興味がある方は読んでみてください。

 

 

スポンサーリンク

その他の記事

そのほか、洋書多読にオススメの洋書についての記事です。

英語学習の方法の一つに洋書の多読があります。 でも、英語学習を始めたばかりって洋書ってちょっとレベルが高い気がしますよね? そんな方にオススメし
英語学習をしている皆さん、洋書を多読する為に本探しに苦労していませんか? 書店などにも沢山種類があってどれを買っていいのか正直迷いますよね。 しかも、どれが
多読に挑戦中! 今回多読の為にこの本を購入してみました。 オー・ヘンリー傑作短編集 O. Henry's American Scenes (ラダーシリーズ Le
英文を読むスピードを上げる為の多読! TOEICを受験してから、自分の英文を読むスピードがかなり遅いと気づき、 もっとリーディングスピードを上げる為に、多読をしてみようと決
皆さんは本を読む時、「紙派?」それとも「電子書籍派?」 僕はどちらかといえば、「紙派」です。 やはり、あの紙を一枚づつめくって読んでいくのと、あの本の匂

 

スポンサーリンク
三匹の子豚,洋書,多読,英語学習,学習日記,英語,勉強,日記,ブログ 

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。