英語を勉強するべきじゃないかもと思う3つの理由!

スポンサーリンク
英語学習,独学,学習日記

 

英語学習をしている方で今までに、このように思った事はありませんか?

それは、英語を勉強する時間を他の何か違う事に費やすべきではないか?

です。

僕のように目指せ ” ネイティブスピーカー ” なんて言って英語の勉強をしていると正直、目指すゴールが見えてこないと思うのです(;´∀`)

通訳の仕事をする為にとか、英語圏に住む為にとか、TOEICで満点取る為とかならばゴールが明確で分かりやすい。

そう考えると、しっかりとした目標を決めるべきだと思う。
ただ英語が好きだから勉強していると言うのはダメなのかと考えると微妙な所だ。

しかし、僕は英語の勉強の事を自分への投資だと思っている。
体を鍛える為にジムに通うように、いつまでも奇麗でいる為にエステに通うのと同じだと思っている。

それならば、別に明確な目標は今の所はなくてもいいような気もしてくる。

 

スポンサーリンク

英語を勉強するべきではないと思う3つの理由!

タイトルの様に英語を勉強するべきではないと思う3つの理由をあげたいと思います。

  • 英語を習得するのに時間がかかる。
  • 英語を話せる人が沢山いる。
  • 日本で生活しているならばあまり必要がない(地域、仕事による)

上記に上げた3つは社会人になってから英語の勉強を始める場合で考えています。
学生などで、受験などに必要・仕事で必要などの場合はもちろん勉強するべきです!

 

少し掘り下げて考えてみます。

1番始めの理由は、

仕事や勉強など、なんでも何かを習得すると言う事は時間がかかります。
勿論、英語を習得するのにも時間が掛かります。

その人が求めている英語力によっても変わってくると思いますが、時間は掛かります。
長期的に継続していかなければいけないので、それに時間を費してしまってもいいのか?

英語が話せるとかっこいいから、この先英語が必要になるかもしれない、などと言った理由で勉強するといつか挫折するか、ダラダラと何年も英語が上達せずに時間だけ浪費しかねないと思うのです。

皆さんご存知のように、時間は有限です!!

そんな大切な時間を、仕事にも関係無い、生活にも関係無い事に費やしていいのか?

その時間を、家族・恋人の為、自分の大好きな趣味の為に費やした方がいいのではないでしょうか?

皆さんはどうでしょう?

2番目の理由は、

現在、日本人で英語を話せる人は沢山いると思います。

帰国子女と呼ばれる方々も沢山います。

その逆に、日本語を上手に話す外国人の方も沢山います。

何が言いたいのかと言うと、英語を話せる事がそれほど珍しくなくなってきていると言う事です。

なので、仕事やプライベートで英語が必要な時があるとしたら、その英語が話せる人にお願いすればいいのではないでしょうか?

わざわざ自分の時間とお金を使って、英語を習得する必要があるのでしょうか?

たしかに、自分で英語が話せればなにかと便利です。
しかし、それもお金をかければ英語を話せる人にお願いすればいい事です。

それに日々、翻訳の技術が進歩しています。
将来的には、その翻訳してくれる機械か何かが1つあれば英語が話せなくてもなんとかなるのではないでしょうか?

3つ目の理由は、

日本に住んでいれば英語を使う機会があまりありません。
地方に住んでいれば余計だと思います。

最近は、地方にも外国からの観光で沢山の旅行者が訪れます。
とは言え、よほど有名な観光地でなければ英語は必要ないです。

上記でも書きましたが、必要ならば英語を話せる人に力を借りればいいのではないでしょうか?

まとめ

英語を勉強しない方がいい3つの理由を上げてみました。

僕が言いたいのは、英語の勉強をする事が無駄だと言う事ではなくて、本当に自分の貴重な時間とお金を将来使うかどうかもわからない、英語学習に費やしてしまっていいのかと言う事です。

上記でもお伝えしましたが、その英語学習に費やしている時間と金を家族の為・恋人の為自分の大好きな趣味の為などに費やした方がいいのではないかと思う訳です。

勿論、英語の勉強が好きで好きでしょうがないと言う方はどんどん時間とお金を費やしてもいいと思います(´∀`)
だって、趣味なんですから、趣味にどれだけ情熱を燃やすかは自由ですし。

そんな感じで書いてみましたが、僕もこれからも英語の勉強は自分が満足するまでは続けて行くつもりでいます。

そして、仕事や生活にも活かせればと試行錯誤していくつもりです。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください