英語初心者はreallyを使いがち?表現をもっと広げる相槌方法

スポンサーリンク
英語学習,学習日記,独学

 

英語で相槌をする時にやたらと” Really “ を使っていませんか?

僕も英語学習を始めた頃、会話の中で必ずと言っていい程使っていました。
言い方を変えれば、それしか相槌方法を知らなかったと言ったほうがいいかもしれません(;´Д`)

まぁ、学習を始めたばかりの時は、使える英語表現も限られていますし、勉強した事をすぐに使うのは難しかったりします。

なので、どうしても同じ表現を使ってしまいがちです。

その中でも、” Really ” と言う単語は必ずと言っていい程使ってしまうのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

Reallyの使い方

一番簡単よく使う場面は例えば、中学校でも習う使い方。

” 本当に? ”と聞き返す場面ではないでしょうか?

例えば、

There’s something bad happen last night.
(昨日の夜、大変な事があったんだよ)
B   What happened?
(どうしたの?)
  My car was stolen.
(俺の車盗まれたんだよぉ)
B   Really??
(マジで!?)

このように、相手の言った事に対して ”それは本当なのか?” と疑問の感情を含んだニュアンスです。

今風に言うと ” マジで??” というニュアンスで使います。

この他にも” Really “は使い方は色々あります。

 

他の相槌方法

僕もそうだったのですが会話でやたらと “really ” を使ってしまいがちでした。
相手が言った事に対してすべてと言っていい程です。

そこで、もっと他の相槌の表現を使うように練習しました。
もっと自然な会話をする為に。

 

相手の言った事に対しての相槌

相手の言った事に対して、聞き返す時に使える相槌。

” そうなの?” と言うようにニュアンスの相槌。

例えば、

A   I went to Taylor Swift‘s concert last night.
(昨日の夜、テイラースイフトのコンサートに行ったんだよぉ!)
B   Oh did you?  (行ったの?) How was it?
(どうっだった?)

A   She is not coming tonight’s party.
(彼女今夜のパーティ来ないってぇ)
B   Is she? why?
(彼女来ないの? なんで?)

と言った表現です。

上記の始めの文の場合は ” 一般動詞 ”が使われている場合は ” do ”  ” does ” ” did “ + 主語 を使います。

そして、その下の英文の場合は、” be動詞” が使われているので、” is ” ” are ” ” was ” ” were “+ 主語 を使います。

その時、会話によって時制も合わせます。

 

まとめ

上記で紹介した相槌だけでも、表現がかなり広がると思います。
ただ、相手が言った事を繰り返すだけなので。

ですが、初めの内は時制を合わせるのがちょっとややこしく混乱するかもしれません(;´∀`)
少し練習と馴れが必要です。
英文法の本などにも載っていますが、実際の会話や、海外の映画・ドラマなどで実際の使い方をマネする方が個人的には分かりやすいです。

それに、英語を話す環境を作るのに悩んでいると言う方もいるかと思いますし、実際の会話の中でいきなり使う事は、なかなか難しいし、少し勇気が必要です。

そんな方には、練習もかねてweblio英会話(スカイプ英会話)DMM英会話などを利用するのもアリではないかと思います。

それか、さらに思い切ってフィリピン留学や英語圏へワーホリなどに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

最後に、ただの相槌とは言え、もっと自然な会話をするのに欠かせない表現なので、相槌なんてどうでもいいなんて思わずに、練習しておいても損はないのではないかと思います。

 

その他の相槌表現についてはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

相槌って何気に会話の中で大切だと思いませんか? 相手の話をただ無言で聞いているだけだと、話も盛り上がらないですし(;´∀`) 楽しくないですよね。
スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。