文法を覚えても英語を話せない!?そのたった1つの理由について

スポンサーリンク
英語学習,独学,文法

 

英語学習に文法は欠かせない存在です。

必ずしも必要かどうかは何とも言えませんが、僕みたいにある程度歳を重ねてからだと文法は必要だと思っています。

しかし、文法を覚えたからといって英語を話せるようにはなりません。

じゃあ、一人での中でシャドーイングやリピーティングの練習を重ねれば話せるようになるのか?

確かにそれも必要だと思っています。
でも、やはりそれだけでは話せるようにはならないと思っています。

これまで英語学習を続けて来て、思った ” 文法を覚えても英語を話せない ” たった1つの理由についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

文法の学習について

恐らく殆どの方が中学校で文法を学習したと思います。

文法を学ぶ事は、英語を話す為、英語を書く為、英語を理解する為、英語を読む為には欠かせないものです。

子供の頃から英語環境で育ってきた、いわゆる英語のネイティブスピーカーには必ず必要かと言われれば、そうでもないかもしれません。

僕たちが日本語の文法をあまり知らなくても、話したり、書いたりが出来る様に。

しかし、僕の様にある程度年を重ねてから英語の学習を改めて始めた場合、英語を使いこなすのに ” 文法 ” は欠かせない存在だと思っています。

人によっては色々な意見があります。

僕が個人的に思う文法書についてはこちらの記事、英語文法書のまとめ 英語学習を始めるに時にオススメする英文法書を参照ください。

人によっては色々な意見があります。

英語学習に文法は必要ないとか、英語学習を始めるならまずは文法からだとか。
ですが、英語学習を始める方はまず文法から学び始める方が殆どではないでしょうか?

しかし、いくら文法を勉強しても英語を話せるようにはならないと僕は思っています。

僕が英語学習を続けて来て、思ったその理由が1つあります。

 

文法を覚えても英語を話せない?!  その1つの理由!

上記でもお伝えしたように、英語学習に ” 文法 ” は大切です。

しかし、文法をだけ覚えたからと言って英語を話せるようにはならないと思います。

僕が思ったその理由は、

使うタイミングが分からないって事です!

詳しく説明します。

恐らく誰もが、” Sorry (ソーリー) ”の意味・使い方はご存知だと思います。
そして、その使うタイミングも。

この ” Sorry (ソーリー) ”と言う単語の使い方は、人に謝る時などに使う言葉です。
日本語で言う ” すみません ”と同じ意味です。

では、これはどうでしょう?
” I’m sorry (to hear it ) ” 

人に謝る時にこのように言うと思います。

実は言い方は同じでも、意味が違います。
意味は、” それは残念です ”” それはお気の毒な ” と言う意味にもなるのです!

このように、同じ言葉(文法・単語)でも使う場面・タイミングによって意味が違う事があります。

なので、沢山ある文法を覚えたとしても、それらを一体どのタイミングで、どういった場面で、どの文法を使えばいいのかを知らなければ、折角覚えた文法も役にたちません。

 

例えば、こんな経験はありませんか?

レストランで食事をしている時、オーダーをする時に頼み方がわからないって事。
お水が欲しくて、 ” Water (ウォーター)” とだけしか言えなかったとか。

それでも、注文は出来ます。

しかし、ただ ” 水!” とだけ言って注文するのって、失礼だと思いませんか?
せめて、” Please ” はつけるべきです!

上記の事は少し大げさかもしれません。
しかし、実際に見た目撃した事です。
たまたま、言い忘れただけなのか、” Please ” の使い方を知らなかったのかわ分かりません。
それでも、相手に対して失礼な印象を与えてしまっていると思います。

 

知り合いから聞いた体験談を1つ。

夫婦で旅行に海外に行った時の事です。

2人はあるブランドショップにバックを見に行ったそうです。
もともと、奥さんはバックを購入するつもりだったのですが、どれを買おうか迷っていました。

しかし、そこで奥さんは何を思ったのか店員の方に ” This one please “ と言ったらしいのです。この意味は ” これ下さい ” ですよね?
もちろん店員さんは購入すると思いますよね?

ご主人も、本当にこれでいいのか奥さんに確認しました。
すると奥さんは購入するつもりで言った訳ではなかったようなのです。

奥さんは上記の意味は知っていたようなのですが・・・。
しかし、なぜか奥さんは商品を購入するつもりがないのに、” これ下さい ” と言ってしまった。

もしかしたら、間違えて言ってしまったのか、意味を勘違いしていたのかもしれません。でも、” これ下さい ” という、英語は知っている筈なのに使い所を間違ってしまいました。

この奥さんの場合は使い所はよかったのですが、ご本人の言ったと思った事と違う事を言ってしまったという事なのですが・・・

 

何が言いたいのかと言うと、上記でもお伝えしたように、文法・英単語の意味を知っていても、使うタイミング・どの文法、単語を使えばいいのか使い所を知らないと(イメージ出来ない)、文法や単語を覚えても使いこなす事が出来ないって事です

 

では、どうすればいいのか?

じゃあ、文法・英単語を覚えても英語を話せる様にならないなら、どうすればいいのか?

それは、簡単です!

  • 想像する!
  • 人を真似してみる!
  • 実際に使ってみる!

です。

文法書にも、それぞれの文法の使い方が説明されています。
それを、自分の頭の中、普段の生活の中でイメージして覚える。

人が使っている場面を実際に見て覚えて、真似してみる。

そして、それを実際の場面で使ってみる。

これだけです!!

恐らく良く耳にするようなやり方だと思います。
しかし僕は、このやり方の他にはないんじゃないかと思っています。

辞書などで単語の意味・使い方、文法書で文法の意味・使い方の説明があっても、どのタイミングで使っていいのか微妙なときがあります。

一体、これいつ使うの??って疑問に思った事はないでしょうか?

そのような時は、実際に使われている場面を見て覚えて行くしかないと思うのです。

それに、始めの内は日本語で単語の意味を覚えるかと思います。
しかし、日本語で意味を覚えているだけですと、微妙にニュアンスが違ったり、同じような意味の単語が沢山ありすぎて分からなくなる時があります(僕はしょっちゅうです)。

ですので、最終的には使われている場面、タイミングをイメージして覚えていかないといけないと思うのです。

 

まとめ

上記でお伝えしたように、文法を覚えるだけでは英語を話せるようにはならないと思います。
だからと言って文法の学習が必要ないとは思いません。

ですので、英語を話せるようになるには、文法も勉強しながら、実際の会話を経験しながら、失敗しながら、学習していくしかないと思っています。

例えば、本を読むとか、英語のドラマを見るとか、実際に会話してみるなど、

やはり実際に ” 経験 ”してみないと身に付かないと思います。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください