「英語がペラペラになりたい?」英語がペラペラになるのは意外と簡単!英語がペラペラの真実について真剣に考えてみた

スポンサーリンク
英語ペラペラになりたい,どうやって,発音,英語学習

英語を勉強して、

「英語が話せるようになりたい!」

「ネイティブのようにペラペラになりたい!」

っと言う方は沢山いるかと思います。

っとくか、そのような話をなんども実際に聴きましたし、話したこともあります。

 

僕も以前は、上記のようなことを思っていましたし、言ってましたしw

以前に、ワーキングホリデーという制度を利用して、「オーストラリア」に2年「カナダ」に1年間滞在しました。

そして、今現在、ワーホリで海外で生活する位は、これといって不自由することなく生活することが出来るようになってきました。

もちろん、まだ英語に関して不慣れば部分はありますが、それでもそこそこの英語力はついたと自負しています。

 

それでも、まだまだ自分の中では「英語がペラペラ」に話せるようになったとは思えないのが本音です。

ですが、友人などに久々にあった時など、必ずと言っていいほど言われる嫌な質問が、

「何年も海外で生活しているんだから、もう英語はペラペラになったでしょう?」

っと言った質問。

 

正直いうと、僕はこの質問は嫌いですw

いつも心の中で「ペラペラってどの程度のことを言ってるのよ?」って思いますねw

つい先日も同じ質問をされたばかりです・・・・。

そこで、「英語がペラペラ」っというのはどの程度のことなのか? 「英語ペラペラ」について真剣に考えてみました。

そんな記事です。

 

スポンサーリンク

「英語ペラペラ」の真実とは?

英語ペラペラになりたい,どうやって,発音,英語学習

ワーホリや留学したことがある方は経験があるかと思いますが、特にワーホリの場合、

友達や知り合いなどに、

「英語話せるなら話してみてよ〜!」とか「英語話すの聞いてみた〜い」などいうことを言われることってないですか?

僕は、あるのですが、これも本当に嫌ですねw

なので、英語を話す必要がない場合は絶対に話しませんね!

 

ですが、少し前にたまたま知人の前で英語を話す機会がありました。

っと言っても、簡単な自己紹介やちょっとした雑談程度の会話です。

 

そして、その後日その知人の僕に対しての見方がだいぶ変わったようでした。

 

どういうことかというと、その知人からみると僕は「英語がペラペラ」だと見えたようなんです。

僕から言わせていただくと、只の自己紹介やちょっとした会話程度なんて、少し練習すれば出来るものだと思っています。

それは、少しでも英語を学習したことがある方からすれば同じ意見ではないでしょうか?

特にワーホリや留学経験があるからしてみれば。

 

それなのに、その知人から見ると、「僕は英語がペラペラ」に見えるらしい。

 

何が言いたいかというと、見る人によって「英語がペラペラ度合い」は変わると言うことです。

 

当たり前ですが、僕からして見ると常に英語のネイティブの人たちやスラスラと母国語のように英語を話す人たちと会話をしていると、自分の英語がペラペラだなんて思えません。

ですが、英語の勉強をしたことがない人や英語の勉強を始めたばかりの人、または英会話にあまり馴染みがない人からすれば、僕は英語がペラペラだと尊敬の眼差しを頂く事が出来るんですw

要するに、「英語がペラペラ」になるなんて、結構簡単に出来ると言う事ですw

なので、僕が思ったと言いますか、気がついたのが、

「英語がペラペラになりたい」とかってどうでもいい事じゃないかって事ですかねw

結局、基準が人それぞれなので、あやふやすぎて、本当に英語が話せるのかどうかわからないとく事ですw

極端な話ですが、文法とかかなりめちゃくちゃで、単語とかも間違っていて、実は何を言っているか訳がわからないのにも関わらず、それっぽく話すだけで英語がわからない人からすれば、「おぉ!すげー英語ペラペラじゃん!」って思えてしまうという事ですねw

 

英語がペラペラに話しているようになる方法はないのか?

それでも「英語がペラペラに話せるようになりたい!」っと思う方もいるかと思います。

もちろん、僕自身もネイティブのような発音で話せるようになりたいとは思っていますが、以前はそれが「なんかカッコイイから」っと言う理由でそうなりたいと思っていました。

ですが、最近はと言うと、「別にネイティブのような発音じゃなくても別によくね?」って思っています。

以前の記事、「日本人が本当の意味で英語ネイティブになれない理由!日本人訛りがあっても恥ずかしくなんかない!」でも書いていますが、別にネイティブのような発音で英語が出来るよになったとしても別にメリットがあまりないと思うんですよねぇ〜。

仮にネイティブのような発音で英語を話したとしても、結局それは「ネイティブ並みに英語が出来る日本人」ってことには変わりにないってことに気がつきましたw

だからと言って、僕は発音なんてどうでもいいとは言っていませんよ!

発音の練習は大事ですし、必要だと思いっています。

ただ、その理由が以前と少し変わって、「ネイティブのような発音で英語を話したい」と言う理由から「ちゃんと発音しないと相手に伝わらない時があるから」っと言う理由に変わりました。

ある程度英語を使うことに慣れてくると、必ずと言っていいほど経験するかと思います。

学校でも習う「R」と「L」の発音の違いですが、あれを普段の会話で聞き分けることは本当に難しい事があります。それに、自分ではしっかり発音しているつもりでも相手にうまく伝わらない事も頻繁にあります。

特に、英語を第2言語として話す人との会話に慣れていない人からすると、結構難しいようです。

なので、発音の練習は大切だと思っています。

英語の発音を学習するなら「Mastering the American Accent」がオススメ!唯一購入した発音用テキスト

2016.02.18

 

話は少しそれてしまいましたが、僕が考える「英語がペラペラに話しているようになる方法」は、

「ネイティブの発音をそのまま真似する事です!」

 

「そのままじゃん!!」

 

って思われた方もいるかもしれませんが、実際にやってみると結構難しいと思いますよ!

 

なんと言うか、本当に真剣になって努力して、練習しなければ、まず無理ではないかとすら思っています。

もう一つ難しいと思う理由をあげると、

10年以上カナダで生活をしていて、現地の方と結婚した方とお会いした事があるのですが、10年以上海外に住んでいて、しかも、パートナーとも英語で毎日会話しているのにも関わらず、その方の発音はネイティブ並みとは言えませんでした。

やはりどことなく日本人特有の訛りがある感じでした。

それに、その日本人訛りのある英語の発音でもパートナーの方はちゃんと理解しているので、別にネイティブと同じような発音で話さなくても何の問題はないとも言えますね。

そのぐらい、難しいと言う事が言えるのではないかと。

なので、本気で意識して、何度も何度も練習しないとなかなか身につかないと僕は思っています。

 

ですが、それでもある程度、英語ネイティブっぽい発音が身につける事ができれば、周りからは「英語がペラペラ」だと言われることは間違いないですよ。

上記でも言っていますが、仮に文法や単語の使い方が全くめちゃくちゃでもですw

その変わり、英語がわかる人からすれば直ぐにバレてしまうっと言うデメリットもありますけどねw

もし、「英語がペラペラになりたい!」っと思っているならば、試しに映画をみてシャドーイングをして好きな俳優さんや女優さんのセリフをそのまま真似してみたり、ネイティブの音声付きの教材を使用してシャドーイングをして、その音声の真似をして同じように話せるような練習をしてみてはどうでしょうか?

実を言うと、この練習と言いますか、これは僕はよくやっていますよ!

これは映画や音声だけでなくて、普段の日常生活の中でも実践している事でもあります。

普段の会話の中で、自分が気になった表現や響きがカッコイイと言う言い回しなどに出会ったら、それを覚えて何度も口に出して真似してます。そして、すぐに実際に会話で使います!

 

さいごに

さいごに一言言わせていただくと、

「英語がペラペラになったところで、別に何もないですよw」

 

ただ単に、英語が話せない人たちに対しての優越感ぐらいしか得られないのではないかと思いますねw

 

それに、自分に置き換えて考えてみてください。

英語(日本語)ネイティブからしてみれば「英語(日本語)がペラペラ」なのは当たり前のことなので、別に尊敬の眼差してみることなんて無いですよw

だって、それが普通なんですし。

単純に「よく勉強してて、すごいねー、偉いねー」っと言う感想を抱くぐらいなのではないかとすら思いますねw

なので、そこまで「英語がペラペラになる」っとくことにはこだわらずに、最低限相手と意思疎通ができる英語力を身につける努力をした方がいいと思いすよぉ〜w

タツキチ

結局は、日本語訛りがあろうと、発音がおかしかろうと、最低限相手に理解できる英語力があれば十分と言うことじゃないのかなぁっと言うお話でした。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください