英語を上達させる鍵は「ライトパーソン(right person)」完全英語環境にいても英語は上達しないこともあるという事実!

スポンサーリンク
英語,上達,環境,ライトパーソン,rightperson

英語を上達させるには、

  • 「完全に英語環境を作る」
  • 「日本語をできるだけ使わない」
  • 「英語ネイティブの友達を作る」

などといった方法が思いつきます。

このブログでも、いくつかの記事で紹介しています。

例えば、

たとえ英語環境を作れたとしても、結局は自分でも勉強しなきゃダメな理由

あなたは本当にそれでいいの? 英語ができるようになりたいなら、英語を使う環境に行くべき!

などの記事です。

正直どの方法も、絶対英語が上達するのかといえばそうではないです。

っというのも、結局は本人のやる気次第ですからね。

本気で、英語を上達させたいと思っている方ならば、なんでもやるはずです。

「完全英語環境で生活する」

「ネイティブの人達と積極的に交流する」

「留学する」

「仕事で必要だからやるしかない」

などなどやり方は沢山あります。

 

あとは、自分にあったやり方を見つけるしかありません。

上記で紹介した記事でも書いていますが、例え完全な英語環境を作れたとしても上達の度合いは人それぞれ違います。

かなり上達する人もいますし、そうでない人もいます。

その違いはなんなのか?

その鍵は 「ライトパーソン(right person)」なのではないかと!

 

スポンサーリンク

英語上達の鍵は「ライトパーソン(right person)」に出会えるかどうかにかかっている!?

じゃあ、仮に完全英語環境が作れたとしたら、絶対に英語は上達するのか?

完全な英語環境を作れて、日本語も全く使わないような生活を1年ないし、数年続ければ英語は確実に上達します!

むしろ、しない方がおかしいですw

上達がしないという場合は、もう自分のせいです。

英語を上達させようと努力してないってことですからね。

だって、完全英語環境にいたら、嫌でも英語を使わなければいけないですよね?
そうでなければ、誰ともコミュニケーションが取れませんからね・・・。

しかし、例え完全な英語環境を作れたとしても英語が上達しにくい場合もあることに気がつきました。

その要因となるのは、 身を置いている環境にいる周りの人たちです。

 

話しにくいネイティブよりも、話しやすいノンネイティブと話す

 

いくら、英語ネイティブの人達がいる環境に身を置いているとしても、会話が成立しない、または会話がないと言う状況の場合は全く英語は上達しないです。

「そんなの当たり前じゃん!」

って言われそうですが。

もう少し詳しく例を挙げて説明すると、

例えば、現在あなたはシェアハウスに住んでいるとします。

シェアメイト達は、英語ネイティブの人達です。

おそらく、このような環境に身を置けば英語が確実に上達すると思いますよね?
毎日シェアメイト達と英語で会話ができるし、英語に関して分からないこともネイティブの人に聞いたりもできるし。

「英語を上達するには、最高の環境だ!」って思ったのではないでしょうか?

僕はそう思ってました。

とりあえず、どこに行っても英語ネイティブの人達がいる環境に身を置きたいと考えていましたし、実際にそうしてきました。

ですが、最近僕は気がつきました!

大切なことは、「ライトパーソン(right person)」だと言うこと。

冒頭から「ライトパーソン(right person)」と言う言葉を使っていますが、ここで言うライトパーソン(right person)は、「気があう人」「話しやすい人」「しっかり話を聞こうとする人」と言う意味合いで使っています。

完全な英語環境を作るだけならば、英語ネイティブの人が「ライトパーソン(right person)」です。

ですが、僕が言うライトパーソン(right person)は、上記で挙げたような人です。

話しにくい、または話が合わない英語ネイティブの人よりも、話しやすく、話があうノンネイティブの人と話す方がよっぽど英語の練習にもなりますし、何よりも付き合っていて楽しいと思いませんか?

 

自分の実体験から

僕自身の実体験から気がついたことをお話しします。

現在、ワーホリでカナダに滞在しています。

そこでは、カナダ人、ベルギー人の方達とシェアをしています。

シェアメイト達との仲はそれほど悪くないです。
ですが、かなり良いと言うわけでもありませんけどね。

なので、普段からそれほど会話はあまりしません。

カナダ人の方はもちろん、ベルギー人の方も英語が達者です。
完全な英語ネイティブの環境ではないですが、それでも英語を話す環境にいることは確かです。

ですが、家にいるときは殆ど英語を使っていませんw

「もったいない!せっかく良い環境にいるのに!」って思いましたか?

そうなんですが、特に話すことがないんですw

それに、僕の性格のせいもあるかもしれませんが、自分の時間が欲しいんです。
それもあって、あまり家ではあまり話しません。

念のためこれだけは言わせてください、
決して、居心地が悪いとか、仲が悪いとかではありません。
ただ単に、そこまで親しくないだけです。

「ただ家をシェアして暮らしているだけの関係」といえばわかりやすいかもしれません。

 

英語環境だけでは不完全! やっぱり誰と付き合うかが大事!

 

そこで僕は気がつきました。

完全な英語環境を作れたとしても、その環境で時間を共有する人達によって大分変わってくると言うことに!

以前の僕の場合は、ただ単にそういった英語環境にいるだけでも英語の上達の手助けになる、勉強になると思っていました。

ただただ、ネイティブの人達が会話をしているのを聞いているだけでも勉強になると思っていました。

それもあって、ただ単に英語環境に身を置くと言うことだけを考えていました。

ですが、英語を使う環境も大事ですが、それよりも一緒に時間を過ごす人の方がさらに重要だと言うことに気がついたのです。

例えば、あたなが今僕のように、シェアハウスに住んでいるとします。

あなたはどちらの環境を選びますか?

「シェアメイト達は皆んな英語ネイティブの家」

「英語ネイティブではないが英語が達者なシェアメイトの家」

前者の方の家を選んだのではないですか?

 

僕自身もどちらか選ぶならば、前者を選んだと思います。

「だって、どうせならばネイティブの方達といた方が英語が上達するって思いますもんw」

 

英語ネイティブだからと言う理由だけで決めるのは軽率!?

 

ここで注意することは、いくら英語ネイティブの人達一緒に生活できたとしても、しっかりとコミュニケーションを取れるのかどうかによっても、状況が変わってきます。

それに、一番大事なことは、その人達は話しやすい人達なのかどうなんかという点!

特に、英語学習を始めたばかりの時は結構重要です!

結局、一緒に時間を過ごす相手と会話ができなければ、全くといって良いほど英語の練習にはなりません。

それに、学校などの先生達と違ってノンネイティブの英語に慣れていない人も中にはいます。

ネイティブ並みに英語を話せる必要はないですが、ある程度意思疎通ができる程度の英語力が必要です。

考えてみてください、もしあなたが日本語が殆ど話せない人と会話をする時に、相手が何をいっているのかもよく分からないし、相手もこっちが言っていることを理解していない場合。

それが、数時間・数日ならば我慢できます。

ですが、それが何週間・何ヶ月と続くと考えるとどうでしょうか?

その人と会話をするのが億劫になると思いませんか?
お互いが意思疎通できないんですからね・・・。

そうなってしまうと、普段の会話が減っていくのは想像できますよね?

 

まとめ

最後にまとめると、

結局は、 「たとえ片言の英語でもしっかりと話をしてくれる意思がある人を見つけること」が大事と言うことです!

 

英語を勉強しているこっちとしては、ネイティブの人達と会話をしたりすることはメリットがあります。
ですが、ネイティブの人達からしてみれば、何のメリットもないのではないかと。

全くのゼロとは言いませんが、わざわざ片言の英語を話すやつと話す必要もないのではなかということです。

それは、人によりますが大抵の場合は会話をするのがしんどいと思いますよ。
言葉がわかるネイティブ同士の方が楽に決まっています!

そう考えると、ネイティブの人達の中でもしっかりと片言の英語でも会話をしてくれるという意思がある方、またはそれを苦痛と思わない方を見つけることが大切ということです。

とはいえ、なかなかそういう人を見つけるのは大変です。
出会いは予想もできないですから。

ですが、一度そういう人と出会うことができれば、英語の上達スピードもかなり上がるはずです。

例えば、日本語を勉強している人とか、日本が好きな人とかですかね。
日本に対して良い印象を持っている人、または興味を持っている人ならば、比較的見つけやすいかもしれませんね。

そうでないと、何か共通の趣味があるとか、何かしらその人に魅力がない限りはそこまで興味を持ってもらうことは難しいです。

特に、英語学習を始めたばかりの時は!

ですので、英語環境に身を置く際に、ネイティブがいるという環境に身を置くのも良いですが、それよりも誰と一緒に時間を過ごすかを重視する方が大切です。

それは、英語ネイティブ、ノンネイティブ関係無しにです。

ノンネイティブの人でも英語がネイティブ並みな人も沢山いますしね。
そうすれば、結果的に英語も上達し、楽しくすごく事もできるはずです!

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。