リゾートバイトで英語を使う仕事をする!貯金もでるから留学資金も貯められる!

綺麗なビーチ

「リゾートバイト」とは、その言葉の通り、リゾート地でのアルバイトのことです。

都会に住んでいる人は田舎で暮らしてみたい、田舎に住んでいる人は都会で暮らしてみたいと憧れを持っている方も少なくはないと思います。

リゾート地で働いたことがる方はご存知だと思いますが、リゾート地って海外からの旅行者が本当に多い!

場所や職種にもよりますが、憧れのリゾート地で毎日のように英語を使って、貯金もできる、しかも食費・寮費も無料または格安という理想的な仕事でもあります。

特に、英語を使って仕事をしたい、留学やワーホリ資金を貯めたいという方には!

僕自身も合計で3ヶ所でリゾートバイトをしたことがあります。

その際には英語を使って仕事をしていましたし、ワーホリのための貯金もしっかりとできました!

この記事では、

  • 「リゾート地で働いてみたい!」
  • 「ワーホリや留学資金をためたい!」
  • 「海外の旅行者の方が来る場所で英語を使って働きたい!」

っという方に向けて、自身の実体験をもとにリゾートバイトについて紹介します。

スポンサーリンク

リゾートバイトで英語を使って働く場所のオススメは?

リゾートバイトといっても、日本全国各地にあるので、どの地域がいいのか、どんな仕事をすればいいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。

現在は本当にどこにでも海外からの旅行者の方がいるので、ある程度有名な場所ならば英語を使って働ける場所はあると個人的に思います。

有名な場所といえば、

  • 北海道のニセコ
  • 長野県の白馬村
  • 京都
  • 大阪
  • 沖縄
  • 広島

この辺りがやはり有名かと思います。

もちろん全ての仕事で英語を使えるわけではないので、しっかりと働く職種と場所を吟味する必要があります。

リゾートバイトのサイトで求人などを見ると「英語必須」とか「英語ができる方歓迎!」などと記載されているので、それを目安にして探すのがいいかと思います。

または、リゾートバイトサイトによっては留学を視野に入れたカウンセリングもしてくれる会社もあるので留学資金のことや英語を使って仕事をしたいといったことを相談してみるのもいいかと思います。

ただ、最終的には実際にその場所で働いてみないことには何とも言えないのでその辺りは頭の隅に留めておいた方がいいかもです。

たとえば、ホテルで働くとしても、同じ地域にあるホテルでも客層が違うことがあります。海外からのお客さんが多いのか、日本からのお客さんが多いのかなど違いがどうしてもありますので。

↓リゾートバイト の求人を確認する!↓

リゾート地で働くならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!

リゾートバイトで英語を使って働ける職種は?

リゾートバイトといっても様々な職種があります。

その中で、英語を頻繁に使う職種は、やはり接客業が一番適しているかと思います。

例えば、

  • 「ホテルのフロント」
  • 「レストランのウェイター・ウェイトレス」
  • 「バーのスタッフ」

辺りが直接お客さんと接することが多いので必然的に英語を使う機会が多くなります。

僕の経験になりますが、僕は以前にホテルのハウスキーピングの仕事をしていたことがありますが、その時はお客さんとはあまり接することはありませんでしたが、その代わりに一緒に働いていたスタッフ達がワーホリで日本に来ていた外国人だったので、毎日英語を使っていました。

なので、ハウスキーパーの仕事でも英語を使う機会に恵まれることは十分あり得ます!

一つの方法としてですが、

「英語を使って仕事をしたいけど、ちょっと英語が不安・・・」っという方は、ホテルのフロントなどではなく、ハウスキーピングの仕事などで取り敢えず働きながら、積極的にお客さんと会話をするとか、仕事以外の場所で外国人の方々と交流すれば英語を使う機会は十分に作れます!

自身のリゾートバイト体験談

僕自身のリゾートバイトの体験談を一つの例として紹介したいと思います。

僕が、今までに働いたことがある場所は、

  • 「鹿児島県の屋久島」
  • 「長野県の白馬村」
  • 「長野県の上高地」

です。

屋久島でのリゾートバイト

意外かもしれませんが、鹿児島県の屋久島には海外からの旅行者の方がたくさん訪れるんです!

僕も実際に現地に行くまでは知らなかったのですが、本当にたくさんいますよw

その時に働いていたのは、小さなユースホテルで、主にハウスキーパーの仕事をしていました。

基本的に部屋やホテル内の掃除が主な仕事でしたが、なんせ小さいホステルなのでお客さんとの距離が違いんですね。

しかも、従業員も僕とオーナー夫婦だけと言う本当に少人数だったので、英語を使わざるを得なかったとも言えますw

それに、僕がお借りしていた部屋自体もお客さんと同じ建物にあったので、嫌でもお客さんと会うので、必然的に海外からのお客さんがいれば毎日のように英語を使つと言う環境でした。

これは、本当にたまたまだったので、どこのホテルもこんな環境かと言われれば希な方だと思うので、一つの例としてお話しておきます。

↓さらに詳しい詳細は、屋久島でのリゾートバイトの体験談!↓

屋久島でリゾートバイトがおすすめ!遊んで、稼いで、南の島を満喫する!

英語を話す機会を作りたいならば、屋久島でリゾートバイトもおすすめ!

長野県の白馬村

実際に行ったことがある方はわかると思いますが、長野県の白馬村の冬は、ほぼ海外です!

それぐらい、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツで有名な場所。

北海道のニセコも有名ですが、実は白馬村もウィンタースポーツで有名なんです!

そんな白馬村でも冬にリゾートバイトを体験しました。

その時は、偶然にもオーストラリアのオーナーのホテルでの仕事でしたのでスタッフも大体がワーホリで来ていたオーストラリア人。

仕事はここでもハウスキーピングの仕事でしたが、なんせ従業員が外国人ということで嫌でも毎日英語を使う環境での仕事になりました。

それに、お客さんも勿論海外からのお客さんが殆どで、日本からのお客さんはかなり少なかったです。

この時は運がよかったと思いますが、白馬村では結構オーストラリア人オーナーのホテルもあるので、もしかすると毎日英語を使う職場が見つかるかもしれません。

とは言え、外に出れば海外からの旅行者がたくさんいるので、どこに言っても英語を使う機会はあるのは間違いないです。

↓白馬村でのリゾートバイトの詳しい詳細はこちらの記事をチェック↓

英語を毎日使う環境で働くなら「白馬」でリゾートバイトをしよう!

長野県の上高地

長野県の上高地のような山奥にある場所ですら、実は海外からの旅行客で賑わっているんです。

もちろん、東京や大阪などの大都市と比べると数は少ないかもしれませんが、それでも英語を使う機会は十分にありますよ!

僕が上高地で働いたのは、またまたホテルなのですが、この時はフロントの仕事をしました。

この時が初めてのフロント業務だったのですが、やっぱり英語は使いましたよ!

とは言え、僕が働いていたホテルは海外からのお客さんよりも、日本からのお客さんが多かったので正直にいうと英語を話す機会は多くはなかったなと思います。

上記で挙げた、白馬村と屋久島ではほぼ毎日のように英語を使っていたので、それと比べると物足りなく感じてしまったのかもしれませんが。

それでも、フロント業務だけにお客さんと直接接点があるので、英語を使う機会はあったのはもちろんです。

↓上高地でのリゾートバイト体験談の詳細はこちら↓

「上高地」でのリゾートバイト体験談!長野県の避暑地で英語を使って働けるかも!

リゾートバイトをしようと思って仕事を探したら、1日で見つかった体験談!!早すぎてウケたお話w

リゾートバイトは本当に貯金できるのか?

リゾートバイトで貯金をするにあたって、仕事の時給もそうですが、何よりも食費・移住費を抑えることが出来るので、その分を貯金に回すことが何よりもメリットだと思います。

リゾートバイトをするにあたって時給も高いほうがもちろんいいですが、リゾートバイトでの仕事の場合大体「時給1000円〜1500円」辺りが大半だと思います。

個人的な意見ですが、最低でも時給1000円時給であとは働ける時間が長い職場を選べば貯金は十分に出来ると思います。

なので、本来ならば掛かる費用、食費・移住費が安い、または無料の仕事先が見つけることが出来れば貯金は十分可能です。

月に20万円貯金できるかは仕事内容や働ける時間にも寄りますが、場合によっては可能です。ただ、そうなると毎日のように長時間仕事ばかりすることになりますが・・・。

それでも、短期間で貯金をしたいならば、それもありかもしれません。

でも、そうでない場合、せっかくのリゾート地で働いて、英語も使ってお客さんと交流したいという場合は交遊費などが掛るので貯金できる金額は少なくなりますね。

それでも、食費・移住費がなくなるだけで、場合によっては月10万円ぐらいは貯金できるのではないかと思います。

現に僕がリゾートバイトをしていた時は、月に10万円は余裕で貯金できていました。なんせ使うことがなかったので、それは貯まりますよねw

リゾートバイトの良い点・悪い点

僕が実際に複数のリゾートバイトを経験してみて個人的に思った良い点・悪い点についてまとめておきます。

良い点

まず良い点を挙げると、

  • 「様々な人との出会いがある」
  • 「お金を貯められる」
  • 「お気に入りのリゾート地で生活できる」
  • 「英語を使って仕事ができる環境がある」
  • 「寮費・食費が基本掛からない」

です。

何よりも、本当に様々な人との出会いがあり、普段の生活ではいかないようば場所(リゾート地)で働ける・遊べるという点は何よりも贅沢なことでもあると個人的には思います。

場所によっては海外からの旅行者の方々がたくさん訪れます。そんな場所で働くことによって、英語や中国語などを使う環境を手に入れることだって可能です!

リゾートバイトを留学の足がかりにしている人は結構います。

リゾートバイトでお金を貯めつつ、英語を使いつつ、そのあとに留学やワーホリに行くという方が結構な割合でいます。

その反対に、今までワーホリで海外で成果していて、日本に帰国後リゾートバイトをしているという方もいますので、ワーホリや留学についての生の情報を聞くことだって出来ます。

僕の経験では、今までリゾートバイトしてみて、大体ワーホリに行く、または行っていたという方にお会いしてますねw

悪い点

悪い点を挙げてみると、

  • 「環境や人間関係が合わないことがある」
  • 「仕事が合わないことがある」
  • 「人の入れ替わりが激しい」
  • 「福利厚生は期待できない」

っという点が挙げられます。

働くするという点では、「リゾートバイト 」も他の仕事と変わりはありません。

「当たり前ですが、仕事は仕事ですw」

なので、実際に仕事を初めてみないとその環境に合うのか合わないのかは分かりません。

例えば、ホテルなどの仕事の場合を例にあげてみると、

早朝働いて、昼はお休み、そして夜にまた働くという働き方をすることもあります。

実質の労働時間は8時間ですが、拘束時間が長かったりもすることもあるので、そういう働き方が嫌な方は初めのうちに要確認した方がいいですね。

それに、途中で仕事内容の変更になったり、ほかのポジションに回されたりという事も普通にあります。ですので、その辺りを上手く立ち回るか、はっきりと自分の意見を言えるようにしておいたほうがいいかもです。

そうでないと、実際に働き始めてから話とは違うなんてことになりかねませんので。そんなことで、せっかくのリゾート地での生活を台無しにするのは本当に勿体無いです!

他にも、短期で気軽に働けるのが「リゾートバイト 」の利点ではありますが、っということは、人の出入りがとても激しいと言うことでもあります。

早い人では数日や1週間のアルバイトとして来る方もいます。

なので、常に誰かが出て行き、常に新しい人がまた来ると言う繰り返しになるので、人によっては周りと仲良くなりにくかったりもしますね。

それに、そういう環境って慣れていないと意外と気分的に疲れてきたりします。

出会いが多い分そう言ったデメリットもあります。

最後に

これまでに、実際に「リゾートバイト」をしてみて、いつも刺激的で、様々な経験・出会いがあり本当にいい経験になったと思っています。

そして、「何よりも楽しかったのは間違いないです!」

  • 「リゾート地で働いてみたい!」
  • 「ワーホリや留学資金をためたい!」
  • 「海外の旅行者の方が来る場所で英語を使って働きたい!」

っと言う方は実際に経験してみることをオススメします!

そんな「リゾートバイト」についてのご紹介でした。

タツキチ
興味がある方は一度試してみてください!

絶対に楽しいですよ!

 

↓リゾートバイトを探すなら↓

リゾート地で働くならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!

自分に合ったリゾートバイト先を見つけるためのサイトリスト【5社】

スポンサーリンク
綺麗なビーチ

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!