日本人も知らない表現!「なから」とは? 長野県の方言の一つ!知ってると以外と便利かも!

スポンサーリンク
なから,方言,長野県,日本語

長野県、美ヶ原の展望台から撮影

皆さん、この日本語はご存知ですか?

「なから」

〜しながらの「ながら」ではないですよw

「な・・ら」です。

 

一つ例文をあげると、

「もう遅いから、”なから” のところで終わりにしろよぉ〜!」

ってな感じで使います。

 

おそらく長野県出身の方や、長野に住んだことがある方ならばご存知の方もいると思います。今の世代の方々は知っているかどうかは定かではないですが・・・。

お年寄りや、年配の方と過ごす時間が多い方は、まず知っていると言えるこの言葉

「なから」

 

これは、長野県の方言です。

もしかしたら、他の県でも使われているのかもしれませんが、僕の経験では今までにこの表現を使った時に、意味を理解してくれた方は長野県民、または長野に縁がある方以外にいませんw

なので、僕は長野県特有の方言だと今でも思っています。

そんな、「なから」と言う日本語表現ですが、これがまた便利な言葉なんです。

簡単に説明すると、「曖昧」な表現ですw

一度使い方を覚えると、ついつい使ってしまう表現だと僕は勝手に思っています。

そんな長野県の方言「なから」についての記事です。

 

スポンサーリンク

長野県の方言「なから」の意味

では、「なから」の意味をまず紹介したいと思います。

なから,方言,長野県,日本語

長野県 美ヶ原の展望台から見える雲海

その意味は、

  • 「ある程度」
  • 「適当に」
  • 「キリがいい所で」
  • 「大体」
  • 「程良く」

といった意味があります。

 

念のため先に言っておきますが、上記の意味は実際に「なから」という単語を辞書などで調べたわけではありません。

今まで僕の人生の中でこの表現を使ってきての実体験から僕が勝手に解釈した意味ですので、人によっては違うニュアンスで捉えてる場合もあります。

僕が個人的に思うに、この「なから」と言う言葉は使う状況によって微妙に意味合いが変わると思っています。

と言いますか、僕は状況によって違うニュアンスで使っていました。正直言うと、相手がどのように解釈していたかはわかりませんけどねw

なんと言いますか、そんな曖昧な表現でも相手に伝わるような言葉なんですねw

補足

「なから・意味・方言」でネットで検索すると、「群馬県の方言」とか「埼玉県の方言」はたまは「甲州弁(山梨県の方言)」 などと言う結果が出てますね。

これは、僕も知りませんでした。

群馬の方言での意味は、「ほとんど」となっていますが、長野県の方言としても同じです。でも、以前に群馬県出身の人と話していた時に、「何それ?」って言われたことがありますけどねw

 

長野県での方言「なから」の使い方

では、次にその使い方について。

なから,方言,長野県,日本語

長野といえば「善光寺!」

冒頭の文を含めて、いくつか例文を挙げると、

『仕事先での会話』

先輩

仕事の進み具合はどんな感じだい?

タツキチ

そうっすねぇ、”なから”っすねぇ!(ある程度できてます。または、ぼちぼちですね。)

 

その他には、

先輩

「もう遅いから ”なから” のところで終わりにしろよぉ〜!」(キリがいい所。ある程度の所で。)

タツキチ

うぃ〜っす! ちょうど ”なから” の所なんで、これでやめま〜す!(キリがいい所。ある程度)

 

もう一つ、

先輩2

社長が、この書類整理していてだってよぉ〜

タツキチ

うぃ〜、了解っす! ”なから” でやっときますわぁ〜。(適当に。ある程度に。)

 

『普段の会話でも』

ナンシー

ねぇねぇ、明日行く映画館の場所わかる?

タツキチ

大丈夫、”なから” 場所はわかってるから!(大体。ある程度は。)

と言った使い方をします。

 

まとめ

こんな感じで、日本人でも知らない表現「なから」について紹介しました。

「どうでしょうか? 明日から使いたくなりましたか?笑」

 

意味をまとめると、

「ある程度」「適当に」「キリがいい所で」「大体」「程良く」っと言った意味です。

上記でもお伝えしていますが、少し曖昧な表現です。

それに、状況によってニュアンスが微妙に変わります。

 

完璧とはいえないが、全くゼロではない。全体を100としたら、大体40〜80ぐらいと言ったニュアンスだと僕は解釈していますw

英語で言う「maybe」ぐらいの感じではないかとw

 

正直なところ、この表現がどの程度の人に認知されているのかは定かではないですが、長野県出身の人でも知らない人はいることは確かですw

そう考えると、意外と古い方言なのかもしれません。長野県の方言は僕もほとんど理解できませんw

僕は子供の頃から祖母、祖父と一緒に暮らしていたので方言とは意識せずに使っていました。これが方言だと知ったのは中学ぐらいの時ですね。

ちなみに、そのほかの方言で、未だに覚えているのが、

「ナウい」「しばれる」「〜するしない?」「それ無理じゃない?」です。

果たして長野県の方言なのかはわかりませんが、今までに通じなかった事がある表現たちですねw

 

タツキチ

そんな感じで ”なから” になったのでこの辺で終わりにしますw

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。