これからの人生の構想についてのいろいろ! こんな時代だからこそ、前進あるのみ!とにかく前に進む!

スポンサーリンク
ただのつぶやき,人生の構想,設計図

以前の記事「帰りたいんだけど、帰りたくないという矛盾・・・。その裏にはなにがあるのか仮説を立ててみた!」で、たまには「ただの、つぶやき記事」を書きたいと思い、現在の僕の考えや状況を記事しにしました。

帰りたいんだけど、帰りたくないという矛盾・・・。その裏にはなにがあるのか仮説を立ててみた!

2018.03.11

 

そんでもって、また「ただのつぶやき記事」を書こうとしていますw

っというのも、僕が以前オーストラリアにワーホリで訪れた時に大変お世話になった、エージェントAPLaCの田村さんの書かれた「エッセイ」を読んで、少し思うことがあったので懲りずに「ただのつぶやき記事」を書いています。

それに、たまには僕自身の現状やただのつぶやき的な事を記事にするのもいいかなと。

ちょっとした、遊び心という事ですねw

果たしてこれが、楽しいかどうかは別として、僕が楽しいから良しとします。

 

ちなみにそのエッセイはこちらです。

APLaCリストラ&布石考 ~The more flexible, the more stable ~介護とか、ノマドとか、シェアリングとか、世に出すとか

オーストラリアのシドニーにワーホリに行く方は必読!留学エージェントについて。エージェントに頼る? 自力で行く?

2018.01.02

 

スポンサーリンク

これから先の構想についてのいろいろ

個人的に、いつもAPLaC田村さんの書かれるエッセイにはいろいろと考えさせられます。

なんというか・・・いろいろとw

そんな感じで、今回もまたもや「いろいろと」考えさせられたわけですが、実は自分のこれからの構想(予定)についてはブログで書くつもりは全くなかった。

それに、誰かに詳しく話すつもりもなかったのが本音。

「じゃあ、別に話さなくてもいいよ!って?」

そんなこと言わずに聞いてもらいたいw

なんというか、もともと影でコソコソと何かをやるのが好きな性格でして、基本的に自分の計画はかなり大雑把にしか公表しない。(常に計画は変わることが多いからw)

仮に説明しても、あやふやな言い方を普段はしますw

なぜかというと、「その方が、その事実を知った時に驚くでしょ?」

っといったくだらないサプライズ的な考えがあるからですw

簡単にいうと「なんでもいいからビックリさせたいんです!」

 

どうです? 「子供みたいでしょう?」

 

そんな感じで、今回もコソコソと一人でニヤニヤしながら色々と構想を練っていました。

ですが、上記でも言ったようにAPLaC田村さんのエッセイを読んで、ちょっと色々と考えた末、せっかく自分のブログがあるんだから、記事にしてしまってもいいのではないかと思ったんです。

それに、当たり前ですが自分の中でしまっているだけでは誰にも伝わることはないです。なので、もっと口に出す(表に出す)ことにしました。

かなり、個人的なことなどはあまり語りませんが、別に現時点での考えや、予定を言うぐらいは別になんの支障もないなという結論に達しました。

そもそも、別に隠すことでもないですしねw

しかも、いつもこのブログで自分の考えていることを記事にしていますしw

それに、この記事を読んでくれる人がもしれば、たぶん僕のことを知っている人だけだと思うので、別にいいかなと。

 

とりあえずカナダではどうするか?

上記の記事「帰りたいんだけど、帰りたくないという矛盾・・・。その裏にはなにがあるのか仮説を立ててみた!」で現状について書いていますが、

現在(2018年)僕は「ワーキングホリデー制度」を利用して「カナダ」に滞在中です。

ただのつぶやき,人生の構想,設計図

そんなわけで、詳しくは上記の記事を読んでいただければ、なんとなくは現状を把握できるかと。(興味があればね)

そして、「決めました!」

とりあえず、あと2ヶ月間、軍資金(ただの貯金)をするために、現在の職場で働く。

そして、その後カナダを出ます!細かく言うと、5月には出ます。ビザは6月までありますが、出ます!

カナダを出る前に、何人か会いたい人がいるのでその方達に会ったら、出ます!

元々はビザが切れる1ヶ月前に仕事を辞めて、カナダを1ヶ月ぐらい旅行しようと考えていましたが、その気にならない限りは旅行はしませんw

カナダを出ます!笑

もし、またカナダに来たいと思ったら、もう一回旅行で来ればいいかなと。

 

南米を旅行します

ってな訳で、カナダのワーホリの後に予定していた、南米旅行に行きます!

まぁ、目的は誰もが憧れるであろう「マチュピチュ」と「ウユニ塩湖」に行きたいから。

最低でもその二箇所には行きたい!

そのほかの魅力的な場所にも行きたいのは山々ですが、時間とお金が許す限りと言った感じかな。

予定は、2週間から1ヶ月。

最長でも1ヶ月間まで。理由は、その後に予定があるから。

 

その次は、アイルランドとニュージーランドへワーホリに行く

南米旅行の後は、一旦日本に帰国し、次の目的のための準備期間を設けます。

次の目的は、「アイルランド」と「ニュージーランド」へのワーホリです。

出来るならば、どちらの国にも行きたいので、今のところ両方のワーホリビザを申請する予定。

上手いこと予定通りに両方の国のビザが取れれば、まずはアイルランドに行く!

理由は、「ヨーロッパにも行ってみたいから!」

 

でもって、アイルランドには最低でも6ヶ月、または、ニュージーランドのワーホリビザの予備期間が切れる前まで滞在を考えています。

そして、その後はニュージーランドへ!

詳しい予定はまだ未定。大雑把にこんな感じ!

 

これからの仕事について

これからの仕事について今に始まったことではないですが、ずっと考えている。

ただのつぶやき,人生の構想,設計図

今現在は、ワーホリでいける国に行って現地で働いて生活費と貯金をしている状態。

でも、僕も30歳になったと言うことで、もうワーホリというかなり便利な手段がもう使えなくなる。

別に、海外に滞在することが出来なくなるわけではないので、この先も海外生活は出来る。でも、一番厄介なのがその国にで働けないという点!

肝心のメインの収入源がなくなるという所がネックである!

 

そうなると、このまま海外に滞在するには、働けるビザまたは、何かしらの収入源が必要。
それもあって、出来ればどこかの国で永住権を取得したいと考えてる。

でも、今回カナダに滞在してみて思ったのが、

「永住権を取得してどうするのか?」

初めは、カナダの永住権を狙っていこうと思っていたのだが、今は別に欲しいと思わなくなった・・・・。

「いや、本音は欲しいんだけどねw」

ただ、カナダの永住権を取るために、今現在それに時間を使いたくないと言うのもまた本音。たとえ上手く行ったとしても1年〜数年の時間はかかるだろうと予測できる。

今から、1年〜数年の間「我慢をして」カナダの永住権のために時間を使うべきか?

僕の答えは、「NO」

正直言うと、カナダの永住権を取得した後のことを想像しても、何も思いつかない・・・・。

それならば、ワーホリが使える内に、他の行きたい国に行ってみたいと考えた。

そうなると、後1年から最長約2年は仕事に関してはなんとかなるだろう。(ちゃんと仕事が見つかればねw)

 

問題は、その後!

 

僕の最後のチャンスのワーホリの後の仕事についてが問題になってくる。

選択肢としては、

  • 「日本に帰って働く」
  • 「どこかの国でビザを取得する」
  • 「その他の方法で仕事(収入)を得る」

っと言う選択肢が僕の中である。

 

「日本に帰って働く」

 

この際だからはっきり言うと、今はまだ日本で働く気はない。

ここで言う「日本で働く」は、日本でどこかの会社に就職すると言う意味。

自分自身で何かをやる場合は別と考える。

 

「どこかの国でビザを取得する」

 

これが、今の所一番僕の中での有効な選択肢。

もし、どこかの国にしばらく腰を落ち着けたいと思えるならば、今回のように迷うことはない。

意地でもそのチャンスともぎ取るつもりでいる!

ただ、その気になるかわからないと言う不確定要素がなんとも言えないw

 

「その他の方法で仕事(収入)を得る」

 

これは、上記の選択肢と並行して色々と試行錯誤するつもり。

このブログもその一つと言えるかな。

出来れば、場所を選ばずに出来る仕事がいい!

 

現時点でいくつかアイデアがある。

以前の記事、「子供の頃に作文が苦手だったのに、大人になって文章を書くことの楽しさに気付いたお話」でも書きましたが、最近「文章を楽しさ」に気がついた!

そして、僕はただ単純にパソコンで文字を打っているだけでも楽しめる人間だと言う事にも気がついたんですw

 

そう考えた結果、「パソコンで文章を書く仕事」も悪くないなと。

 

前の記事「海外にいながらお金を稼ぐ!クラウドソーシング初心者がライターの仕事を初めてみる!」でも紹介していますが、ブログなどの記事を書く仕事をクラウドソーシングを利用して、試してみたものの、

「正直、どうもしっくりこない」

なので、これについては違う形で「文章を書くライター的な仕事」を出来ないか模索中。

 

そして、もう一つが、「英語の翻訳の仕事」

これは、けっこう前々から考えていた。

っと言うか、ただ単純に興味がある!

 

現時点で仕事として出来るぐらいの英語力、日本語力があるのかは定かではないが、もし機会があるならばすぐにでもやってみたいと考えてる。

それか、本気で翻訳の仕事をしようと覚悟したら、腰を落ち着けて勉強したいと考えてる。

まずは英語力の底上げが必要だから英語の勉強がまず先かなと。元々、どこかのタイミングで腰を据えて英語を勉強しようと考えていたからちょうどいいw

そうなると、どこかの国で英語の勉強をするために行くことになる。

そんでもって、同時にあわよくば他のチャンスを見つけるw

スポンサーとか、永住権とか、その他いろいろ。

 

とは言え、それに固着するつもりは全くなし!

翻訳もライターの仕事も選択肢の一つ。他に、何かあればそれを選択する。

かなりアバウトな言い方をすると、

「誰かと、ワクワクする何かを、やりたい」と考えていますw

 

とは言え、まずは何かしら、一つの本業的な、あくまでもメインの収入源を確保することが優先かなと言った感じ。

 

それに、ふと考えるとパソコンを使ってカタカタする仕事ならば、何でも楽しいのではないかと最近思い始めたw

「要は、パソコンを使って何かをしているのが楽しいw」

そう考えると、ライターでも、翻訳でも、プラグラマーでも何でもいいのかもしれないなと。

 

どうも最近、一つのことにこだわる事がなくなってきたのかもしれないと感じる。

なんというか・・・

上記のように「翻訳家」「ライター」「プログラマー」みたいに何か一つの職業にこだわりが無くなってきた。

もちろん、一つの事に集中してその分野の仕事を極める的なことは僕は好きな方! もともと整備士として、そうしたいと考えていた時もある。

でも、どうしても「ライターの仕事をしたいから、ライターを目指す」とか「翻訳の仕事をしたいから、翻訳家になる」とかって言うのが、どうもしっくりこない。

って言うのも、僕自身は「何かパソコンを使う仕事がしたい」と考えているからかもしれない。

別にライターになりたいわけでも、翻訳家になりたいわけでもない。

「興味はあるるし、やってみたら考えが変わるかもしれないけどねw」

このブログでも何度も書いていますが、

要は、「自分らしく、楽しくこの先生きていくにはどうすればいいか?」が僕の中でのメインの考えであって、何の職業についたいとか、何かになりたいとかは、「自分らしく楽しく生きるため」のおまけなのかもしれないなと言うこと。

 

それに、この先、年をとっていくにつれて、もし自分の体が今のように動かなくなったとしても、最悪ネットとパソコンがあれば仕事はできるのではないかと考えての事。

「もちろん、そんなつもりは全くないけどねw」

それに、どこかの会社に勤めるにしろ、バイトするにしろ、結局その場合はその場所に止まらなければいけなくなる。

一時的ならばそれでも別に構わない。今現在がそんな感じだし。

それでも、いつ何時でも、自分のタイミングで動けるように、出来るだけフットワークを軽くしておきたいと思うのが本音。

例えば、

家族や友達などに何か起きた時にすぐにいつでも、どこにいても日本に帰れるようにしておきたい。

 

それもあって、最低でも何か一つパソコン一つあれば出来る仕事を持とうと試行錯誤中というわけ!

または、他の何か!

 

っというか最終的には、自分自身(または自分達で)で会社に雇われずに、同じ場所に止まらずに最低限生活費ぐらいはそれだけでも賄えるぐらいになるのが今のところの目標ということで!

念のために、別に会社に雇われるのが嫌とかじゃないですよ!

その方が、自由がきくし、自分である程度なんでも管理ができるし、何よりそっちの方が「楽しい」だろうと思うからというところに行き着くわけです。

 

まとめ

こんな感じで、今現在(2018年)の僕のこれからの構想について書いてみたんですが、

書いてて感じたのだが、結局、まだ何一つ具体的な構想が出来ていないような気がするのだが・・・w

なんというか、全体的にあやふやすぎる気がする・・・・w

 

もちろん、先のことなんてわからない、

状況もいろいろ変わるし、考えも変わるだろうと思う。

 

でも、僕の基本的な部分「楽しく、自分らしく」は出来れば変えたくはないなと。

いわばそれは、設計図の中核なる部分であると感じるから!

どこまで自分を貫き通せるかは、正直わからない。まぁ、でもとりあえずやってみようと思う!

だって「楽しそうじゃん?」

なので、出来る限りどんなことにも対応できるぐらい柔軟で気持ち的にも物理的にも身軽にしておきたいなと。

 

タツキチ

なんてことを、いろいろと考えているわけですw

もはや、構想というよりは妄想ですけどねw

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

1 個のコメント

  • 僕の記事にインスパイアしてもらってうれしいです~

    僕なりに思うに、仕事と生き方は可能な限り分離した方がいいと思います。少なくとも既成の仕事から考えていくと、その枠にはまってしまって、自分が何したいのか見えなくなるし。それが恐いよね。
    逆に、なりゆきでやった仕事に物凄いやりがい感じたり、逆に「これでいいのか!」とすごい疑問を感じて、自分でその逆のことをやりたくなったりするのはいいです。
    何が違うかって、形から入るか、中身から発するかの差です。

    自分のやりたいことを仕事にするなら、まだこの世に無いような、仕事の名前が存在しないようなものがいいです。てか仕事なんだか遊びなんだかわからんような感じになるんじゃないかな。

    金そのものは、バイトでもなんでも入ってくるよ。単純に生活費が欲しいだけだったら、それでいいです。

    今度ブログでしょうかいするけどエリコさんて人がいて、ワーホリから帰って、なにしよーかなーと思ってたら、いきなり生保レディーにならんか?と友達に誘われて、ま、暇だしでやったらこれが面白くて、勉強になって。
    で、そこだかどこだかで知り合った人が今度旅行会社立ち上げるから一緒にやらないかって言われて、それでやることになったと。

    仕事なんか大体こんなパターンで決まるんだよねー。
    ただ、そこで誘ってくれる人がいい人、ちゃんとした人、夢を持ってる人かどうかってのが致命的に大事。
    じゃあどうしたらそういう人と交友できるのかといえば、結局、いつも自分が自分らしく楽しくやってるしかないんだよね。そういうときって自分のいい面が出てるし、なにげに輝いてるし、そういう場で知り合う人は、いい人が多い。

    だもんで、死なないように気をつけながら(餓死しない程度に)、自分らしくやってたらいいんだと思います。そのうち嫌でもなんかに出会うし。

    南米いいよね。写真見せてね~

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください