帰りたいんだけど、帰りたくないという矛盾・・・。その裏にはなにがあるのか仮説を立ててみた!

スポンサーリンク
日本に帰りたい,日本に帰りたくない,矛盾,つぶやき

「あぁ〜、なんか帰りたいなぁ〜・・・」

 

どーも! 現在(2018年)ワーキングホリデー制度を利用して「カナダ」に滞在中のタツキチです。

 

「冒頭から、いきなりなんのこっちゃ?」って感じですよね?

 

いやー、なんというか「ここ最近日本に帰りたいなぁ〜」って思ったりするんですよw

 

「それなら帰ればばいいじゃん?」って思いますよねw

 

でも、「帰りたくもないんですよ・・・」

 

「どっちだよ!」ってw

 

あっ、この記事は本当に僕の日記といいますか、「ただのつぶやき」です。 ただの独り言とも言えます。

 

なので、オチも何もないです。

誰かの役に立てるような記事でもないかもですねw

今回はそんな記事です。

 

今の現状を、自分頭を整理する意味を兼ねて書いています。

それに、たまにはただのつぶやきを書いてもいいのではないかとw だってこれ僕のブログですしw

ですので、「そんなの興味ねーわ!」って方は、何も言わずにこの画面を閉じてくださいw

 

そんな感じの記事です。よろしく!

 

スポンサーリンク

帰りたいんだけど、帰りたくない・・・。その裏にある本音とは?

現在(2018年)カナダに滞在して、約9ヶ月が経ちます。

最近、「日本に帰りたいなぁ〜」って思うんです。

その反面、「帰りたくないなぁ〜」とも思うのも事実。

 

以前に、「一人の時間を楽しみまくっている時に、ふっと言われた「ある一言」に考えさせられたお話。」の記事でも書いていますが、なんだかんだ言ってカナダの生活を満喫しています。

それなのに、「帰りたい」って思うのはなぜか?

「自分でも謎w」

 

そんなことを考えていて、自分の中でいくつかの仮説を立てました。

その仮説とは、

  1. 「日本が恋しいから」
  2. 「カナダが嫌になったから」
  3. 「カナダの生活に満足したから」
  4. 「他にやりたいことがあるから」

こんな感じ。

 

 

仮説1「日本が恋しいから」

 

確かに少し日本が恋しい・・・。

っとは言え、日本を離れてから9ヶ月しか経っていない。

何年も、何十年も日本を離れている訳ではない。

それに、今までそんなこと思ったことなかった。

補足

補足

以前(2012年と2017年)に、オーストラリアにもワーホリしていました。

 

だから、自分でも少しびっくりしてる!

本音を言うと、日本自体が恋しいと言うか、日本の雰囲気が恋しいと言う感じ。

日本食でもなければ、日本の便利さでもない。

その辺は、正直そこまで重要ではないっぽいw

 

一つ確信してることがあります。

それは、

「日本に帰っても、またすぐに何処かに出たくなると言うこと!」

これは、間違いない!

だから、少しの間、例えば数週間または、数ヶ月の間、日本の雰囲気を味わえればそれで満足するだろうと思う。

なので、正確に言えば、日本が恋しいっというよりも、久々に家族に会いに、地元の様子を見たいなと言った感じかなと。

決して、「もう、海外やだ〜! 日本に帰りたい!! 日本に住みたい!!」っという感じではないという事。

 

仮説2「カナダが嫌になったから」

 

考え方を変えると、「日本に帰りたい」=「カナダを出たい」とも考えられるのではないかと。

上記のように「日本が恋しい」という理由も多少はあると思う。

でも、「帰りたくない」という感情もある。

っと言うことは、「海外には滞在していたいと思っている」でも、「現時点で、日本に帰りたいとも思っている」=「カナダを出たいと思っている」のではないのかと。

「カナダを出たい」と思う理由を考えてみると、

一つは、「カナダが嫌になった」

二つ目は、「カナダの生活に満足した」

三つ目は、「もしかして、カナダは俺には合わないのではないか」

の三つが思いついた。

 

一つ目の「カナダが嫌になったから」について考えてみる。

「別にどっちでもない!」っと言うのが本音w

どう言うことかというと、

「もっとカナダにいたい、カナダ大好き!」って訳でもないし、「カナダなんて嫌い、一刻も早くこの国を出たい」っと言う訳でもないと言うこと。

今すぐにカナダを出てもいいし、出なくでもいいっと言う中途半端な感じ・・・。

 

 

なんと言うか、今回のカナダのワーホリ生活って、いい意味で言えば「落ち着いてる感じ」

悪く言えば、「地味」

 

別に、何か刺激的なものを求めてる訳ではないのだけど、それでもはっきり言って「地味」

違う言い方があるとすれば、「楽(ラク)をしている感じが否めない・・・」

 

以前に、「「楽をすること」と「楽しむ」ことについての考察。 僕は「楽をして楽しむ為」に、楽じゃない選択もする!」の記事で「楽しむためには、楽をしない」っと言うようなことを書きました。

「楽をすること」と「楽しむ」ことについての考察。 僕は「楽をして楽しむ為」に、楽じゃない選択もする!

2018.03.02

しかし、僕はこのカナダの生活ではかなり「楽」をしている感覚になっています。

 

正直言うと、特にこれと言って積極的に行動した記憶がないw

大雑把に言うと、とりあえず「仕事を探して、仕事をして、家を探して、貯金をしているだけ」みたいな感じ。

 

ただ、それでも海外に滞在しているだけでも楽しいと感じるから、それでもいいと思っているのも事実。

ぶっちゃけ、他のこと(仕事、家探し、貯金など)はおまけみたいな感じになっている。

しかも、悪いことに仕事探しなど、その他諸々特に苦労せずにここまで生活して来てしまっていると言う点。

 

そう考えると、別に「カナダ自体を嫌いになった」とは言えない。

そもそも、「好き・嫌い」とかどうでもよくなってるのが本音w

「カナダ自体が俺にあっている・いないもよくわからんというのが正直なところ」

 

仮説3「カナダの生活に満足したから」

 

何をもって「カナダの生活に満足する」のかはイマイチわからない。

ただ、なんとなくではあるけど、「カナダの生活に満足してしまった感」はある。

日本に帰りたい,日本に帰りたくない,矛盾,つぶやき

 

もともと、「なぜ、カナダに来たかったのか?」

実は、その理由はかなり単純!

  1. 「オーロラを見るため」
  2. 「海外への滞在を続けるため」
  3. 「少しの貯金」

これだけ。

はっきり言ってしまうと、別にカナダでなければいけない理由はない

オーロラだって、北米とかでも見れるし、オーロラだけを見にカナダに行くと言う手もあった。

「海外への滞在を続ける」と「少しの貯金」に関しても、別にカナダでなくても出来ることではあるけども、やっぱりビザの関係で、カナダが「楽」だったと言うこと。

「何が何でもカナダに行きたい!!」っというわけでなかったのが正直な所な訳ですよ。

とは言え、カナダに行く前は行く気満々だったのが間違いないです。

しかも、あわよくば永住権ないし、長期滞在できるビザを狙っていこうすら考えていました。 それもあって、以前に整備士をしていたので、整備士の仕事はどこに言っても需要があるだろうと考え「ツナギと作業手袋」をちゃんと持参したぐらいですw

それなのに、いざカナダに来て生活している内に、その気が全くなくなると言う・・・・。

そう考えると、9ヶ月でカナダの生活に満足してしまったのではないかと。

 

はっきり言って、9ヶ月じゃ早すぎるような気もします。

それに、カナダに来てからほとんど移動をしていない・・・。

まだ、行っていない場所なんて山ほどある。

それなのに、満足してしまったのか?

 

せっかくカナダに来たのに、「もっと観光ぐらいした方がいいのでは?」という考えもあります。

ですが、そのモチベーションが上がらない。

別に、観光せずにこのままカナダを出てしまってもいいとすら思ってる・・・。

 

そう考えると、本当にカナダの生活に満足してしまったのかと。

 

仮説4「他にやりたいことがあるから」

 

実はこの仮説が一番可能性があるのではないかと思っています。

実は、すでに「他にやりたいこと」が出来たんです!

 

とは言え、これはカナダの後にやるつもりで予定を立てていました。っと言うか立てています。

 

何がやりたいかは詳しくは言いませんが、さわりだけ言うと、

「旅行」と「違う国にワーホリに行く」ことです。

 

はっきり言って今やっていることと、ほとんど変わらないんですけどねw

 

結論

正直言うと、カナダに来てからと言うもの、僕の中で自分自身との「対話モード」に突入したような気がしてます。

なんと言うか、自分の頭の中で遊んでいる感覚です。まぁ、それが楽しいんでいいんですがw

そのせいもあってか、周りに意識がいかないことが多いという事態に陥っています・・・・。

 

やらなければいけないことはやっていますよ。

例えば、仕事とか、その他諸々の生活に必要なことですね。

しかし、それでも上の空といいますか、常に違うことを考えてしまうというw

 

僕はもともと、複数のことを同時にできるような器用な人間ではないです。

一つのことにのめり込むと、それにばかり意識(興味)がいってしまうような人間です。

そう考えると、カナダに向いていた意識(興味)が他の「やりたい事」に向いてしまっているのではないかというのが今のところの僕なりの結論ですw

そもそも、自分自身との「対話モード」に入った時点で、カナダから意識(興味)が向いていなかったのかもしれない疑惑もあるんですけどねw

そのせいにするつもりはないですが、カナダに来てからというもの、英語も周りとのお付き合いなどの人間関係も全てにおいて疎かになっているという。

 

自分で決めた事なので言い訳も何もないですし、後悔なんてもちろんしてません。

ただ、「今回カナダに来るタイミングを間違えたのではないか?」とか思ってしまいますw

 

書いていて思ったけど、もしかしたらこの記事、現在ワーホリしている方で「日本に帰りたいなぁ〜」って思っている人の何か参考になるんじゃないかってw

どうなんだ? わからんけどw なったら幸いかなと。

タツキチ

国が違うからなのか、たまたまこのタイミングでなのかは定かではないけど、なんとも言えない不思議な感覚!

ある意味日本じゃ味わえない感覚なのかもしれないなと思う今日この頃w

ちなみに、余談ですが「帰りたい」と思う時にいつも、いきものがかりの歌『帰りたくなったよ』の歌詞が頭に流れますw 今までちゃんと聞いたことがない曲なのにもかかわらずw

「帰り〜た〜くなあったよぉ〜 君が待つま〜ちへ〜♫」

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.