オーストラリアでワーホリと言えばロードトリップでしょう! ロードトリップのススメ!

スポンサーリンク
オーストラリア,ワーホリセカンド,ロードトリップ,旅行

 

前のワーホリセカンド体験談で少しロードトリップについてふれましたが、今回はその事について少し記事にしたいと思います。

 

皆さん想像してみてください!

 

オーストラリアの広大な大地を車でドライブ。

先の見えないまっすぐな道をひたすら車で駆け抜ける。
もの凄く開放的な気分になるのは間違いありません(´∀)

その反面、あまりに何も無さ過ぎて、不安い駆られる事もありますが・・・。
それでも、日本では体験出来ない経験になる事は間違いありません!

しかし、オーストラリアは本当に大きい国です。
小さい町から町まで車で数時間かかる事は当たり前です。

ですので、車で旅行をしようと思ったら、十分な時間が必要です。
短期の旅行でも出来なくはないと思いますが、なかなか難しいかなと。

せっかくワーキングホリデーでオーストラリアに来ているならば、1回ぐらいはロードトリップをする事をオススメします。

 

スポンサーリンク

僕の体験談

オーストラリア,ワーホリセカンド,ロードトリップ,旅行

 

今回は、ダーウィンからアリススプリングスまで車で旅行しました。

実を言うと僕は今回ロードトリップをする予定も、するつもりもなかったのですが、

たまたま、ダーウィンで働いていた時、一緒に働いていた同僚とダーウィンを出る時期が同じだったのと、彼にロードトリップに誘われたのとが重なり、丁度良いタイミングだったので、ロードトリップをする事にしたわけです。

因に4人のメンバーと一緒にロードトリップをした訳ですが、なかなか国籍豊かな組み合わせでした。

始めのメンバーは、ダーウィンで一緒に働いていた同僚のベルギー人、同僚が見つけたリフト仲間のイングランド出身の男の子、ドイツ出身の女の子、そして、日本人の僕と言う組み合わせ。

そして、途中から一緒に合流した、オランダ出身の女の子です。

どうやら、皆Facebookを通して知り合ったみたいでした。
イングランドの男の子が車を持っていて、リフトを探していたようで、ベルギー出身の同僚やドイツ出身の女の子達がその話にジョインしたと言う訳です。

もし、車を持っていないけど、どうしても車で旅行したいと考えているならば、これも一つの手だと思います。

もちろん自分で車を買うのもいいですし、レンタカーを借りると言う方法もありますが、
それなりにお金も掛かりますし、他の問題も出てきますので、それが嫌と言う方はリフトを探すと言う方法がいいかと思います。

その方が、ガソリンや食料などの費用も皆でシェアするので、場合によっては安く旅行する事ができます。

 

良い点をまとめると

  •  新たな仲間と出会える
  •  自分で車を買う必要がない
  •  安く旅行出来る場合がある
  •  途中で好きな所に寄る事が出来る
  •  時間を気にしなくてもいい

など。

悪い点

あえて悪い点をあげると、

  •  旅の途中で意見の食い違いが起きる事がある
  •  お金の問題が起きる時もある

なのでしょか。

 

まとめ・感想

 

オーストラリア,ワーホリセカンド,ロードトリップ,旅行

 

ロードトリップと言っても、実は色々なバラエティーがあると思います。

特に予定も決めずに、行きたい所に行くとか。

しっかり予定を立てて計画的に行くとか。

キャンプをしながら旅行するなどなど。

因に僕たちは、ある程度行く場所は決めて、キャンプをしながら旅行しました。
宿には泊まらずに、テントで寝泊まりし、食事も出来る限り自分達で自炊してました。
久々のキャンプだったので、なかなか楽しかったのは間違いないです!!

夜暑くて寝苦しかったり、雨が降って寒かったり、蚊やハエに悩まされたりしもしましたが、今になってはいい思い出と言う事で。

 

ただ、一つ残念な事がありました・・・。

 

それは、僕自身の問題とも言えるのですが、旅仲間達とのコミュニケーションについてです。

英語の問題・相手の文化・週間などに対しての知識の無さ、などです。

決して仲が悪いとかそういった事ではなくて、僕自身の問題だと自分では思っています。
もともと、僕は余り口数が多い方ではないとは言え、それでも人と会話をするのは好きです。

しかし、上記で挙げたように、英語の問題や、相手の文化・習慣の事などの話題になるとどうしてもついていけず、口数が減ってしまっていたように思います。
英語が理解出来なかったり、周りの皆の国では当たり前の事でも、僕が知らなかったりと言った事がけっこうありました。

それでも、出来る限り自分から質問するなどして会話に参加しようとしていましたが、英語力のなさからなのか、会話に詰まったり、皆から何か質問されてもうまく答えられなかったりといった事もしばしば・・・。

たまたま、今回は、リフト仲間がみんなヨーロッパ出身だったと言う事もありますが、英語だけではなくて、もっとヨーロッパの歴史・文化・習慣などを知る必要がるなと思いました。

もしかしたら、人によってまた違ってくると思いますが、その辺りが今回、すごく悔しいなと思った点です。

その他の事に関しては、特に問題もなく、正直な感想として凄く楽しかったですし、一緒に旅をした仲間達もすごくいい仲間達だったと思います!

まさに、ワーキングホリデーをしているなって感じですかね。

もし、興味がある方は挑戦してみるのはどうでしょうか?

良い事もありますし、悪い事もあるかもしれませんが、きっといい思い出になるに違いありませんよ(´∀)

 

補足

これは2016年〜2017年に2回目のワーホリに行った時の経験に基づいて書いています。

現在は、細かい変更などがある可能性がありますので、その辺りはご了承ください。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。