まだ電子辞書使ってるの? ワーホリで持っていく英語辞書について!やっぱりアプリがオススメ!

スポンサーリンク

 

英語辞書,dictionary,アプリ,ワーホリ,オススメ,英語学習,ブログ

 

こんにちは、ワーホリを利用してカナダに滞在中のタツキチです。(2017年)

 

ワーホリに行く時に英語の勉強をするためにワーホリを利用する方も沢山いらしゃるかと思います。

僕もその一人です。

現在も、毎日のように英語の勉強に励んでいますよ!

 

とは言え、「1回目のオーストリラでのワーホリ」の時は英語が全くといっていいほど出来なかったので、語学学校に通いましたが、「2回目のオーストラリアワーホリ」、そして現在「カナダでのワーホリ」では語学学校には通っていません。

 

そんな、ワーホリで英語の勉強をしようと思っている方で、「英語の辞書」をどうするか迷っている方もいるのではないでしょうか?

 

「従来の分厚い辞書を持って行くべきか?」

「電子辞書を持って行くべきか?」

「スマホの辞書アプリにするべきか?」

「または、現地で購入するべきか?」

「または、辞書を持っていかないべきか?」

選択肢はいくつかありますね。

 

そんな方に、どの選択をするか僕の実体験から個人的にオススメな方法を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

今は、スマホアプリがオススメ!

英語辞書,dictionary,アプリ,ワーホリ,オススメ,英語学習,ブログ

 

今現在、ワーホリでカナダに滞在していますが、電子辞書は持ってきませんでした。

ちなみに僕の場合は、「1回目のオーストリラでのワーホリ」と「2回目のオーストラリアワーホリ」では電子辞書を持って行き使用していました。

僕の個人的な考えだと、やはり電子辞書は多機能ですし、単語などを調べるときに調べやすいと思っています。

なので、もし語学学校に行き英語の勉強を長時間するような環境の場合は電子辞書の方が向いているのではと個人的に思います。

「じゃあ、なんで今回は持ってこなかったのか?」

その理由は、「重いからです」

重いと言っても、iPadやパソコンなどに比べれば断然軽いんですけどね・・・。

どうしても荷物を減らしたいと考えていて、「それなら電子辞書を省くことができるのでは?」と考えてのことです。

 

「2回目のオーストラリアワーホリ」が終わる頃あることに気がついたんです、

「その一年間ほどんど電子辞書を使っていないってことに・・・」

 

その頃は、四六時中机に向かって英語の勉強をしていたわけではないので、そこまで辞書は必要なかったとも言えます。

それでも、わからない英単語などを調べたい時もあるので、そういう時はスマホの辞書アプリを使用してました。

「ぶっちゃけ、僕の場合はそれで十分ってことに気がついてしまったんです」

そんなこともあり、現在の「カナダでのワーホリ」では、電子辞書の代わりにスマホのアプリとネットがあれば併用しています。

 

現在、使用中のアプリ一覧

英語辞書,dictionary,アプリ,ワーホリ,オススメ,英語学習,ブログ

 

今現在、使用しているアプリを紹介します。

 

ウィズダム英和・和英辞典2(2,900円)

現在僕がメインで使用しているアプリです。

無料のアプリではないですが、皆さんがご存知の「ウィズダム英和・和英辞典 2」です。

オフラインでも使用できますし、音声も聞けるのでなんて読むのかわからない時にかなり重宝しています。

とりあえず、「これだけあれば他の辞書が必要ないのでは?」と言うぐらい豊富な内容です。

2900円と無料の辞書アプリがたくさんある中で、少し高いと思いうかもしれません。
それでも、僕の中ではオフラインで使えて、圧倒的な単語数、例文が収めれれているので入れておいても損はないです。

それに、時々入学シーズンなどの時期にセールをしているので、その時を狙うのもありです。

ちなみに、僕はその時に「1,600円」で購入しましたよ。

 

ウィズダム英和・和英辞典 2

ウィズダム英和・和英辞典 2
開発元:物書堂
¥2,900
posted with アプリーチ

 

COBUILD Advanced American(2, 300円)

そして、もう一つ僕がメインとして使用している「コウビルド英英辞典」です。

英英辞書は英語学習を始めたばかりの頃は必要ないと個人的に思っていますが、後々英語が上達してくれば必要になってくると思います。

どうしても、日本語だとニュアンスがよくわからない場合などもあるので、そんな時に英英辞書が必要になることがあるので。

これを選んだ理由は、単純に以前使っていた電子辞書でも使用していたので、同じものがいいと思いこれを選びました。

しかも、値段も「2,300円」とそこまで高くないので。

これも、「ウィズダム英和・和英辞典 2」と同じで、オフラインで使用できますし、音声も聞けますよ。

必要だと思う方はオススメします。

こちらも、上記と同じでセールをする時があるのでその時は狙い目!

 

コウビルド英英辞典(米語版)第2版
コウビルド英英辞典(米語版)第2版
開発元:物書堂
¥2,300
posted with アプリーチ

 

英和辞典・和英辞典 English Japanese Dictionary(無料)

こちらもオフラインで使用でき、音声も聞ける無料の辞書アプリです。

僕の中でオフラインで使用でき、音声が聞けることが最低条件なので、それを満たしてくれる無用の辞書アプリです。

しかし、単語の説明などが少し微妙な場合もあるので結局他の辞書で調べることになんてなることもあります。

あとは、広告があるので少し、あれですね。

 

英和辞典・和英辞典 - 英日/日英双方向翻訳
英和辞典・和英辞典 – 英日/日英双方向翻訳
無料
posted with アプリーチ

 

語語ナビ Lite(無料)

こちらも、オフラインで使える無料の辞書アプリです。
音声も聞けますよ!

個人的には、「単語の説明が少ないかなぁ」と感じます。

僕が使ったことがないのですが、有料版もあるようなので、そちらの方が使いやすいのかもしれませんね。

 

Dictionary(無料)

上記の二つがあれば、他の辞書はあまり必要ないかもしれませんが、僕が以前使用していた無料の辞書も紹介したいと思います。

こちらは、英語のアプリですが、オフラインで使用でき、音声も聞くことができるアプリです。(英英辞典として)

それに「類語」なども調べることができるので、無用のアプリでは使い勝手がいいと個人的に思います。

ただ、上記の辞書に比べて語彙も少ないですし、例文も少ないです。

 

Dictionary.com
Dictionary.com
無料
posted with アプリーチ

 

まとめ

こんな感じで、僕が実際に使用している英語辞書アプリをご紹介しました。

上記でも書いていますが、僕の中で最低限「オフラインでの使用」「音声あり」は外せません。

もちろん、語彙なども多い方がいいです。

ワーホリなどでの滞在の場合、場合によっては辞書を使用する頻度は少なくなるように思います。

なので、スマホのアプリでも十分と言う結論に達しました。

ですが、語学学校に行ったり、何か専門的な事を勉強する場合には辞書は必須です。
その場合には、電子辞書の方が使い勝手がいい場合もあるかもしれません。

正直言えば、ネットに繋がって入れば辞書は必要ないのではないかと思います。
ネットで検索すれば、大体の英単語の意味など調べることができますし。

ですが、ネット代がかかりますし、「もしネットが使えない場合には困りますよね?」

そんな場合に、電子辞書が活躍しますし、オフラインで使えるアプリも便利だと考えています。

それに、アプリ版の英語辞書はたくさんあります。
普段使用しているお気に入りの辞書のアプリ版があれば、とりあえず入れておいても損はないのではないかと個人的に思いますよ。

それぐらい手軽で便利ってことです!

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。