誰もが1度は考えるんじゃないでしょうか?一生に1度は海外に行きたいって! ワーホリで海外に行こうと思った理由について

スポンサーリンク
ワーキングホリデー,オーストラリア,海外留学,英語学習,学習日記,

 

僕は2012年にオーストラリアへワーホリに行ってきました。 期間は約10ヶ月です。本当は1年間丸々いる予定だったのですが、個人的な事情で10ヶ月で帰国となりました。

それでも、10ヶ月と言う期間思いっきり楽しんで、色々と学んでこれたと個人的には思っています。

では、ワーホリに行こうと思った理由について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

何故ワーホリに行こうと思ったのか?

正直言いますとこれと言って大きな声で人様に入れるような理由はありません。

あえて、理由を述べるならば、

 

人生一回ぐらいは海外で生活して、いろいろな人達と交流してみたかったか

 

ですかね。

はい(´∀`)そうです。

ネットや雑誌などでよく見かけるような理由です。
期待はずれですいません(; ́Д`)

僕が思うに理由は何でも良いんじゃないかって思います。
結局はそこまでの好奇心があるか、ないか。ちょっと一歩踏み出す、出さないかの違いじゃないかと。

なので、僕のワーホリに行った理由はあまり参考にならないかと・・・(; ́∀`)

っと言うよりも、人の理由なんてあまり気にしない方がいいと思います。
どう言うことかと言うと、結局は ” 自分の心に素直になった方がいいよ ”ってことです。

実を言うと、僕は結構なんで、ワーホリに来たのかとか人に良く聞きました。
多分、今まで会った殆どのワーホリの人に聞いているんじゃないかと思います。

もう、ただ単に興味があるんです。
人それぞれ理由がありますからね。

だからと言って、それを自分の理由にするとか参考にするとか、そう言った事は考えません。
単純に興味があるだけです。
しかも、話のネタにもなりますしね。

ですので、「へぇ〜なるほどねぇ〜、そんな理由なんだぁ〜」ぐらいの簡単な感じで捉えていただければいいかと思います。

 

ですので、それとは反対に、ワーホリでの体験談や、僕が渡豪した時の持ち物、費用について、その時の思い、考え、周りの環境などはもしかしたら誰かのお役にたてるかもしれないと思っています。

もし、このブログを通して誰かの参考になればいいなと考えています。
やっぱり、生の体験談って言うのは、参考になりますし。

こればっかりは、経験した本人からしか聞く事ができないですからねぇ〜。

あと、これだけは始めに言わせてください。

決して感動的でもないし、波瀾万丈な感じではないです。
ごくごく普通です(´∀`)

それに、あくまで参考程度にしてくださいね。

 

まとめ

僕自身が経験してきた事、感じた事などは本人(僕自身)に 聞かない限り知り得ない情報です。

もしかしたら、実はワーホリに行きたいけど・・・
他の国での生活、人間関係、帰国後の仕事、お金の問題など色々な理由で 行くのをためらっている方、どうしようか悩んでいる方もいるんじゃないでしょうか?

その気持ち、もの凄くわかります!
僕も決断するまで、結局約2年ぐらい悩んでいました。

でも、その時にワーホリに行って本当に良かったなと今でも思っています。

ですので、僕の個人的な意見としては、一回ぐらいワーホリに行ってみるべき!

ですが・・・
もちろん、楽しい事も、嫌な事も沢山あります。
人によっては、やっぱり行かなきゃよかったと言う人もいます。
それに、人それぞれ事情もあります。

ですので、もし行く事が出来る環境にいるのならば、 一回ぐらい行っても良いんじゃないかって言うのが僕の考えです。

 

では、どういった過程で行く事に決めたのか?

その内容は、こちらの記事をどうぞ

オーストラリアにワーホリに行く事を決断するまでが本当に大変でした。 決断するまでに恐らく数年はかかりました。 僕はワーキングホリデー(ワーホリ)でオース

興味がある方はご覧ください。

 

ワーホリの費用についてはこちらをどうぞ

「オーストラリアにワーホリで生活するのって費用はいくらぐらいかかるのだろう?」 僕も、ワーホリを利用してオーストラリアに行く前に一番と言っていいほど気になった部分です
スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。