ワーホリ・留学中のあるある! 日本人とつるむべきか?それとも避けるべきか? 辿り着いた答えは?

スポンサーリンク
ワーキングホリデー,日本人,つるむ,避ける,英語,あるある

こんにちは、現在ワーホリを利用してカナダに滞在中のタツキチです(2017年)

ワーホリや語学留学などをしたことがある方は一度は考えたことがあるのでは?

 

「日本人とつるむべきか?それとも避けるべきか?」

 

英語圏にワーホリや留学にくる方は少なからず英語の勉強が目的という方が殆どだと思います。

それ以外の目的の方なら正直どうでも良いことかもしれませんが。

 

僕も数年前に初めてオーストラリアにワーホリに行った時に、どうするか考えたことがあります。

僕の場合は英語だけが目的ではなかったですが、今現在もですが英語を上達させたいという意識は強かったのは確かです。

 

正直、「日本人とつるむべきか、避けるべきか」は個人好みです。
色々な意味で、どちらも良い面も悪い面もあるので一概には言えません。

 

ですが、不思議な事に、この話題はどこに行っても付きまとってくるんですよねぇw

みんな考えることは同じなのかもしれませんね。

 

そんな、留学・ワーホリで生活で、「日本人とつるむべきか? それとも避けるべきか?」について現在ワーホリ3年目の経験の中で辿り着いた答えを語ってみようかなと。

 

スポンサーリンク

留学・ワーホリ時は、日本人とつるむべきか?それとも避けるべきか?

上記でも書きましたが、これは個人の好みですね。

そもそも、なぜこのようなことを考えるのか?

僕が今まで出会ってきた人達の中で、この疑問を持っているのは英語をもっと上達させたいんだけど日本人とばかりつるんでいる方が殆どだと感じます。

または、英語は中々上達しないし、ネイティブなどの友達も中々出来ないという状況にいる方ではないかと。

なぜそう思うかは、始めから英語の上達が目的の人の場合は、そもそも日本人を避ける傾向にあるからです。
そもそも、このような方々は日本人と全くつるまないんですよね。

しかも、日本人に対しても日本語を殆ど使わないって言うね・・・。

ちょっと意識が高い系という感じの方々ですねw

「恥を恐れずに言うと、僕も初めワーホリの時は日本人を避けていましたけどねw」

 

日本人とつるむメリット・デメリット

メリットもデメリットもクソもないのですが、あえて分かりやすく分けます。

留学・ワーホリに来る目的によっても違いますが大体において共通するかと。

 

 まずメリットから、

  • 「何と言っても心強い!」
  • 「日本のコミュニティー内の情報が得られる」
  • 「言葉が通じる」
  • 「楽しい」

など。

正直言うと言葉も通じますから、楽ですし楽しいですよね。

それに、海外にいると日本にいる時と違って予想外なことも起きます。
一人では対処できないような事も起きる事もあります。

そんな時は、やはり同じ日本人同士助け合うことができると言うのはとても心強いことです。

 

あとは、現地に住んでいる日本人の方や既にその国にいる人達からの情報が得られると言うのもメリットと言えます。

仕事や家など、日本人コミュニティー内だけでの情報などもありますから、その情報を得られるのもメリットですよね。

 

個人的に、これが一番のメリットだと考えるのが、「何より日本では絶対に会うことはないような人達と出会えると言うこと」

日本で働いていた時は普段は仕事場と自宅の行き来と、同じような友達とばかりつるんでいるのが普通でした。

はっきり行って行動範囲は狭かったです。

そう考えると、海外で会う日本人の方は僕にとってはすごく良い出会いなんですね。
しかも、たくさんの方達にもお会いできますし。

もちろん、皆んなが良い人ではなかったですけどね・・・。

騙そうとする人とか、かなり変わった人とか、すごく優しい人とか、いろいろですねw

個人的には、「こんな日本人もいるんだなぁ」っと興味深い部分でもあります。

 

 あえてデメリットを挙げると、

  • 「英語が上達しない」
  • 「日本人グループから抜け出せなくなる」
  • 「日本人以外の知り合いができにくい」

英語の上達が目的の人には、常に日本人とつるむのはデメリットになる場合が殆どです。

「だって英語使いませんからね・・・」

もちろん日本人同士で英語で会話をするという事もできます。
ですが、英語学習を始めたばかりの場合だと、はっきりって無理です。

「僕も実際に試しました。全く会話になりませんw」

 

英語の勉強自体に関してはさほど問題ないと僕は考えています。
ですが、会話の上達についてはデメリットになると。

やはり英会話を上達させたいならば、常に英語環境に身を置いて四六時中英語を聞いて話していないと中々上達するのは難しいです。

 

そして、一回日本人とつるむのに慣れてしまうと、そこから抜け出せなくなります。
「だって楽しいですし、居心地がいいんですから当然ですよね?」

これはデメリットと言えないかもしれませんが、英語学習を目的としている場合はデメリットになりまね。

 

 

決して「せっかく海外にいるんだから日本人以外とつるむべきだ!」なんて思っていません。

ただ、他の国出身の人達と時間を共にすることによって、得られる経験は大きい筈です。
違う文化、言葉、習慣、考え方などなど。

それを逃してしまうのは勿体ないと思うのでデメリットかなと。

 

日本人を避けるメリット・デメリット

その反対に日本人を避けるメリット・デメリットを挙げてみます。

上記の「日本人とつるむメリット・デメリット」の反対と考えれば分かりやすいかなと。

それとは別に個人的な意見も交えてみたいと思います。

 

 ではメリットから、

  • 「英語が上達する」
  • 「いろいろな国の人と知り合える」

英語の上達に関しては、程度は人によって違いますが間違いなく上達はします。

ただ、つるむ人によっても違いはあります。
ネイティブとばかりつるむのと、英語を第二言語とする人達とつるむのとだと多少は差が出てくるかと感じます。

 

 じゃあデメリットは、

デメリットは、やはり日本語が話せないという点ではないかと。

英語を話している年数によっても違うかと思いますが、やはり母国語で会話するのは楽ですよね。

その他に、あからさまに日本人を避ける態度をとると日本人から嫌われます。
っというか、白い目で見られたりしますね。

正直、日本語で話しかけたら英語で会話を返された時は、衝撃的でしたw

「えぇ〜、マジか!そこまでやるのか!」って。

 

ですが、今はもう慣れました。
っというか、日本人同士で会話する時は日本語でいいですが、そうでない場合は日本語で会話していると、他の人が理解できないので微妙に不快な思いをするなと思うようになりましたね。

これは、僕の実体験から思うことですね。

 

僕が辿り着いた答えは?

オーストラリアに2年、そして現在カナダにワーホリを経験して、僕が辿り着いた答えは、

 

「近づきすぎず、離れすぎずの距離を保つ」という答えを出しました。

 

簡単にいうと、日本人ともつるむし、それ以外の人達ともつるむってことですね。

その際に、毎日のようにつるんだりはしません。
たまに、つるむぐらいがいいかなと。

いい感じの距離をとって付き合うと言うことですね。
誘われたら一緒に出かけますし、そうでなければ誘わないみたいなw
勿論その中で仲良くなる人もいるので、そう言う人とはよくるつんだりしますね。

ただ、どちらかと言うと日本人よりもその他の国の人達とつるむ時間が多いかと思います。
英語をもっと上達させたいと言う思いは捨てきれないですからね。

ですが、日本人の方達との出会いも大切にしたいんです。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください