あなたは何人ですか? 「〜人だから」っと言う固定概念をなくすことはできないものか?

スポンサーリンク
何人,人種,海外,外国人

 

僕の認識だと、僕は日本人の両親から生まれ、日本で育った純の日本人です。

今まではそれが当たり前だと思っていたし、疑問に思うこともなかったかな。

「あなたは何人?」と聞かれれば、「日本人です」としか答えようがないとも言える。

僕の中に他の選択肢は見当たらない。

昔から日経人と呼ばれる人達のことは知っていた。
日本人として海外に拠点を移し、生活されている人達のことを指す。
簡単にいえば、海外で永住している人は日系人になるのかもしれない。

僕も現在、ワーホリを利用して海外に滞在しているが、日系人とは言えない。
一時的な滞在者、外国人に過ぎない。

日本にいる時はあまり自分が「何人か」なんて特に意識したことがなかった。

しかし、海外にいると自分が何人なのか嫌でも意識させられることが多い気がする。

正直言うと自分が「何人か」どうかは、どうでもいいのではないかと思う時もある。

とう言うのも、僕はたまたま日本人の両親から生まれ、育ったと言うだけという考えに変わったきているからなのかもしれない。

もちろん、僕は地球人ですなんてことは言わないw

胸を張って僕は日本人だと言える。

でも、そこまで何人と言う概念にこだわりがなくなってきているような感覚になっているのかもしれないなぁと。

 

スポンサーリンク

ブラジル人の同級生

何人,人種,海外,外国人

 

僕が小学生高学年の頃、同じクラスにブラジル人の男の子が転校してきた。

彼は日経ブラジル人ではない。純のブラジル人である。
会ったばかりの頃は、日本語もままならなかったぐらいだった。

しかし、彼はそれから日本で青春時代を過ごし、十数年間過ごした。
そうなると、僕の中での彼の認識がブラジル人と言うよりも、「もはや日本人だろ!」と言う認識になったぐらいだw

外見は日本人ではないかもしれない、でも「中身は完全に日本人じゃん!」っとたまにツッコミたくなるぐらいだった。

そう考えると、結局は環境による影響が大きいのだろうと思う。
もともと何処の出身であろうと、その場所で過ごす時間が長ければ長いほど、そこの環境に影響されるのではないのかなぁと考えるようになった。

その人のアイデンティティを形成するのは、「何処の国の出身だ」とかでなくて、「どんな環境で育ったか」が重要なのかなとふと思ったりした。

 

「〜人だから」と言う固定概念は無くせないのか?

何人,人種,海外,外国人

 

海外で生活するようになって、僕の中での日本以外の国の人のイメージが大分変わったと思う。

皆さんも、「〜人はこうだ!」みたいなイメージを持っていませんか?

例えば、

「インド人はカレーを毎日食べている」

「アメリカ人はバンバーガーを毎日食べる」

「フランス人はみんな華やかだ」

などといったイメージ。

「日本人は寿司が大好きだ」といったイメージがあるのと同じだろう。

 

はっきりいって、ほとんど勝手なイメージだったんだなと実感した。

それはテレビの影響なども大いにあるのだと思う。

確かに、イメージ通りの人も中にはいるかもしれない。
でも、大体においてイメージ通りの人なんていない。

しかし、頭ではわかっているのだが、どうしてもそういったイメージでその人を認識してしまう時があるのだが、それが嫌でしょうがない。

その僕の中にある勝手な固定概念なしに、その人個人を認識したいと思っても強制的にそのイメージが僕の頭の中にあるという・・・。

僕は、日本が大好きだし、日本人として誇りを持っているし、日本人だと胸を張って言える。

けども、その反面「別に何人とかどうでもいいのでは?」って思う時もある。

たまたま、その国で生まれて、成長しただけではないのかと。

もし、僕が日本人の両親から生まれて、日本以外の国で育ったとしたら、僕は自分のことを日本人とは思わないのではないかと思ったりもする。

何が言いたいかと言うと、「何人だらか〜だ!」などと言った会話をするのがあまり好きでないと言う事が言いたい!

人と会話をしている時にたまに、「〜人だからこうだ!」みたいな会話を聞くとどうしても違和感を覚えるのは僕だけだろうか?

でも、わからなくもないとも思う。

それだけ、子供の頃から抱いてきたイメージは根強く僕たちの意識の中にあるのだろうと言う事なのかもしれない。

 

まとめ

最後に、「何人である」とかそこまで気にしなくてもいいんじゃね?」って思っただけですw

それに、「〜人だから〜だ!」と決めつける感じが嫌なんです!
しかも、それが無意識に考えてしまうって言うのが余計に腹がたつと言うねw

日経の人もそうですが、最近は国際結婚も一般的になってきて、ハーフの方も増えてきたように感じます。

それに、国籍を複数持つ人にも沢山お会いしました。

大体そう言う人は、育った国の出身だと言います。
例え、両親が違う国の出身でもです。

なんかそう考えると、「国籍って一体なんなのかなぁ?」って思うのです。

もちろん文化的な背景、歴史的な背景、などなど関係してくるとは思います。

でも、「何人だから」と言うイメージによって、その人自体の印象をある程度決められてしまうのは、なんか勿体無いなぁと。

何人であろうと、この人特有の個性があるはずなのに、そういった変な固定概念のせいでその人個人を決めつけるのはどうかと思うのです。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください