車を査定してもらう時にかかる時間はどのぐらい?実は意外と時間はかからない?

スポンサーリンク
下取り,見積もり,査定,車,時間,自動車

 

車を売ろうと考えていて車を査定してもらおうとお考えの方。

車の査定にはいったどのぐらいの時間がかかるかご存知でしょうか?

もし、仮に複数の買取業者の方に査定をしてもらい、査定価格を比較したいと言う方にとって、一社に何時間も時間を取られてしまったら忙しい方にとっては困りますよね。

それに、「車の査定って結構時間がかかるのでは?」と思っている方もいるかと思います。

ですが、皆さんが思っている以上に車の査定に時間は掛かりません。

もちろん、自分で複数の買取業者に車を持ち込んで下取りしてもらう場合は、移動の手間などが掛かります。

しかし、現在は出張査定・買取サービスを行っている販売店もたくさんあります。

ですので、そういったサービスを利用するのもありです。

そんな、車の査定にかかる時間についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

車の査定にどのぐらいの時間が必要なのか?

下取り,見積もり,査定,車,時間,自動車

 

車自体の査定の時間は、大体の目安として、10分〜30分程度の時間がかかると考えておけばいいかと思います。

査定をしてくれる業者によって変わってきますが、長くても30分ぐらいで車の査定自体は終わります。

そして、そのあとに商談・書類手続きなどの時間に30分ぐらいです。
合計すると、約1時間程度で査定から書類手続きまで完了する場合が多いです。

もちろん雑談などが入れば、その分時間は長くなります。

なかには、車自体の査定は、最短で10分程度で完了するなんて場合もあります。

「本当に、たった10分で査定は出来るの?」

っと疑問に思った方もいると思います。

 

確かにたった10分程度では、車の隅々までチェックするのは無理があります。

「じゃあ、どうやって10分で査定するのか?」

実は、中古車の金額相場というのはある程度決まっているんです。
したがって、おおよその金額ならばすぐにわかるのです。

あとは、車の走行距離、年式、ボディの傷、エンジンの異音、室内の状態、などをざっとチェックして、最終的な金額を決定するという感じです。

ただ、もし社外のパーツや外装を塗り直している車を売却する場合、査定に余計な時間がかかる場合もあります。

そのあたりは、買取業者によって違いがあるのであくまでも目安としてですね。

 

大体の査定の流れとしてはざっとこんな感じです

1、初めに簡単な車に関しての質問(5分〜10分)

     ↓
2、車の状態チェック(10分〜30分)

     ↓
3、車の値段の確認(10分程度)

     ↓
4、商談、契約(10分程度)

 

まとめ

車の査定の際には時間が結構かかると思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

ですが、皆さんが考えているよりも、意外と査定にかかる時間は短くて済む場合があります。
査定にかかる時間が短くて済めば1日に複数の買取査定をしてもらう事ができますね。

もし、1日に複数の買取査定を依頼する場合は、査定にどのぐらい時間がかかるのか、初めに確認しておけば予定も立てやすいです。

ただ、大体の車の相場金額が決まっているとは言え、車の状態などによって値段が変わって来ますので、少しでも高く車を売りたいならば、じっくりと査定してもらい、複数の買取業者の査定金額とを比較してから、どこの買取業者で車を売却するかを決めた方がお得に車を売ることが出来ると個人的に思います。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。