ダーウィンに滞在して一ヶ月が経過! 仕事も見つかり充実した日々を過ごす。やっぱり移動してみて正解だった!

スポンサーリンク
オーストラリア,セカンドワーホリ,体験談,ダーウィン,仕事

現在オーストラリアのノーザンテリトリーに位置する町、「ダーウィン」に滞在中!

前回の記事「ケアンズに滞在して1ヶ月と2週間が経過してしまった・・・思い切って移動を決意する!」でもお話しましたが、ケアンズでの仕事探しを止めてダーウィンに行く事を決意したというところからの続きです。

ケアンズに滞在して1ヶ月と2週間が経過してしまった・・・思い切って移動を決意する!

2016.06.04

 

そして、今現在ダーウィンに滞在して早1ヶ月が経つところです。

現在は、無事に仕事も見つかり、あのままケアンズで返事を待っていなくてよかったと思っています。今だから言えるけども、思い切って移動してみて正解だったのかもしれない。

ダーウィンに来てまず思った事は、とりあえず「暑い!」だ。

分かってはいたのだが、やはり実際に現地に来てみると、改めて実感する。
正直、個人的には「ケアンズの方が過ごしやすいかなぁ」って思いましたね。

ですが、ダーウィンで1ヶ月過ごしてみて、今はダーウィンも過ごしやすいと思い始めています。

こっちに到着して数週間は、毎日暑いし、汗だくになりながら外を歩いていたのだが、ここ最近、朝晩は少し肌寒く感じることもしばしば。

少し話は逸れるが数週間前に面白い体験をしました。

ある日の早朝、目を覚まして外に出てみると、なんか妙な感じがしました。

「風がいつもの違う感じがする!」

その時、思ったのが、もしかしてこれがドライシーズンの始まりの合図なのか?

っと。

それ以来、朝晩はエアコンなしでもぐっすり眠れることが出来るぐらい快適な夜になりました。

「今までは、エアコン無しではキツかったのに・・・」

「とは言え、昼間は変わらずに暑いんだけどね・・・」

それでも、なんとなく個人的には過ごしやすいと感じたのが不思議なところ。
もしかしたら、ただ慣れただけと言うことも考えられますけどねw

 

スポンサーリンク

ダーウィンに到着してから今日までについて

このままじゃただの日記みたいになりそうなので、この辺で話題を変えたいと思います。(正直それでもいいんですけどねw)

オーストラリア,セカンドワーホリ体験談,ダーウィン,仕事

ダーウィンに到着してから今日までの出来事についての体験談も兼ねて書いておきたいと思います。

もし、現在オーストラリアでワーホリをしている方や、ワーホリに行く予定の方で「ダーウィン」に興味がある方の何か参考になればと。

 

まず始めにした事は・・・

ダーウィンに来てまず始めにした事は、もちろん仕事探しです!

到着した次の日からレジェメを配り歩き始めました。

今回、狙っていたのはホテルでの仕事だったので、まずは市内にあるホテルから回って行きました。

取り敢えず、空港でダーウィンの地図をゲットしていたので、それとGoogleマップを駆使しながら歩いて回れる所は全て制覇しました。

ダーウィン市内だけでも、約20件以上あるのでチャンスは多いですよ!

そして、レジェメを配り始めてから、3日後・・・・。

 

「遂に、一つのホテルから電話を頂き面接をしてもらえる事になりました!!」

ケアンズの時とは大違い! まさかこんなに早く何かしらのアクションがあるとは予想もしてませんでした!

そして、嬉しいことに、面接したその日に仕事が決まりました!

ちなみに仕事はホテルでのハウスキーピングの仕事です。

 

やっと仕事が見つかって、一安心と思っていたら、人生そんなにうまくはいきませんね。

仕事が決まった時に、毎日仕事が出来るのかと思っていたのですが、蓋を開けてみれば週4日しか働けないと言う事が判明!

なので、今現在もう一つ仕事を探す事にしました。

他のホテルで働いてる人の話を聞く所によると、週6日とか5日は働けるようなのですが、こればっかりは「時期」「ホテルの規模」「従業員の数」などによって変わってくるので一概には言えませんが、その時の状況次第とのこと。

そして、仕事探しと平行して、住む場所も探していました。
ダーウィンに到着してからは、「YHA」に宿泊していたのですが、宿泊代がなかなか高い!

「一泊32ドル、一週間で224ドル!!」

恐らくドライシーズンのダーウィンは何処のバッパーも「一泊30ドル」ぐらいが相場の様です。
ですので、シェアハウスに移る事にしました。

そんな感じで、ぼちぼち仕事をしつつ、もう一つ仕事を探しつつ、この1ヶ月を過ごしていました。

 

ダーウィンでの仕事に関して

ダーウィンでの仕事の給料について僕のわかる範囲で紹介したいと思います。

正直、僕もまだ1ヶ月しか滞在していないので、そこまで詳しくはないのですが、分かる範囲で書きたいと思います。

 

ハウスキーピング

 

ホテルでのハウスキーピングの仕事の時給の相場は、「平日で大体20ドル〜25ドル」ぐらいの様です。

そして、「土曜日」「日曜日」「祝日」とさらに時給が上がります。
時給30ドルと言うホテルもあるようです。

祝日は、「ダブルペイ」と言うことで、普段の給料の2倍になります!時給20ドルなら40ドルぐらいになります!!
その辺りは、ホテルによって、多少の差があるようです。(これはTAXが引かれる前の金額です。)

 

レストランでの仕事

 

レストランでの仕事の場合は、「大体17ドル〜20ドル以上」のようです。
正直、詳しいことは、まだ分からないのですが、お寿司屋さんなどでは「17ドル」ぐらいのようです。

因にお寿司屋さんとは言っても、大都市などにあるジャパレスとは少し違って日本人の経営ではないようです。
聞く話によると、殆どが韓国人のオーナーとのこと。

 

コンストラクションの仕事

 

コンストラクション(工事現場や道路整備関係の仕事)の仕事は時給が他の仕事よりも高いようです。

大体、「平日で25〜30ドル以上」と言っていました。
土日は基本休みのようなので、土日の手当はないと思われます。

しかし、一日の労働時間が8時間以上とか、仕事内容によっては、なんと「時給35ドル以上」と言う仕事もあるとのこと!

短期で、大金を稼ぎたいとお考えの方は試してみるのもアリですよ!

 

まとめ

ダーウィンは、比較的アジア人でも仕事が見つけやすい町だと皆言っています。
正直、英語が殆ど話せなくても、ハウスキーピングの仕事はゲットできるはずです。

っと言いますか、事実ゲットしてました!

殆ど英語が話せない人がホテルの仕事を最近見つけてたので、可能なのは間違い無いです!

ですが、その子が、どうやって仕事をこなしているのかは謎なのですが、ある程度は英語が話せる方が良いのは間違いないですけどね。

その他、レストランなどでも、ゲットしやすいと思います。
しかし、中には1ヶ月もの間仕事を探しているが、見つからないと言う人もいました。

その人は英語が全く話せないと言う訳ではないにも関わらずです。

そればかりは、時期とタイミングが悪かっただけなのかもしれませんが、その辺りは、何処の都市、町に行っても同じなのではないでしょうか?

それでも、ダーウィンでは、仕事は比較的見つけやすいのではないかと思います。
しかも、時給もけっこう高めの仕事を!!

それもあって、みんな時給の高い仕事を求めて、ダーウィンに来ているみたいです。

ただ、今まで会った人達の大半が、ダーウィンは何もやる事が無くてつまらない町だと言っています。他の都市よりも時給が高くて、仕事が見つけやすいから、お金を稼ぐ為に来ていると言う人もいるぐらいです・・・。

個人的には、皆が声を揃えて言う程つまらないとは思わないのですが・・・。

確かに小さい町だし。シドニーとかメルボルンなどの大都市に比べれば、娯楽施設も圧倒的に少ないのは間違いありません。

それでも、ファームの仕事をしていた時の様に、田舎の小さな町に比べれば、大分お店も充実していますし、大きなショッピングモールだって近くにあるぐらいなので、そこまでつまらないって事はないんじゃないかなぁ〜っていうのが個人的な感想です。

こんな感じて、かなり大雑把にダーウィンいついての情報を書いてみました。
これから、更に何か情報があれば、また改めて書きたいと思います。

何かの参考になれば幸いです。

補足

これは2016年〜2017年に2回目のワーホリに行った時の経験に基づいて書いています。

現在は、細かい変更などがある可能性がありますので、その辺りはご了承ください。

 

ワーホリセカンド体験談

次の体験談はこちらからどうぞ

現在、オーストラリアのノーザンテリトリーに位置する、ダーウィンと言う町にワーホリで滞在中。 前の記事でダーウィンに滞在して一ヶ月の状況について書いてから3ヶ月

前回の体験談はこちらからどうぞ

オーストラリアのケアンズに到着して、1ヶ月と2週間が経つ。 まさか、1ヶ月以上滞在するとは思ってなかった・・・。 前の記事で、でホテルの面接の事を書きましたが、
スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。