これからワーホリに行こうと考えている方は要注意!ワーホリに行っても英語環境を作るのが難しい理由

スポンサーリンク
ワーキングホリデー,体験談,海外,英語学習

 

これからワーホリに行こうと考えている方、もう来月には行く予定だと言う方!
ワーホリに興味がある方。

ワーホリで、海外に行けば英語が上達する、海外の友達を沢山作ることが出来る、毎日、英語を話す環境に身を置く事が出来る!なんて考えている方もいるんじゃないでしょうか?

 

この際なのではっきり言わせて頂きます!

 

そんな事はありません! 幻想です!

 

英語が上達する事も、海外の友達を沢山作る事も、四六時中英語を話す環境に身を置けることも、はっきり言って、ただワーホリに行くだけでは、確実に無理です!

これまで、オーストラリアに約1年ワーホリに行った時、そして、2016年現在オーストラリアにワーホリ中の僕の実体験でもあります。

っとは言ったものの、絶対に無理とは言いきれませんけどね

たまたま、いい出会いに恵まれたとか、自分の理想としてた環境に身を置ける事も勿論あります。

しかし、なかなか自分の理想としてる環境に身を置くには、それなりに行動しなければ難しいと言うのが僕の今の考えです。

その理由を僕の実体験を交えながら紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

僕の現在の環境について

ワーキングホリデー,体験談,海外,英語学習

 

前の記事、でも書きましたが、現在オーストラリアにワーホリ中です。
そして、今ダーウィンと言う町に滞在しています。

ここで、仕事が見つかったので、しばらく滞在する事に決めたのですが、正直、今の環境には満足していません。

もちろん全てにおいて満足の行く環境にする事は難しい事だと思いますし、ある程度は妥協しなければいけない所も、もちろんあると思います。

人によって、どう感じるかは違うと思いますが、現在僕はシェアハウスに住みながらホテルでのハウスキーピングの仕事をしています。

仕事もあるし、値段が高いバッパーなどに宿泊ではなく家賃も安いシェアハウスに住んでいるのなら、「シェアメイトと一緒にわいわい楽しく毎日を過ごしているんじゃないの?」
などと思われるかもしれません。

しかし、人間欲深いもので、更にいい環境を求めてしまうものです。

 

どの辺りが満足いかないのか?

まず、仕事に関してですが、働く日数・時間が短いと言う点が一つ。

本当は18時間労働、週6日は働きたいなぁって言うのが理想。

現在は、パートタイムで働いてる感じですね。
稀に週3日しか働かない時もありますし。

これは、働きだしてから知った事なので、何とも言えないのですが、この先働ける日数が増えるか、または他の仕事が見つかれば恐らく解決する事かなと。

ただ、これに関して少し違う考え方をすると、そこまで長時間働かずに、生活費は稼げますし、そこまで贅沢しなければ少しはお金を貯める事も出来るので、以外と贅沢な生活なのではないかと思ったりもします。

それに、もう一つ仕事をしたら、今度は休みが欲しいって思うのは想像出来ますしね。

そして、「ハウスキーピングの仕事は余り人と話す事が少ない!」ってのが2点目。

これは、始めからわかってた事なのですが、やはりいざ働きだすと気になってしまうんですよねぇ〜。

それでも、一緒に働いてる人達と仲良くなったりすれば、それなりに会話もするだろうし、一緒に何処かへ出かけたりするだろうと少しは期待していたのですが・・・。

 

やはり、そう簡単に期待通りにはいかないものです・・・。

 

仕事中も必要最低限しか会話はしないし、仕事が終われば直にみんな帰宅するし。

 

「意外な程、接点がないんですよねぇ〜」

 

それに、僕も含め働いてる同僚はみんなワーホリで来てる人達で、英語もそこまで話せる訳ではないので、英語環境と言う点では何とも言えないのが正直な所でもあります。

それもあって、もう一つ違う仕事をしたいなぁと考えています。

 

次にシェアハウスについてですが、これも仕事と殆ど同じ理由なのですが、常に英語環境で生活しているとは言えないのが現状です。

シェアメイトはネイティブの人はいないですし、英語での会話は苦手なようで、余り会話をする事がありません。殆ど、母国語で話しています。

僕も、もし日本人の人がいたらもちろん日本語で会話をするので、しょうがないとは思いますし、常に英語環境を作るっと言う事に関して言えば正直微妙な所です。

その辺りはこの先、まだダーウィンに滞在する予定なので、どうしようか考え中です。

これらが、ワーホリにただ行くだけじゃ英語環境を作るのがなかなか難しいと言う理由の一つです。

 

どうすれば英語環境を作れるのか?

 

答えは簡単!! 行動あるのみです!!

 

例えば、

  • 仕事場で無理ならば、仕事場を変えてみる、または、他の仕事場でも働く。
  • シェアハウスが無理ならば、シェアハウスを変えてみる。
  • 思い切って町を移動してみる。
  • イベントなどに参加してみる。
  • 自分からどんどん話かける。

などなど、やり方は色々あるのではないかと思います。

仕事やシェアハウスを一度決めてしまうと、直に変えると言う事が難しい時もあるかと思います、でもワーホリと言う限られた期間の中で、いつ変わるかも分からない周りの環境の変化を待つのではなく、自分で行動する方がいいのではないかと思います。

その辺りは、自分の判断になりますが、どうしても我慢が出来ないとか、絶対に英語環境を作ってやる!って思っている方は、直ぐに行動するべきだと思います。

 

なんて偉そうに言っていますが、僕自身もそこまで行動していないのが現状で、説得力があまり無いかもしれませんね。

もし、言い訳をいわせて貰えるならば、正直そこまで英語環境にこだわっていないのが現状です。

もちろん常に英語環境に身を置きたいと思う気持ちもありますが、1回目のワーホリの時よりもそこまでこだわらなくなっている自分がいるのも確かです。

ただ、自分が楽しく、そこで過ごしていて気持ちがいい場所で働きたい、住みたいなと最近思っているのです。

それでも、最低限の行動はしているつもりです!

常に他によさそうなシェアハウスをチェックしたり。

仕事に関しても、市内はもちろん、少し市内から離れた町まで渡して歩いていますし(毎日ではないですが)ネットでも、履歴書を送ったりしています。

こればっかりはタイミングだと思うので、その内連絡が来ればいいなぁって思ってしまう部分もありますが、常にアンテナは立てているつもりです。

 

まとめ

 

ワーホリに行くにあたっての注意点などは、他にもあるかと思いますが、今回は、ワーホリ行けば絶対に英語環境を作る事が出来ると思うのは少し注意した方がいいと言う点です。

海外に行きたいと思う理由は、人それぞれあるかと思います。
サーフィンをしに行きたいとか、しばらくのんびりしたいとか。
まぁいろいろですね。

そういった理由ならば、英語環境を作る事については気にならないかもしれませんが、
もし英語を勉強していて、もっと英語力を上げる為に海外に行きたいと考えているのならば、その辺りも知っておいた方がいいのではないかと。

もし、英語力だけを伸ばしたいと思っているならば、ワーホリではなくて語学留学で最低でも数年は勉強に集中した方が、ワーホリに数年行くよりも短期間で英語力を上げる事が出来るのではないかと思いますよ。

僕自身、英語の勉強だけを数年間集中してやった事がないので、はっきりとは言えませんが、現時点ではそう思っています。

一様理由を挙げておくと、ワーホリだと英語を使わない時間・期間が語学留学で学校に行っているよりもあるとあります。

身を置いてる環境にもよりますが、やはり「学校に毎日通って」「英語で従業を受けて」「学校の後も友達と遊びに行ったり」「家で勉強したりする時間」は圧倒的に違いがあると。

それに、もしワーホリでも毎日英語を使う環境を作れたとしても、「シェアハウスのシェアメイトや仕事場の同僚、上司などが英語を教えてくれる事は殆どないと思っていた方がいいでしょう」

多少間違った英語でも、仕事や会話に支障がなければ、わざわざ正しい英語に直す必要もありませんし、その都度直されてたら仕事にも会話にも支障がでると思います。

勿論、英語に関して分からない事があれば、聞けば教えてはくれると思います。
しかし、僕たちが日本語を教える事が難しいように、英語のネイティブの方達だって英語を教える事は難しい事なのだと思います。

ですので、やはり学校に行く方が英語の勉強という点では効率がいいのではないかと思う理由です。

自分の間違えにも気付く事だできますし、それを直してくれますし。

違う意見も挙げれば語学学校に通っても「日本人が沢山いれば英語を話す事が難しんじゃないか?」っと言った事も良く聞きますが、その辺りは自分の行動次第でなんとかカバー出来る事ではないかと思います。

結局は、自分の行動次第で状況も環境も変える事が出来るかもしれないと言う事ですかね。

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください