シドニーでアルバイト体験! オーストラリアのワーホリでの初の仕事! どうやって仕事を見つけたのか?

スポンサーリンク
ワーキングホリデー,オーストラリア,体験談,英語学習,学習日記

今回は、シドニーでの初アルバイトの体験です。

 

語学学校に通い始めて3週間位がすぎた頃、そろそろアルバイトをしようと思い仕事を探し始めました。

最終的に、「3カ所のお店」で働かせていただきました。

 

 

スポンサーリンク

シドニーで初の仕事先は?

シドニーで働かせていただいたお店の詳細をご紹介します

 

シティにあるラーメン屋さん

 

一番始めに働かせて頂いたのが、ラーメン屋さんです。

実は、その時が人生初の飲食店でのアルバイトだったんです!
ですので、日本の飲食店のアルバイトと比べる事ができないのが残念。

初めに、気になる時給は言うと時給11ドル

日本円で1ドル100円だとすれば「時給1100円」ですが、

そう考えると、それほど悪くはない時給だと思います。
ですが、オーストラリアでは大分低い額です。

はっきり言って最低賃金以下です!

たしか、最低賃金は「16・17ドル」だったはず。(2012年時)

そんな事は全く知らなかったので、仕事が無いよりはマシだと思って割り切って働きました。
しかし、そこのお店の人と馬が合わず、申し訳なかったのですが一週間で辞めさせて頂きました・・・。

そんな訳でまた、仕事探しを始めました。

 

ボンダイジャンクションの回転寿司屋で働く

 

そして、次に働かせていただいたお店は、

ボンダイジャンクションにある回転寿司屋さんです。

そこでの時給は、なんと「時給13ドル」

少し上がりました!

最終的に、そこでは2ヶ月程働かせていただきました。

労働時間は、大体週5日、一日5時間ぐらいです。
たまに土日も働きました。

その頃は、昼間は語学学校に通っていたので、夕方からしか働けなかったのでいつも帰りが遅くなりがちでした。
しかし、それだけの時間働く事ができるならよっぽど無駄遣いをしない限りその収入だけで生活する事が出来ましたよ。(シェアハウスの家賃・交通費・食費など)

 

地元の車屋で働く

 

最後にシドニーでした仕事は車屋さんです。

そこは、オーストラリアの方が経営されている車の修理工場で車の整備の仕事をしていました。

ちゃっかり地元の職場で働いちゃいました。
その頃はまさか、働けるとは思ってなかったのでビックリでした!

だって英語が全くできなかったですし、ボスや従業員の方達の言っていることが全くわからない状態でしたので・・・。

しかし、そこでは時間の関係で学校終わった後に働く事は出来なかったので、残念ながら毎週土曜日しか働く事はできませんでした。

それでも、土曜日だけ働いて「100ドル」頂いてました。

今考えると、車の整備士としては時給は低いですが、その頃の僕からしたら地元の会社で働けただけで満足してましたw

 

シドニーでアルバイトの探しかた

アルバイトの探し方は実は、日本とそれほど変わりません。

僕が実際に実践していた方法をご紹介します。

 

ジャパレスの仕事の探し方

 

僕はまずインターネットでオーストラリアのジャパレスを検索するところから始めました。

そして、ジャパレス一覧がのっている評価サイトを見つけ出しそこに電話番号があるのでそれをみて電話をしまくりました。

あとは日本と一緒です。

面接をしてもらい、雇って貰えるのかどうかを判断してもらいます。

実はちゃんとした求人を見たのではなくお店の紹介をしているサイトや評価しているサイトがあるのでそれを参考にして探しました。

 

面接は日本語or英語

 

ジャパレスは大体、日本人の方達が働いているので全て日本語でOKでした。

しかし、日本人がいないジャパレスも中にはあります。
その時はもちろん英語で面接です。

その他の探しかたとして、日本語の掲示板にも求人があるのでそこで求人募集を見て探す事もできます。

または、語学学校などでも知り合いからの紹介で仕事が見つかるなんてこともよくありますよ。

 

車の修理工場での仕事はどうやって見つけたのか?

 

車の修理工場での仕事もジャパレスと同じような方法で見つけました。

インターネットでシドニーの修理工場を検索し、お店の場所の地図をプリントアウトます。
あとは片っ端から履歴書を持ってお店に直接突撃しまくりました。

実は始めは電話をして働かせて貰えないか聞いていました。
ですが、電話では相手の言っている事が全く分からなかったのと、僕がうまく英語で会話出来なかったので直接履歴書を持って行って突撃する作戦に切り替えました。

後は、運次第です。

今思うとこの時は、本当に運がよかったなと。

だって英語もろくに話せなかったのにまさか働かせて貰えるとは・・・・・。

あとは、 何よりも数をこなす事が一番大事です!

数打てば当たるではないですが、いつかきっと見つかるはずです!

 

まとめ

一言、言わせて下さい。

今まで一週間で仕事を辞めるなんてあり得ないと思ってました。
もちろんお店側からしてみれば、たった一週間で辞めるなんてかなり迷惑な話です。
もし僕が経営者だったら、

「はっきり言って激怒しますね」

しかし、だからと言って我慢して毎日文句を言いながら働き続けるのもどうかとも思ってしまいます。

折角ワーホリで海外に来ているのに毎日文句を言いながら、嫌々働いてそれに時間ばかりを取れてしまうのはもったいないです。

「もっと時間を有効的に使う方がいいと思いませんか?」

だからと言って日本じゃないから直ぐ仕事を辞めたり、適当に働くのも良くないですけどね。

僕が偉そうに言える事ではないのですが、「やるからにはしっかり働く!」それが基本です!

少し矛盾しているかもしれませんけどね。

でも、これからは僕が実際に働いてみて思った事です。

補足

これは2012年〜2013年にワーホリに行った時の経験に基づいて書いています。

現在は、細かい変更などがある可能性がありますので、その辺りはご了承ください。

ワーホリ体験談

次の体験談

次の体験談はこちらからどうぞ。

シドニー生活も3ヶ月経過した頃、ちょっとした問題が発生しました。 僕はいつも通り学校やアルバイトで忙しい日々を送っていました しかし、最近シェア先の

前回の体験談

前回の体験談はこちらからどうぞ。

まず、初めに言わせください! 海外で語学学校に行くのって、想像以上に楽しかったです! 日本の学校とは全然違いますし、何よりも雰囲気が楽し
スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。