西オーストラリアの町パースに到着! ついに無計画のラウンドがスタート!! 少し浅はかだったかな・・・

スポンサーリンク
オーストラリア,ワーキングホリデー,体験談,英語学習,学習日記

 

シドニーから飛行機で約5時間、ようやくパースへ到着した(´∀`)

空は今まで見た事がないぐらい青かった。

 

しかし、無事に着いたはいいものの到着してすぐに、自分の計画性の無さにつまずくことに・・・

実は、今までに日本でも旅行をした事がなかった僕、空港に着いてまずどうすればいいのか分からなくなる。

そして、ベンチに座り1人不安になる(;´Д`)

 

何故そんな事になったのか?

 

本当に何も計画していなかったのだ・・・・

泊まる宿も決めてない。

何処に行こうかも決めてない。

何があるかも調べてない。

取り敢えず、行けばなんとかなるだろうと思っていたのだ・・・・
そして、空港のベンチで考える事数十分、ふとある物が目に入った。

パンフレットたちが並ぶ棚だ。
棚に近付き、それらを手に取ってみる。
その中には日本語のパンフレットもあった。

それらを眺める事数十分・・・
パンフレットたちを握り締め、ベンチからやっと立ち上がる。
ただ座っていても誰も助けてはくれない、まずは町の方へ向かう事にした。

って今考えると、普通の事なんだよなぁ(;´∀`)
空港に着いてから町に向かうって・・・(笑)

そして、インフォメーションセンターのお姉さんにどうやってシティに行けばいいか訪ねてみる事に。

シャトルバスが出ていと言うので、それに乗る事にする。
値段は確か20ドルぐらい。

しかも、そのシャトルバス自分が泊まる予定の宿の前で下ろしてくれるというサービス付きだったのだ!

後から知った事なんだけど、シャトルバスは基本的に事前に予約が必要らしい。
あと他に市営のバスがあり、5ドルぐらいで空港からシティまで運行していとのことだ。

そして、何はともあれ無事シティに着く事ができた。

でも、まだ不安は治まらない。

そう、今日泊まる宿がまだ見つかってないのだ!
なんとかして宿を探さなくてはいけなかった。

取り敢えずシャトルバスの運転手さんにインフォメーションセンターで下ろしてもらう。そこで宿について情報収集する事にした。

市内の地図をもらい、宿の場所を教えてもらい一番近いバックパッカー宿に向かった。

 

しかし、ここでまたもやつまずく事に・・・

 

始めに行ったパッパーでは既に部屋がいっぱい・・・

 

じゃあ次はどうだ?
2件目もいっぱい・・・

 

ん??

このパターンはまさか・・・・(;´Д`)

 

シドニーでの失敗の事が思い出される・・・

 

などと思って向かった3件目・・・

 

部屋が空いてたぁ(∩´∀`)∩ワーイ

マジでよかったぁ〜(´Д`)ハァ

でも、宿代が高い!

一泊32ドルだって(゚д゚)!

シドニーに比べると確実に値段が高かったのだ。
これも後で知ったのだが、オーストラリアの東側よりも西側の方が物価が高いらしい。

だから、取り敢えず2泊だけする事にした。
そして、無事チェックインをする事が出来た(´∀`)

ようやく、背中に背負っている思い荷物を下ろす事ができた。

しかし、これからまた不安に襲われるなんて、この時は思いもしなかった・・・

 

補足

これは2012年〜2013年にワーホリに行った時の経験に基づいて書いています。

現在は、細かい変更などがある可能性がありますので、その辺りはご了承ください。

 

スポンサーリンク

ワーホリ体験談

次の体験談

次の体験談はこちらかどうぞ。

パースに到着してまず思った事は、”なんかけっこう新しい建物が多いなぁって” 駅のホームやその周辺などやたらと工事している印象だった。 しかも、ビルや建物

前回の体験談

前回の体験談はこちらからどうぞ。

いよいよ、僕のオーストラリア ワーホリ生活で一番楽しみにしていたイベントが始まります! 4ヶ月間、シドニーでの語学学校生活が終わり、シドニーを出る事を決意しま
スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。