【まとめ】オーストラリアへワーホリに行きたいと考えているあなたへ、オーストラリアワーホリの概要がわかる!10ヶ月のワーホリの感想と体験談を全てまとめました!

スポンサーリンク
オーストラリア,ワーキングホリデー,まとめ,体験談,英語学習,学習日記

 

僕の1回目のオーストラリア ワーキングホリデーでの10ヶ月のまとめ記事です。

ワーホリ体験談、その他お役立ち情報をまとめました。

これからオーストラリアにワーホリに行かれる方、今ワーホリ中の方になにか少しでもお役にたてれば幸いです。

 

スポンサーリンク

オーストラリア ワーキキングホリデーを振り返って

僕のオーストラリア ワーホリでの10ヶ月間を振り返ってみての感想は。

 

「実感があまり湧かない1年でした!」

 

いい事も、嫌な事もありましたが、毎日がすごく楽しかったです。
そして、毎日新しい事の連続で刺激的でもありました。

仕事、出会う人達、言葉の違い、訪れる町、文化の違いなどなど、今までに海外に行った事がなかった僕には、「全てが始めての体験です。」

今でも今までのワーホリ生活が夢だったんじゃないかと思うぐらいです。

でも、それは始めの内だけです。

不思議なもので人間慣れてくると、それが普通の事になります。
今まで経験した事がない事に対して、始めは何でも刺激的で興味津々です。
楽しいに決まっています。

でも冷静に考えてみると、それは日本にいても同じではないかと思うのです。

例えば日本でも、

「全く経験がない仕事をする事だってあります」

「全く知らない土地に行く事だってあります」

「全く知らない人との出会いもあります」

「言葉は基本は同じですが、地域ごと方言があります」

「生まれも育ちも人それぞれ違います」

「それほど信仰がないとは言え宗教だってそれぞれ違います」

「流石に、文化・歴史はある程度共通していると思いますが」

 

なにが言いたいかと言うと。

日本にいようと、海外にいようと、「基本は同じと言う事!」

結局は「自分は自分なんだと言う事です」

海外に行ったからといって、基本的な部分は変わらないと。

よく、海外に行けば人生が変わるとか、人間変わるなどと言う話を聞きます。
僕もそういう事があるんだなぁって思っていました。

でも、それって自分自身が変わろうとして、自分自身で変わったんじゃないのでしょうか?

確かに、周りの環境にも影響される事もかなりあると思います。

しかし、最終的にどうなりたいかは、自分自身が決めるんじゃないでしょうか?

なので、海外だろうと、日本だろうと自分が変わろうと思い、努力すれば変わる事が出来ると言う事だと。

 

「じゃあワーホリに行く意味あるの?」

って思うかもしれません。

 

僕はそんな事はないと思います。

やはり、日本とオーストラリアを国として比べると大分違います。
言葉、文化、宗教、生い立ち、歴史、などなど。

そんな、全く違う国に行く事によってかなり強い衝撃を受ける事は間違いないです。

間違いなく化学反応を起こすと思います。
それか、拒絶反応かもしれませんが・・・。

もちろん、日本にいても同じかもしれません。
でも、受ける衝撃の強さが大分違うと僕は感じました。

そんな強い衝撃を受ける事によって、強制的に自分の中の何かを変えられてしまうかもしれません。
考え方、行動など色々と。

そうなる事によって、今までとは違う新しい自分が発見出来るかもしれない。
出来ないかもしれない。

 

「それは、やってみなければ分かりませんけどね!」

 

あとは、その化学反応を本人がどう受け入れるかによっても違うと思います。
海外での、そして日本での経験、知識などを自分の血肉として受け入れるか、受け入れないかで大分変わってくるのではないかと。

いい方向に受け入れる事もあれば、良くない方向に受け入れる事だってありえます。
そう考えると、絶対にワーホリをやった方がいいとは一概には言えないかもしれません。

しかし、人生1回ぐらいは経験してみるのいいじゃないかと言うのが僕の考えです。

 

なんて事を書きましたが、今現在僕自身しっかりワーホリでの経験を自分の血肉に出来ているのかは分かりません。

っというか、1年目のワーホリが終わった時点で正直なところ地に足がついたいない感覚に陥っていました。

現実味がない感じでした。
それぐらい、僕にとっては衝撃的な体験だったのだと思います。

ですが、僕はワーホリに行った事を後悔はしていません。
行ってよかったです。

この経験がこれからの僕の人生でどういう影響を与えてくれるのかは分かりません。
今も経過観察中です。

 

よく、「ワーホリに行く奴はダメだとか、結局遊んでるだけだろ?」とか「行くだけ無駄」などと言う意見も耳にします。

確かに、僕もこの意見は全て否定する事も肯定する事も出来ません。
実際、そういう人がいると思いますから・・・

でも、この意見って少し難しいと思います。

「何がダメで、何がダメじゃないのか?」

 

例えば、

ワーホリに行って、帰国後しっかり仕事をしている人はダメなのか?

日本に住んでいて、仕事をしていない人はダメじゃないのか?

などなど、言い出せば限りが無いですが・・・。

 

でも、それは別にワーホリに行くからって事とは関係ないと思います。
だって、ワーホリに行く事自体は別に悪い事ではなくないですか?

もう一度言いますが、

「結局はその人自身の問題!」

 

僕が言いたい事は、「興味があるならばやってみるのもいいんじゃないって事です」
周りの意見ばかりに流されるのではなくて。

やってみてダメだったならば、また違う事をやってみる。
人生、その繰り返しじゃないのかなと。

 

こんな感じで、これが僕のオーストラリア ワーキングホリデーを振り返ってみての、今現在の感想です。

一言にまとめると、

「とにかく全てにおいて衝撃的で、夢のようでした」

 

最後に言葉を借りると、

「やるか・やらないかは、あなた次第ですよ!」

補足

これは2012年〜2013年にワーホリに行った時の経験に基づいて書いています。

現在は、細かい変更などがある可能性がありますので、その辺りはご了承ください。

 

 

ワーホリに行くと決意するまでの思い・考えについて

ワーホリに行くまでの思い、考えについての記事です。

僕は2012年にオーストラリアへワーホリに行ってきました。 期間は約10ヶ月です。本当は1年間丸々いる予定だったのですが、個人的な事情で10ヶ月で帰国と

 

オーストラリアにワーホリに行く事を決断するまでが本当に大変でした。 決断するまでに恐らく数年はかかりました。 僕はワーキングホリデー(ワーホリ)でオース

 

ワーキングホリデーに行きたいけど・・・ どうやって行けばいいの? 誰かに頼めばいいの? などなど、色々と疑問があると思います。 そこで、僕が

 

ワーキングホリデー制度について

ワーキングホリデービザ、オーストラリアのセカンドワーホリビザについての記事です。

海外留学,ワーキングホリデー,ワーホリ,海外英語,学習学習,日記,英語,勉強,日記,ブログ
皆さんワーキングホリデー制度ってご存知ですか? 恐らく聞いた事がある方は沢山いると思います。 それに、周りもにその制度を使って海外に言った事がある方もいる

 

皆さん、オーストラリアでは2回ワーホリができるって知っていますか? その名も、 「セカンドワーキングホリデービザ」 ワーキングホリデービザは前の記事、

 

オーストラリア ワーホリ 費用・持ち物について

オーストラリアへワーホリに行った時の費用・持ち物・稼いだ額についての記事です。

「オーストラリアにワーホリで生活するのって費用はいくらぐらいかかるのだろう?」 僕も、ワーホリを利用してオーストラリアに行く前に一番と言っていいほど気になった部分です

 

悩む持ち物リスト。何を持っていこう? ワーキングホリデーに行く予定だけど、何を持って行こうか悩む所! あまり沢山持って行くのは荷物になるし、かといって少ない

 

オーストラリア ワーホリ エージェントについて

オーストラリア ワーキングホリデー 留学エージェントについての記事です。

ワーキングホリデーを利用してオーストラリアに行こうと考えている、または予定している方へ。 長期で海外に行くとなるといろいろと準備や手続きが必要になります。 荷物

 

オーストラリア ワーホリ体験談

オーストラリア体験談全ての記事はこちらからどうぞ

オーストラリア ワーホリ体験談のすべての記事

体験談始めの記事はこちらからどうぞ。

皆さん、一生に一度は海外で生活して見たいと思ったことはないでしょうか? でも、「お金がかかるんでしょ?」「仕事を辞めなきゃいけないんでしょ?」などと言った理由

 

オーストラリア セカンド(2回目の)ワーホリ体験談

オーストラリア セカンドワーホリの体験談も参考にしてみてください!

オーストラリア セカンドワーホリ体験談(2016年〜1017年度)

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください