移動を決断する! 向かった先はRenmark(レンマーク)  果たして、移動して何か変化はあったのか?

スポンサーリンク
オーストラリア,ワーキングホリデー,ラウンド,体験談,英語学習,学習日記

 

Loxton(ロクストン)に滞在して、約2ヶ月経過した頃の事。

ファームの仕事はあるがあまり稼げずにいた。
そして、日本語を使う毎日。

そんな理由から移動を考えていた。

もしかしたら、もう少し滞在していたらもっと稼げるファームで働けたのかもしれない。

しかし、その保証はどこにもない。

英語を話す機会が殆どなくても別に困る事はない。
むしろ、みんな仲良く出来て楽しいぐらいだった。

でも、折角オーストラリアをラウンドしているし、英語の勉強もしているから英語も使いたい。

そう考えたら、移動してみたくなったのだった。

勿論、移動した所で仕事がある保証もないし、日本人がいないという保証もない。

でも、やってみなければ気が済まない性格のせいなのか、取り敢えずやってみる事にしたのだ。

これは、ある意味 ” 賭け ”だった。

 

スポンサーリンク

Renmark(レンマーク)を選んだ理由

実は前々から、他の町の情報、ファームの情報は色々あったのだ。

近くの町から流れてくる、ワーホリメーカー達、他の町に移動して行く人達から情報を得る事もできた。

そして、Loxton( ロクストン)に滞在していた時、よく話題に上がっていた町が、

Berry(ベリー)、Renmark(レンマーク)、Mildura(ミルデューラ)の3つの町だ。

他にもあると思うが、僕が滞在していた時はこの3つがいつも話題に上がっていた。

そして、3つの選択肢の内僕は、Renmark(レンマーク)を選んだ。

 

特別な理由はない。

 

しいて言えば、Berry(ベリー)にあるバックパッカーはいつも満室になっていると言う話だったので却下。

Mildura(ミルデューラ)は、少しLoxton (ロクストン)から距離が離れていたのと、シドニーで語学学校に行っている時に知り合った人達が行くと言う事を聞いていたので行くのを止めた。

そして、残るはRenmark(レンマーク)しか残っていないと言う事で、ここに行く事にしたのだ。

 

Renmark(レンマーク)ってどこ?

クリックすると拡大ページを見る事が出来ます。

オーストラリア レンマーク

 

上記に上げた3つの町は比較的近くにあります。

Mildura(ミルデューラ)だけは、Renmark(レンマーク)から更に東に向かった所にあります。

 

まとめ

この情報は僕がオーストラリアに滞在していた時(2012年時)の時の情報です。

もしかしたら今は状況が変わっているかもしれません。

それに、上記に上げた3つの町以外にもファームの仕事を紹介してくれるバックパッカーがある町もあるかと思います。

なにかの参考程度にして頂ければと思います。

 

補足

これは2012年〜2013年にワーホリに行った時の経験に基づいて書いています。

現在は、細かい変更などがある可能性がありますので、その辺りはご了承ください。

ワーホリ体験談

次の体験談

Renmark(レンマーク)で過ごした3ヶ月について。
移動してみてどうだったのか?

次の体験談はこちらからどうぞ。

早朝、僕はRenmark(レンマーク)行きのバスを待っていた。 遂にLoxton(ロクストン)を出発する時がきたのだ。 とは言え、バスで約30分も走れば到着

前の体験談

前回の体験談はこちらからどうぞ。

最終的に、Loxton(ロクストン)では約2ヶ月間過ごしました。 その間、本当に色々な事があった、良かった事も悪い事も・・・・。 その約2ヶ月間のLox
スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。