オーストラリアで初めてのシェアハウス探しについて!いい出会い、いい物件を求めてシドニーを歩き回りました!

 
公園

現在日本でもシェアハウスが知られるようになってきているようです。

ですが、まだ一般的とは言い難いです。

その反対にオーストラリアでは、シェアハウスは一般的です。

ワーホリの人だけでなく、学生、地元の人達の間でもです。

「そんな赤の他人と一緒に住むなんて無理!」と言う意見もあるかと思います。

そう言う僕も正直、抵抗はありました。

ですが実際にやってみると、僕が想像していた以上に快適でした。

もちろん、シェアメイトなど環境によっても違いはあると思いますが、

僕の場合は、意外と大丈夫だなと言う事に気がつきました。

ちょっと、抵抗があると言う方も、試しにやってみると意外としっくりくる場合があるかもしれません。

もし、機会があるならば、試してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアハウスの見学に行きます!

平日の朝の眩しい日差しを浴びながら、僕はバスへ乗り込んだ。

周りを見渡すと、これから仕事だと思われる外国人の方々が乗車してる。

僕は緊張しながら席に座って外の景色を眺めていた。

向かう先は、「Tempe(テンピ)」と言う町。

なぜ、その町に向かっているかと言うと、シェアハウスの見学の為。

そう、シェアハウス・・・・。

「いきなり、1人で部屋見に行くの!?」って思った方、そうです僕1人です。

オーストラリアに到着してまだ2日目、右も左も全くわかりません。(;´Д`)

ひたすら地図を見て回りをキョロキョロしています。

エージェントの人に電話して助けを求めても怒られるのは目に見えてます。

そんな感じで、かなり緊張しながら一軒目のシェア先へ向かったわけです。

「いきなりですが、ここで1つ質問です!」

このあと僕はどうなったと思いますか??

「もちろん、撃沈です!はい(; ́∀`)」

どういう意味かと言うと、シェアの見学先の人が何を言っているのかさっぱり分からないし、緊張で頭の中真っ白になってしまいました。

ちょっとパニクってましたね・・・。

自分で何言ってるのかすら覚えていません・・・そのぐらい、緊張しすぎました。

今まで外国人と英語で会話する機会なんて全くなかったので、ある程度予想は出来ていましたが・・・。

しかし、予想以上にヒドかった!

自分の頭の中では、もうちょっとマシだと思っていたからさらに恥ずかしい。(*´∀`*)

しかし、そんな事で落ち込んでいてもしょうがないので気を取り直して次のシェア先の見学に行く事にしました。

しかしですねぇ〜、人間ってすごいもので、その後何件か物件を見て回る内に慣れてくるものですね。

そんな感じで一週間ちょっとの間シェアハウスを見つける為に沢山の場所を歩き回りました。

そして、最終的に『Ashfield(アシュフィールド)』と言う所に住む事に決めました。

シェア先は、一軒家で親子3人で住んでいて、そこの一室をお借りさせて頂く事になりました。

ちなみに、Lent(家賃)は一週間 180AUD」

この金額は実は結構高いんじゃないかと思いました。

この一週間いろいろな物件を見て回った中で、100AUD』以下のシェア先もありました。

ですが、シェア先の人の雰囲気がいいなぁと思ったのでここに決めたのです。

これから、毎日の様に顔を合わせるんだから、雰囲気が良さそうな人の方がいいじゃん( ́∀`) っと言う単純な理由です。

これからワクワク、ドキドキのシェアハウスでの生活が始まります!

『さらに詳しいシェアハウスの探し方の記事はこちらで紹介しています。』

前の記事、 https://tatsukichi28.com/workingholiday-share-accomodation の記事でオーストラリア

 

補足

これは2012年〜2013年にワーホリに行った時の経験に基づいて書いています。

現在は、細かい変更などがある可能性がありますので、その辺りはご了承ください。

次のワーホリ体験談

目を覚まして、語学学校に行くための準備をする。 着替えを済ませ、朝食を食べる為にキッチンに向かった。 するとそこにはシェア先のオーナーのブレッドさん(
スポンサーリンク
公園

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!