遂にワーホリが始まった!初の飛行機、初の海外その心境は?

 
スタートの矢印

人生初の飛行機、初の海外。

初めて日本を出発する時、初めて海外の空港に降り立ったとき、皆さんはどんな心境でしたか?

想像してみてください。

特に一人で初めて海外に行くと言う場合は、周りに知り合いもいない、言葉も違う。

不安でいっぱいだと思います。

僕もそうでした。

しかし、その反面、開放感にも溢れていたと感じました。

そんな、気分を味わえるのは、これが本当のいいで最初で最後だと思います!

スポンサーリンク

遂にシドニー空港に到着!

2012年7月17日、午前10時頃

快晴の空の元、僕はシドニー空港に降り立ちました。
あの時見た空の色は普段日本で見ていた空よりも違う空に見えました。

「その時の興奮は今でも忘れません!!」

「うをぉぉぉぉ!!!海外キタァー(・∀・)」って感じでした。

勿論、こんなことは言ってませんよ・・・はい。

実は、かなり一生懸命、冷静を装っていましたw

っと言うか、ある意味恥ずかしがっていたとも言えますね。

なんと言うか、初海外で物凄く浮かれていたのには違いないのですが、それを外に出すのが恥ずかしかったんですよw

でも、何はともあれ開放感は半端なかったのは忘れられません。

それもそのはず、フライト時間は約10時間30分、この時が僕の人生初の飛行機でした。

そして、初海外!

出発の時間になるまでに、何回もお手洗いに行くわ、周りをキョロキョロしているわで今思うと「少し挙動不審だったなぁ〜」って思います・・・(汗)

それぐらい緊張していたし、不安だったんですねw

しかも、人生初飛行機で慣れていないのにも関わらず「東京成田空港→ケアンズ空港→シドニー空港」と乗り継ぎ便を選んでしまったと言う・・・。

正直に言うと、飛行機に乗るのも心配だったのに「乗り継ぎなんてすればいいんだ?」って感じでした・・・。

もう、全てにおいて心配で心配で常に心臓バクバクでした!

まぁ、結果的に何も問題なく乗り継ぎも無事できたんですけどねw

そして無事シドニーに到着する事ができました。

しかし、もう1つ心配事がありました。

それは、入国審査という難関です・・・・。

「何が難関なのか?」って思う方もいるかと思います。

それは、「入国審査の際の質問が英語って事です!!」

勿論、日本を発つ前にどんな事を聞かれるのかを下調べしていましたし、なんて答えていいかの予習もしました。

「実は、密かに練習もしてたりしてw」

にもかかわらず、入国審査の時の検査官の前に立った際、緊張して頭真っ白・・・・。

予習した事全部忘れる始末でしたね。

でも、最終的には緊張とは裏腹にあっけなく入国審査を通過出来た事に拍子抜けしましたけど。

いやぁ〜あの時は、本当に初めからいい経験が出来たと思いましたね。

そして、無事エージェントの方と会う事ができました。

そんでもって、いよいよ、オーストラリアのワーホリの始まりです!!

タツキチ
もう、ワクワクが止まらなかったです!!

次のワーホリ体験談

ハーバードブリッジ
年齢を重ねるにつれて、初めての体験という事が次第に減ってきます。 経験を積んでいると言う点では、とてもいいのですが。 どうしても、何度も経験する内に悲しい事に初
スポンサーリンク
スタートの矢印

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!