もし、「明日死ぬとしたら?」あなたは何をしますか? 大人になって改めて考えてみたお話

スポンサーリンク
明日死ぬ,人生,何をする?

もし、「明日死ぬとしたら?」あなたはどうしますか?

 

子供の頃や、飲み会などでの話題としてこのような話をした事がある方は多いのではないでしょうか?

誰しも一度は考えた事があるのではないかと。

寧ろ、考えた事がない人の方が少数派ではないかと思うぐらいですねw

 

先日、ふとした時になぜかこの質問が頭をよぎりました。

そこで、「今現在の自分ならどう答えるのかなぁ」っと興味が湧きました。

以前に考えていた答えと、今現在それなりに年齢を重ねてからの答えは違っているだろうなと。

 

スポンサーリンク

「もし、明日死ぬとしたら何をする?」の以前の答え

ちなみに、以前に何を考えていたのかは、かなりうる覚えですが多分こんなことでした。

  • 「どこかからお金をたくさん手に入れて使いまくる!」
  • 「寝る」

なんてことを考えていた記憶がうっすらとありますw

 

どこかからお金をたくさん手に入れて使いまくる!

 

どの年齢での答えかは完全に忘れましたが、

おそらく、子供の頃に「銀行強盗でもなんでもしてとりあえずお金持ちになって、自分の好きなものを買いまくる」と考えたのだと思います。

我ながら浅はかな答えですが、まぁそれが以前の僕と言うことでw

子供の頃はどうしてもお金も自由に使えないですし、自分の好きな時に好きなものをなんでも買う事ができないと言う理由からこのような事を言ったのかもしれないですねw

 

寝る

 

これは今でもはっきり覚えています。

僕が中学生の頃ですね。

質問は「もし、明日地球が消滅したら何する?」だったと記憶しています。
ちょうどアルマゲドンかそれに似た映画が流行っていたようないないような時期です。

 

「なぜこんなことを僕は考えていたのか?」

その理由ははっきりとは覚えていませんが、なぜか中学生の頃はもし死ぬなら安らかに死にたいと考えていました。

なので、自分が爆睡している間に地球がなくなるという状況を想像したのだと思いますw

そうすれば、安らかに苦しまず・恐怖に苛まれずに済むと思ったのでしょう。

別に死にたいとか考えていたわけでは決してありませんが、なぜか「もし死ぬなら苦しまずに眠るように死にたい」とそんなことも考えていましたw

ちょうどその頃は、「趣味は寝ること」と言っていたぐらい眠ることにハマっていた年齢なんですw

暇さえあれば寝ていた気がします。

 

今考えると不思議ではあるんですが、

寝ることによってみる夢に夢中になっていた記憶があります。

もしかしたら、現実逃避でもしかったのかもしれませんねw

 

「もし、明日死ぬとわかってしまったら?」と言う質問の現在の答え

じゃあ、今現在(2018年)年齢を重ねて僕は何を思うか?

明日死ぬ,人生,何をする?

まず、一番初めに頭に浮かんだ答えが、

「家族に会いに行く」

でしたね。

補足

このブログでも記事にしていますが、現在(2018年)僕は「カナダ」に滞在してます。

よくある答えかもしれませんが、今現在は結構リアルに考えられるなと。

今すぐカナダから日本への航空券を購入して日本に帰る自分の姿を想像してしまいました。
さらには、空港について家族の元へ帰る道順まで考えましたねw

もし、本気になって想像してしまうと泣いてしまいそうなぐらいリアルにw

 

まとめ

興味深いのが、年を重ねたことによってなのかはわかりませんが、リアルに「もし、明日死ぬとしたら?」という状況を考えてしまいましたねw

っというのも、強ちありえないとも言い切れないと思っているからですね。

人間いつ死ぬかなんて誰にもわかりません。

絶対に明日がくるという保証なんてありませんしね。

 

たまに夜寝るときに思う事があります。
「もしかしたら、このまま寝たらもう目覚める事がないのではないかって」

以前に、寝ることに恐怖を抱いとこともあったぐらいですねw

その点、明日死ぬとわかる方が心の準備ができるし、最後にやることを決められるという点ではある意味ラッキーのように感じます。

もちろん死ぬのは怖いと思っていますし、死にたいなんてこれっぽちも思っていません。
むしろ、死にたくないですw

ですが、いつかは死にますよね・・・。

それがいつの日なのかはわかりません。
冗談抜きで、明日かもしれませんし、数年後、数十年後かもしれません。

常にそんな事を考えていたら、毎日怯えながら過ごすことになりそうですねw

さすがに、それは頭がおかしくなりそうなので、明日があるのは当たり前という前提で毎日を過ごしているわけです。

ですが、もしリアルに「明日には死ぬ」という状況になってもいいように悔いが残らない人生を、毎日を送りたいなと思ったというお話でした。

 

ちなみに、これは本心から言えているのかどうかはわかりませんし、実際にその状況になってみないとわかりません。

ですが、もし僕に明日までしか時間が残されていないとしても後悔は全くと言っていいほどないですね。

厳密には、やりたいことなどまだまだ山ほどありますし、後悔がないとは言えないかもしれません。ですが、今ならばその状況ですら受け入れられるような気がするなと。

もしかしたら、それぐらい一日を楽しく・後悔のないように生きているのかもしれないなと。
それか、ただ単に諦める事ができるだけなのかもしれませんけどねw

 

余談ですが、以前に窪塚洋介作品にハマっていた時期があるのですが、その中の「ロングラブレター」というドラマの中での一言が未だに頭に残っています。

 

「今を生きろ!」

 

僕の好きな言葉の一つですねw

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください