謎の空中都市マチュピチュ観光 1ヶ月の南米旅行 〜ペルー旅行記〜

スポンサーリンク
南米旅行,旅行記,ペルー,マチュピチュ

以前の記事、「世界遺産の街クスコ観光 1ヶ月の南米旅行 〜ペルー旅行記〜」で「世界遺産の街クスコ」の観光についてお伝えしました。

世界遺産の街クスコ観光 1ヶ月の南米旅行 〜ペルー旅行記〜

2018.07.16

そして、以前にもなんども書いていますが「クスコ」に来た目的の一つとして、「マチュピチュ」に行くことが挙げられます。

さらには、今回の南米旅行の目的の一つともいえます。

誰もが一度は訪れてみたいと思う場所、「マチュピチュ」

僕も例に漏れず、いつかは忘れましたが、テレビや漫画などで見た「マチュピチュ」と言う場所に、生きているうちには一度は訪れたいと思った一人です。

そして、それがついに現実のものになったと言うことですねw

そんな、「マチュピチュ」の観光についての記事です。

 

スポンサーリンク

謎の空中都市マチュピチュに行くにあたって

南米旅行,旅行記,ペルー,マチュピチュ

さて、そんな「マチュピチュ」観光についてですが、空中都市と言われるだけあって本当に辺鄙なところにそれはあります。

っと言うか、かなりの山奥ですねw

っとはいえ、かなり人気の観光地ですので、様々なルートがあり、簡単なものから、時間がかかり大変なものまであります。

それに、観光客も多いですし、物価も高いです・・・。

「マチュピチュ」への入場料やそれまでの交通費、宿代、レストランでの食事など、比較的物価が安い南米のはずが「マチュピチュ」だけは全く別物です。

それでも、一度は訪れてみたい場所でもありますね。

そんな「マチュピチュ」に行くにあたって準備が必要なのですが、大雑把に4つのことを考える必要があります。

その4つというのが、

  1. 「マチュピチュ」の入場券の購入
  2. 「マチュピチュ」までの移動手段
  3. 「マチュピチュ」での宿
  4. 「マチュピチュ」でのガイドについて

です。

「マチュピチュ」の入場券の購入について

「マチュピチュ」の遺跡に入るあたって必ず必要になります。

入場券の購入にあたって、僕が訪れた時(2018年6月)には、午前と午後の部とで時間が分かれていました。

ですので、午前か午後どちらかを選ぶ必要があります。

金額は、

  • マチュピチュ遺跡のみのチケット: 「152ソレス」
  • マチュピチュ遺跡とマチュピチュ山 : 「200ソレス」
  • マチュピチュ遺跡とワイナピチュ山:「200ソレス」

*2018年6月時点

でした。

ちなみに僕は、「マチュピチュ遺跡」のみのチケットを購入しました。

っというか、それしか購入できませんでした・・・。

っというのも、「マチュピチュ山」と「ワイナピチュ山」には人数の入場制限があります。特に「ワイナピチュ山」の方は入場制限が少ない上に、人気とのことなので事前の予約が必要になるとのことです。

僕は、初めから「マチュピチュ遺跡」しか行くつもりがなかったですし、事前に購入して予定を変えられないのが嫌だったので、事前に購入はしませんでした。

 

そして、その購入方法もいくつかあります。

  • 「クスコ」か「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」のチケットセンターで購入
  • インターネットで購入する
  • 旅行代理店にお願いする

「クスコ」か「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」のチケットセンターで購入

「クスコ」と「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」に入場チケットを購入するオフィスがあるので、そちらで購入します。

僕は、「クスコ」のオフィスで「マチュピチュ」に行く2日前に購入しました。

その時点で「ワイナピチュ山」の入場券は購入不可。「マチュピチュ山」は確認するのを忘れました・・・。

クスコのチケットセンターの場所は、こちら

ちなみに、「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」のチケットセンターは、広場にあります。

 

インターネットで購入する

僕は、実際にインターネットで購入していないので、詳しい購入方法はわかりませんが、「ワイナピチュ山」などに登りたい場合は、事前購入が必要ですので、インターネットで購入する必要があります。

または、滞在期間が長ければ現地での購入も可能かもしれませんが、その辺りはなんとも言えませんね。

チケットオフィスの購入サイトから購入できます。

http://machupicchu.gob.pe/

代理店にお願いする

これが一番簡単な方法ですね!

入場券、宿、移動手段の手配などすべてお任せ。

簡単ですし、時間の節約にもなります。

僕が知る限りですと、日本からでも、現地でもツアーなどに申し込むことができるので、どちらでも好みの方法を選択すればいいかと思います。

ちなみに、「マチュピチュ」に行くだけでなく、「ジャングルツアー」っと言って、4泊5日ぐらいのジャングルを回るツアーもあり、ジャングルにも行けるし「マチュピチュ」にもいけるツアーなどあります。

 

「マチュピチュ」までの行き方

「マチュピチュ」に行くにあたって頭を悩ませたのが、「マチュピチュ」までの道のりです。

正直、現地に行く前に色々と調べてはいましたが、「マチュピチュ」までの行き方について様々な情報があってどうやっていけばいいのか今一はっきりしませんでした。

っといいますか、実際に「マチュピチュ」に行ってきたのに、今だにはっきりしませんw

ですので、僕が分かる範囲でご紹介します。

ちなみに、僕はできる限り自力で行く方法をとったので、バスなどの手配、「マチュピチュ遺跡」の入場券などはすべて自分でやりました。

もし、ツアーなどを利用する場合は、ツアー会社の方で全て手配してくれると思うので、この記事ではできるだけ自力で「マチュピチュ」まで行く方法についてご紹介します。

 

「マチュピチュ」を実際に見るには、どのルートを選択したとしても「クスコ」から「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで行く必要があります。

そして、その「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」に行くにあたってその方法は大きく分けて、「3つ」あります。

  1. 電車で「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで行く
  2. コレクティーボ(乗合バス)と徒歩、または電車で「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで行く
  3. 全て歩きで数日かけて「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで行く

1、電車で「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで行く

この方法が一番早く、簡単にいける方法です。その分、電車代などの費用がかかります。

そして、電車の乗る場所によっていくつか分けられます。

ペルーレイル」という電車を利用するのが一般的なようです。

「クスコのポロイ駅」から「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで(クスコから直行)

「オリャンタイタンボ」から「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで

「水力発電所」から「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで

などです。

金額も、片道「70ドル」または、「230ソレス」から「550ドル」または、「1800ソレス」と電車のグレードによって金額もかなり変わってきます。

金額や運行表は、ペルーレイルのサイトから確認できます。

ペルーレイル

インターネットでも購入できるようですし、現地のツアー会社や、駅で購入もできるので、予定が決まっていない場合は現地で購入する方がいいかと思います。

 

2、コレクティーボ(乗合バス)と徒歩、または電車で「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで行く

こちらは、僕が実際に選択した方法です。

もう少し詳しく説明すると、

「クスコ」からコレクティーボ(乗合バス)で、「水力発電所」まで行き、そこから「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで歩いて行きました。

そして、もう一つの選択肢として、

「クスコ」から「水力発電所」まで、コレクティーボ(乗合バス)で行き、そこから電車で、「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで行くという方法もあります。

 

僕が選んだ方法ですと、「クスコ」から「水力発電所」まで、乗合バスで約6時間ほどかかり、「水力発電所」から歩きで、約3時間ほど歩いて「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで行きます。

金額は、乗合バスの往復料金の「60ソレス(約2020円)」のみとなります。

ちなみに、乗合バスの予約は、そこら辺のツアー会社で予約しました。

 

「水力発電所」から電車で「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」に行く場合は、確か片道「35ドル」ぐらいだったと記憶しています。

僕が選んだ方法ですと、「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」に行くまで丸々1日必要になります。

移動費は安く抑えることができますが、時間が無駄にかかってしまいます。

それに、結構疲れますw  僕の正直な感想ですと、「水力発電所」から「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」までの道は比較的平坦なので、そこまで大変ではないですが、6時間のバス移動が何気にしんどかったですねw

その6時間のバス移動の後に3時間歩くって意外としんどいなっていうのが正直なとことですね。

ですので、この方法で行く場合は、「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」に最低でも1拍する必要があります。

僕は、1泊だとしんどいと思ったので、「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」に2泊しました。

 

3、すべて歩きで「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」で自力で行く

そして、「クスコ」から歩きで「マチュピチュ」まで行くこともできます。

こちらは、「インカトレイル」っという3泊4日のトレッキングツアーで行くことになります。

この「インカトレイル」は数日または数週間前からの事前予約は必要なのと、ガイドが一緒でないとダメとのことだったので、ツアー会社で予約する必要があります。

実を言うと、僕はこのトレッキングツアーに行きたかった・・・・。

実際に現地に行ってこのトレッキングツアーの存在を知ったのですが、みんな口をそれえて ”よかった!”っと言っていましたし、キャンプをしながら歩いて様々な風景を堪能したかったです。

ですが、今回は時間の関係で、行けなかったんですよねぇ〜・・・。残念・・・。

 

「マチュピチュ遺跡」までの行き方

南米旅行,旅行記,ペルー,マチュピチュ

マチュピチュ内を散策中に撮影!

「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」までやっとの事で到着したとしても、実はあの写真で見るような「マチュピチュの遺跡」があるわけではありません。

「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」からさらに「マチュピチュ遺跡」がある場所まで行く必要があります。

その方法として、2つあります。

  1. 「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」からバスで遺跡の入り口まで行く。
  2. 「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」から歩いて自力で行く。

です。

「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」からバスで遺跡の入り口まで行く

「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」から遺跡の入り口までバスが走っています。

バスのチケットは、現地でも購入できます。

金額は、片道「12ドル」でした。

「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」から歩いて自力で行く

「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」から遺跡まで全て歩きで行くことも可能です!

大体、片道ゆっくり歩いて約1時間30分程でいけます。

 

ちなみに、僕は行きは朝早く出発したかったので、バスで行きました。

そして、帰りは歩いて「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」まで下ってきました。

試しに帰りの道を歩いてみて思ったのが、当たり前ですが、バスで行った方が早いし楽でいいなということですねw

とはいえ、トレッキングなどが好きな方はゆっくりして歩きながら下るのもありだと思いますけどね!

 

「マチュピチュ(アグアスカリエンテス )」での宿

「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」で泊まった宿は、

ハトゥン ワシ マチュピチュ(Hatun Wasi Machupicchu)」っという宿です。

今回、「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」に宿泊するにあたって、現地に行ってから宿を探そうと考えていたのですが、乗合バスを予約するときに、そこのツアーデスクの方で宿も予約してくれるとのことだったので、バスの予約と一緒に宿も予約してもらいました。

場所は、こちらです。

宿泊費用

宿泊費用は、朝食なしで一泊「35ソレス」です。

日本円で、一泊「約1200円」ですかね。

一様、乗合バスを予約した旅行会社で、宿を予約してもらったので、少しは値引きされてるはずです!

宿の感想

宿の個人的な感想は、可もなく不可もなくと行った感じですかね。

なんというか、いたって普通でしたw

僕が泊まったのは、おそらくダブルルームの個室だったのですが、まぁ普通でしたw  雰囲気的にはモーテルのような雰囲気でしたね。

部屋もそれなりに綺麗ですし、シャワーも普通に温かいシャワーが使えました。Wi-FiもそこそこOKです!

っというか、「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」には2泊だけでしたし、「マチュピチュ遺跡」にも朝早くから行きますし、本当にただ寝るだけと言った感じだったので、別にゆっくり休めればどこでもよかったと言うのが正直な感想ですかね。

 

「マチュピチュ遺跡」見学にあたってのガイドについて

南米旅行,旅行記,ペルー,マチュピチュ

ガイドをしてくれるリャマさんですw (アルパカかも?)

2017年7月から、「マチュピチュ遺跡」の入場規制が変更になったとのことで、遺跡に行くには公認のガイドと一緒でなければ入場できないという話を現地に行ってから知りました。

そこで、現地で(クスコ)で旅行会社などに聞いてみたりもしたのですが、正直なところ納得ができる返答はありませんでした。

もしかしたら、意思疎通がうまくできなかったのかもしれませんが、僕が質問したときに、その旅行会社曰くガイドと一緒でも、そうでなくても大丈夫だ・・・・的な事を言われました。

ですので、僕はガイドなしで「マチュピチュ遺跡」に行ったのですが、結果的に、

「ガイドなしでも入場できました!」

おそらく、まだ規制が変更になったばかりで、そのあたりの対応がまだ間に合っていないからではないかと勝手に想像しています。

現に、「マチュピチュ遺跡」の入り口にもガイドの方々が待機していて、入場ゲートに並んでいる時に、しきりに「ガイドはいらないか?」っと聞かれました。

ですので、最悪ガイド同伴でなければ入場できなければ、まさに現地でガイドを雇うことも可能だと思います。

これから先どうなってくるのかはわかりませんが、そのうちガイド同伴でないと入場もできなくなるなんてこともあるかもしれないので、頭の片隅に留めておいた方がいいかもしれません。

補足

ガイドに関しては、2018年6月の時点の事です。

それに、一様名目上はガイド同伴が義務付けられているので、それによって入場できないなどのトラブルに関しては自己責任でよろしくお願いします。

さいごに

さいごに、一生に一度は行ってみたいと思っていた「マチュピチュ」ついての正直な感想ですが、

「思っていた以上に大変・・・!」

ですねw

バスと歩きで行ったからということもあるかもしれませんが、それでもやはり遠いし時間もかかります。

もし、次に再度行く機会があるならば、電車で行く選択肢をしますねw

 

それに、「少し残念だなぁ・・・・」っと思うこともありました。

その理由として、やはり有名な観光地っということもありますが、特に「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」は、かなり観光地化しているので、ローカル感が全くない・・・・w

そして、「マチュピチュ遺跡」に関しては、今までに写真で見たことがある場所に行けたと言う点では、大満足でしたし、感動しました。

ですが、少しワガママな感想かもしれませんが、

「ちょっと綺麗すぎるんですよねぇ〜」

なんといいますか、古い遺跡なので、遺跡の部分の修復が必要なのはわかります。それに、観光をしやすいように色々と整備する必要があるのもわかります。

ですが、遺跡の見た目も、周りの環境も整備されすぎていて、「綺麗すぎる!」

「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」もしかり、遺跡自体も昔の古代の遺跡感があまり感じられなかったと言うのが、僕の個人的な感想です。

とはいえ、今まで写真やテレビなどで見たことしかなかった場所に実際に行けたと言う満足感もありましたし、実施に景色もかなり綺麗だったので、満足なのには変わりはないんですけどね!

それに、やはりかなりの山奥に位置しているので、「マチュピチュ遺跡」や「マチュピチュ村(アグアスアリエンテス)」の周辺の景色もすごく綺麗です!

それだけでも、行く価値はあるのではないかと思えるぐらいでした。

1ヶ月の南米旅行で僕が回ったルート・費用については、「1ヶ月の南米旅行での「掛かった費用」「回ったルート」のまとめ!」の記事を参照して見てください。

1ヶ月の南米旅行での「掛かった費用」「回ったルート」のまとめ!

2018.07.05
タツキチ

そう考えると、「是非一生に一度は行った方がいいですよ!」っといいたいですねw

ただ、人が沢山いるのは覚悟して行った方がいいですよ!

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「自分らしく、楽しく生きるには?」を常に考えながら色々と試行錯誤中! それも含め、普段の生活の中で勉強になった事、経験した事を記事にしています。 元自動車整備士、現在ワーキングホリデーを利用してカナダに滞在中。