人の話を聞かない人の『6つの対処法』をこっそりお伝えします! 

対処法,学習日記

 

職場や学校などあなたの周りで、話を聞かない人っていませんか?

「必ず1人は周りにいるんじゃないかなぁ・・・。」

はい、僕の周りにもいますよ。

仕事でもプライベートでも、自分の伝えたい事は、話を遮ってまで伝えようとするのに、こっちの話はあまり聞こうとしないと言う人。

仮に聞いてたとしても、「この人なんか違う解釈をしてるよなぁ・・・・」
本人自身はわかったつもりなんだろうけど、「ちょっと違うんだよぉ」ってツッコミたくなる時もしばしば。

「僕も何度も経験があります・・・」

そんな人に、それでもと思って、もう少し細かく説明しようと試みるが、

「わかってる!と言われる・・・・」

「そう言われると、それ以上何も言えないっす・・・・」

って思う時もある。

言った、言わないでケンカになる事もあったりする。
言ってないのに、言ったと言い張る。(言ったつもりになってる)

などなど、言い出せばきりが無いですね。

そんな時にどうしたらいいのか、何か対処法はないのかいつも考えます。

そんな、「人の話を聞かない人」に対して僕が実践する『6つの対処法』を紹介したいと思います。

人の話を聞かない人の『6つ対処法』

僕が実践する方法です。

  1. 自分自身もそういう態度をとってないか気をつける。
  2. 文字に残して伝える。
  3. 聞いてないという前提で何度も話す
  4. 自分が折れる、自分を変える。
  5. 自分の伝え方を考え直す、変えてみる。
  6. ゆっくり話し合う。納得が行くまで話し合う。(必要な時だけ)

これらは状況と、人によって使いわけるようにしてます。

 

自分自身も同じ態度をとってないか見直す

 

これは対象法ではないかもしれませんが、これが一番大事だと僕は思います。

人に対して文句を言う前に、まず自分自身の態度を改めて見直してみるのも大切だと思います。

意外と、自分自身のことは気がついているようで、気がついてない場合がある気がしますし・・・。

よくよく、考えれば自分も相手に対して無意識に同じ態度をとってしまっているなんて事もしばしあります。

ですので、まずは「人の振り見て我が振り直せ」です。

 

文字に残して伝える

 

話を聞かないと言うのも、状況によって『話を聞けない』のかもしれません。

そう言う場合は、少し手間がかかるかもしれませんが、メモなどを作成して確認してもらうようにしましょう。

人の話を聞かない,対処法,学習日記,生活

文字で残しておけば、証拠にもなりますし、その方が相手も自分のペースで読めるので、自分も相手もイライラしなくて済む場合が多いです。

だた、そのメモや書類すら見ないと言う場合は、もはやそれは、別の問題かと思います。

 

聞いてないという前提で何度も話す

 

これは、もう半分諦めが入っているかもしれませんが、それでも根気よく何度も同じ話をします。

 

自分が折れる、自分を変える

 

とりあえず、そのような人に出会ってしまったら、諦めます。

決して、話をするのを諦めるのではなくて、『人の話を聞かない』事に対してです。

そして、その人のペースに出来るだけ合わせるようにします。
勿論、全てにおいてその人のペースに合わせる必要はないと思います。

そうでないと、今度は自分が参ってしまいかねません。

ですので、そのような人と話をする時だけ合わせるようにしています。

 

自分の伝え方を考え直す、変えてみる

 

自分の言った事に対して、再度確認し直します。

もしかしたら、自分の伝え方が悪かったと言う事もあり得るので。
または、話が噛み合わないと言う場合もなきにしもあらずです。

ですので、同じ話を今度は違う言い方でいい直してみます。

 

ゆっくり話し合う。納得が行くまで話し合う(必要な時だけ)

 

これは、僕の中では最終手段です。

「はっきり言って『人の話を聞かない人』と話し合いをしたくありません!」

だって、話を聞かないんですもん・・・」

話を聞かないから困っているのに、話し合いなんて出来るとは思っていません。

ですが、仕事などの場合そうも言ってられません。
それに、もしかしたら、場所を変えてみたり、ゆっくりと時間をとって話してみれば意外と話を聞いてくれると言う場合もありえます。

 

まとめ

一番僕が気をつけている事は、

自分自身も同じ事をしないと言う事。

これだけは、絶対だと思っています。

「あいつは人の話を聞かない!」なんて、文句を言っていながら、自分自信がそうだったら本末転倒です。

 

もはや、笑えませんよ!

 

かと言って、全面的に相手を攻めるのもどうかと思います。

結局、相手が自分の思い通りに『自分の話を聞かない』から、余計にそういう文句も言いたくなるのではないでしょうか?

それって、見方を変えれば、自己中心的に見えてしまうと思います。

もしかしたら、その『人の話を聞かない人』にも何か理由があってそのような態度をとってしまっているのかもしれませんし。

例えば、

『仕事が忙しすぎる』『気持ちに余裕がない』『自分の事をもっとわかってほしい』『相手の事を考えられない』『そもそも会話が苦手』などなど。

 

もし『人の話を聞かない人』と会話をしなければならない時は、まず相手の事も考えてみるのも大切だと思います。

他人をコントロールする事は決して簡単な事ではありません。
なので、時には自分が相手に合わせる事も大切かと思います。

仕事など重要な場面で、話を聞かないからと言って、話をしないなんて事は好ましくない事だと思います。

ですので、その辺りは状況によって判断するしかないと思います。

僕個人的には、仕事など重要な事を伝えなければいけない場合は、いろいろと考えて工夫をしますが、別に聞いていなくてもいいような話。

はっきり言うと、どうでもいいような事の場合は、別に聞いてなくてもいいやと諦めます。

そして、『人の話を聞かない人』と話をする必要がある時以外は絡みません。

仕事などではそうはいきませんが、プライベートの時などはもはや気にしません。
正直言うと、始めから話をする気もないです!

「そんなの自己中だ!!」と思われる方もいるかもしれませんが、話をしても聞いていないのならば、話すだけ無駄だとすら思っています。

なぜかと言うと、人の話を聞かずに、相手の事を知る事は超能力者でもない限り、まず無理だと思うからです。

 

「説得」と「操作・洗脳」の違いとは?

そう言われてみると、何が違うのか?

『操作・洗脳』と聞けば、どうしてもネガティブなイメージを持つ方がほとんどではないかと思います。

「ぶっちゃけ、僕もそう思います!」

特に洗脳って言葉は、個人的には良いイメージがありません。

 

この疑問に答えてくれたのが、この本の著者であり、アメリカ屈指の「説得術」のエキスパート『デイブ・ラクハニ』です。

彼は9年間にわたるカルト教団での、珍しい実体験をもとに『説得と操作・洗脳の違い』を研究してきたそうです。

そして、その違いをこう結論づけました。

 

「操作はいずれ必ず失敗するが、本物の説得は永続的な結果をもたらす」

 

しかし、一方でラクハニは、「それ以外に大きな違いはない」とも語っているそうだ。

と言う事は、お互いが恩恵を受けられるのであれば『操作や洗脳のテクニック』は人を説得する時に大きな効果を発揮すると言う事なのではないのか?

そんなわけで、どうすれば『操作や洗脳のテクニック』を実際のビジネスや生活の説得の場面で活用することができるのでしょうか?

さらに詳しい内容はこちらからどうぞ。

 

著者: デイブ・ラクハニ

全米屈指の「説得術」のエキスパート。世界初のビジネスアクセラレーション・ストラテジー企業「ボールド・アプローチ」社長。
7歳から母と弟と共にカルト教団で過ごすが、教団に疑問を感じ、学校教育を求めて、16歳のときに1人で脱会。学業のかたわらで、洗脳や心理学、カルト教団の心理操作などについて独学。

 

 

 




この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA