ワーホリに行こうか行かないか迷っている方へ! なんでワーホリなんですか?本当にワーホリじゃなきゃダメなんですか?

スポンサーリンク
ワーホリ,ワーキングホリデー,行こうか行かないか迷う,理由

ワーホリに行こうか行かないか迷っていると言うあなた!

「そもそも、なんで迷っているんですか?」

 

「仕事を辞める事?」

「ワーホリ後の就職?」

「英語力?」

「海外で生活する事への不安?」

「お金の不安?」

おそらく、いろいろあると思います。

 

ワーホリ経験者として、ここではっきり言っておきます!

もし、上記の理由などからワーホリに行こうか行かないか迷っているならば、いっそ行かない方がいいです!

 

スポンサーリンク

ワーホリに行こうか行かないか迷うと言う事は・・・

まず初めに、みなさんワーホリを勘違いしていませんか?

ワーホリってただの制度の事ですよ!
もう少し砕いて言えば、ただのビザのことです。

ワーキングホリデーは、ただ単に他の国へ1年間の滞在を許してもられる許可証のようなものです。

ですので、ワーホリ自体はあなたに何も、もたらしてはくれません!

唯一、1年間と言う期間を他の国での滞在・労働・学習・旅行・などの機会をもらえるだけです。

何が言いたいかと言うと、ワーホリはただのきっかけ。
結局、海外に行って何をして、何を学んで、何を得るのかは自分次第と言うことです。

 

「そうです、全て自己責任です!」

 

たまに、ワーホリ経験者の方で「ワーホリなんかに行かなきゃよかった」とか「時間の無駄だった」「英語なんか全く伸びなかった」などと言うネガティブな意見を耳にします。

その反面、「サイコーだった」とか「また行きたい!」と行ったポジティブな意見もありますけどね。

「上記の意見の違いはなんでしょう? なぜ同じワーホリなのにこれほど意見が分かれるのでしょうか?」

 

そうです、もう一度言いますが、

「結局は、自己責任です!」

時間の無駄だったと感じるのも、サイコーに楽しかったと感じるのも、あたなの行動次第と言うことです。

言い方を変えれば、どちらにもなりうると言うことですね。

 

「ワーホリに行こうか行かないか迷っていると言う事は、覚悟ができてないと言う事ですよね?」

上記で挙げたように、「仕事を辞める事」「就職の事」「お金のこと」などなど。

または、本当にワーホリで海外に行きたいとお考えなのでしょうか?

「英語の習得ならば語学留学じゃダメなのでしょうか?」

「旅行がしたいのならば、観光ビザじゃダメなのでしょうか?」

 

行こうか行かないか迷っている原因をよく考えてみてください!

「もう一度あなたにお聞きします」

「なんで、ワーホリに行こうか行かないか迷っているのでしょうか?」

その原因をよく考えてみてください!

そして、

「なぜワーホリに行こうと考えたのか?」

「それはワーホリでなければいけないのか?」

あらゆる可能性を考えてみてください。

 

英語が上がるのか心配なあなた

 

はっきり言います。

ワーホリに行くだけでは英語力は上がりません!

英語力を上げるならば、日本でもやり方はあります。
わざわざワーホリで海外に行く必要もないです。

もはや、ワーホリは関係ないです!

あなた次第です。

あなた次第で英語力は上がりますよ!

ですが、本気で英語力を上げたいと考えているならば、集中的に英語の勉強をした方がいいです。
別にワーホリでなくてもいいです。

「語学留学しましょう!」

ちなみに、学生ビザでも労働時間の制限はありますが、働くことが可能ですよ!

 

海外で働いてみたいと言うあなた

 

以前に「海外で働きたいとお考えのあなた! 英語が不安?それなら一回ワーホリで試してみては?」の記事でワーホリの海外での仕事について書きましたが、

どのように働きたいのかによりますが、ワーホリで短期で働くだけならば簡単ですよ!
詳しくは、上記の記事を読んでみてください。

 

外国人の友達を作りたいと言うあなた

 

日本でも作れますよ!
わざわざ、海外に行かなくても出来ます!

長野県 白馬村 で冬のリゾートバイトをしよう!スキーやスノボはもちろん、英語学習にもおすすめ!!

屋久島で国際交流!? 英語を話す機会を作りたいならば、以外に屋久島もおすすめ!

の記事でも触れていますが、日本にいても外国人の人達と交流できますし、一緒に働くことも可能です。

 

外国の人と仲良くなるのが難しいと感じるのは、英語だけが原因じゃないと思う「3つ」の理由!」の記事で外国人と仲良くなることについて書きましたが、

ぶっちゃけて言うと、多少英語が話せて、多少社交性があれば、誰とでも仲良くなれます。

ですが、本当に仲の良い友達となると時間がかかる場合もありますし、相性もあります。

しかも、よく「英語ネイティブの友達が欲しい」などと耳にしますが、ネイティブの方だってネイティブの友達がいます。

やはり、スラングが通じる同士の方が話すのも楽ですし、ジョークも通じる方が面白いはずです
その方が楽しいはずです!

なので、よっぽどあなたが人間的に魅力的な人だとか、英語がネイティブなりに堪能だとか、相手があたな自体に興味があるかでもないと、仲の良い友達になれないです。

それは、日本人同士でも同じなのではないでしょうか?

英語学習のために、英語上達のためにネイティブの友達を作りたいなんて考えるのはやめましょう!

「相手にも失礼だと思いませんか?」

「もし、自分が反対の立場だったらどう思いますか?」

 

はっきり言っていいことばかりではないですよ

 

ワーホリで海外に滞在するにあたって、楽しいことや素晴らしい体験が沢山あります。
新しい体験・出会い、日本では味わえないことも沢山です。

ですが、その反面いい事だけでなく嫌なことや大変なことも沢山あるのも忘れては行けません。
人種差別的なこともされたりします。
孤独な思いをする事だってあります。

「それらを受け止める覚悟はありますか?」

 

もしそれでも決心できないと言うのならば・・・

それでも、決心できないようならば・・・・、

 

本当にワーホリに行かない方がいいですね。

 

もしここで、行こうか行かないかの迷いが消えたならば、

ここまで読んでいただいて、

「やっぱりそれでもワーホリに行きたい!」

と思えたならば、

「ぜひ、ワーホリに行きましょう!」

 

最後に

僕はワーホリ肯定派です。

「実際に現在(2017年)ワーホリを利用してカナダに滞在中ですしw」

ワーホリで海外に行けば「何か変わる」とか「視野が広がる」とか「英語力が上がる」などは本当に自分次第です!

僕自身ワーホリ経験者として「世界が広がった」とか「英語力が上がった」と思っていますが、それがあたなに当てはあるとは限りません。

結局はあなた次第です。

それと、ワーホリ自体はただの制度です!

そこだけは履き違えないようにした方がいいですね。

スポンサーリンク
迷う,霧

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください