ワーキングホリデー お金ってどうやって持っていけばいいのか?

スポンサーリンク
ワーホリ,お金の持って行き方,クレジットカード,国際キャッシュカード,

ワーホリに行く事に決めたけど、大事なお金をどうやって持っていくか迷っていませんか?

お金の持っていき方はさまざまな方法があります。

  • 現金を日本または現地で換金する。
  • 海外送金で日本から送金する。
  • 国際キャッシュカードを使う。
  • クレジットカードのキャッシングを使う。
  • トラベラーズチェックで持っていく。

などがあります。

それぞれに特徴がありますので、ご自分にあった方法で持っていけばいいと思います。

ワーホリに行って、始めの数日・数週間の滞在ならば現金で持っていくか、クレジットカードを使用すればいいかと思います。

しかし、もし語学学校に行く予定がある場合など、流石に何十万という額の現金を持っていくのは少々リスクもありますし、不安だと思います。

それに、1年など長期で生活する場合も生活費全てを現金で持っていくのは、流石に無理があります(;´∀`)

クレジットカードを使って生活するのも、安全面では現金を持ち歩かなくて良いのでいいかもしれませんが、場所・お店によっては使えない場合もあるので、やはり現金は必要になると思います。

ですので、いくつか複数の方法を使ってお金を持っていく事をオススメします。

 

スポンサーリンク

僕がどうやってお金を持って行ったのか?

僕も、初めてワーホリに行った時が始めての海外だったので、日本で現地通貨に換金する方法ですら知りませんでした。

そんな、僕がどうやってお金を持って行ったかお伝えしたいと思います。

前の記事、ワーホリに持って行った荷物についての記事でもお伝えしましたが、

僕は、複数の方法を用いました。

  1. 空港で1万円分現地通貨に換金。
  2. 国際キャッシュカードを使う (新生銀行の海外キャッシュカード)
  3. クレジットカードを使う (三井住友VISAクラシックカード 楽天カード)

の3つの方法を使いました。

しかし、実を言うとこれらを使ったのは、語学学校に行っていた時の数ヶ月の間だけでした。っと言うのも、現地でアルバイトなどをして稼げるようになれば現地口座を作り、そのデビットカートなどを使用して生活する様になったからです。

クレジットカードに関しては、僕の場合は語学学校の授業料を支払う時、その1回だけしか使用しませんでした。

このように、僕はメインに国際キャッシュカードを使用して、場合によってクレジットカードを使用するという方法を用いました。

今思うと、国際キャッシュカードは2枚用意していけばよかったなと思いました。
理由は、もしどちらか1枚が何かの使えなかったり、カードをなくしてしまった場合などの保険として、もう1枚用意しておけば良かったと思った訳です。

それで、現在はもう1枚 ジャパンネット銀行 の国際キャッシュカードを作りました。

 

まとめ

このように、いくつかの方法を併用してリスク分散して行く方がいいと思います。

クレジットカードや国際キャッシュカードについては、会社によってサービスなども違ってきますので、自分の希望に合ったものを選べばいいかと思います。

 

国際キャッシュカード・クレジットカードの参考サイト

国際キャッシュやクレジットカードについて参考になるなと思うサイトをいくつかピックアップしてみました。

参考にしてみて下さい。

 

タビノナカ★ワーホリのすすめ

 

あしたはもっと遠くへいこう

 

自力で海外一人旅

 

クレジットカードの読みもの

 

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください