「バックパッカー」と「普通の旅行者」との違いってなに? それは、「旅行スタイルの違い!」

スポンサーリンク
バックパッカー,普通の旅行者,違い,旅行スタイル

「バックパッカーと普通の旅行者の違いってなんだと思いますか?」

 

正直行って、それほど違いはないと僕は思っています。

 

「旅」と「旅行」の違いは何?

っと言われても、正直わかりませんw

どちらも、日本国内や海外に行き、その国の文化や食事や観光名所などを堪能するという意味ではそれほど違いはないと思います。

 

しかし、僕の個人的な意見ですと「バックパッカー」と「旅行者」・「旅」と「旅行」は微妙に違いがあると感じるのも事実です。

以前の記事、「「自分探しとは?」 自分探しの旅の本当の意味と理由についての考え。」で、現在「自分探しの旅なんてする人は殆どいないのではないかと?」といった事を書いていますが、

バックパッカーと聞くと、「自分探しの旅をする人」「世界中を放浪する人」といったようなイメージを浮かべる方が多いかと思います。

僕自身も、初めは上記のような、「世界中をバックパックを背負って放浪する、髭を生やした人」を想像してましたw

実を言うと、以前まで海外なんて行ったことがなかった僕にとっては「バックパッカーをしている人」と言うのは少し憧れる存在でもありましたねw

そんな「バックパッカー」についての僕なりの、「バックパッカーと普通の旅行者」の違いをまとめてみたと言う、そんな記事です。

 

スポンサーリンク

バックパッカーとは?

そもそも「バックパッカー」とは?

バックパッカー,普通の旅行者,違い,旅行スタイル

上記でも書いていますが、僕の中では「バックパッカー」と「普通の旅行者」との違いはあまりないと思っています。

強いて言えば、「旅行に対する考え方・楽しみ方が少し違うかな」と思うぐらいですかねw

 

では、そんな「バックパッカー」の一般的なイメージですが、

  • 「バックパックを背負って旅行する」
  • 「お金がないので、ビンボー旅行」
  • 「放浪癖がある」
  • 「自由気まま」

などと言うイメージがあるのではないかと。

僕自身も同じようなイメージがありましたね。

 

ですが、実際はそんなことはないと思っていますし、「バックパッカーの定義」みたいなものもないと思います。

別に、バックパックでなくて、スーツケースでもいいですし、安宿に泊まる必要もないと思います。それに、世界一周をしなければいけないとか、毎日節約しなけらばいけないと言ったルールなんてありませんしw

自分で「俺・私はバックパッカーだ!」と思えば、もう立派なバックパッカーではないかとすら思いますねw

 

結局はただのイメージと気分だと僕は思いっています。

「バックパックを背負って、一人で旅行する」のと「パッケージツアーなどに参加して、みんなで団体行動をして旅行する」のとでは、同じ場所に旅行するとしても、また違った気分を味わえるはずです。

 

バックパッカーと普通の旅行者との違いは「旅行スタイルの違い!」

僕の個人的なイメージとして、「バックパッカー」と「普通の旅行者」の違いは、「旅行スタイルの違い」ではないかと思っています。

バックパッカー,普通の旅行者,違い,旅行スタイル

僕の「バックパッカー」のイメージが、

  • 「旅行の予定などできることは全て自分でやる」
  • 「基本的には団体のツアーに参加しない」
  • 「個人での旅行が好き」
  • 「忙しい旅行をしない」
  • 「行き先を自由に決めたい」

と言う感じ。

「普通の旅行者」のイメージが、

  • 「旅行など手配は、基本的に自分ではやらない」
  • 「パッケージツアーを利用する」
  • 「団体での行動する方がいい」
  • 「知り合いだけで、旅行したい」
  • 「予定通りの旅行の方が好み」

っと言う感じですかね。

 

「バックパッカーという旅行スタイル」

 

基本的に、航空券の手配、ビザの手配、宿の手配、観光する場所、旅行の予定、旅行予定の場所までの移動手段など、全てにおいて自分で予定を立てて旅行すると言う感じの「バックパッカーという旅行スタイル」かと。

簡単にいうと、自分の行きたいところへ、自分の行きたいタイミングで、自分の思い通りの日程で旅行するという感じですかね。

それに、「バックパッカー」と言っても、様々なスタイルがあると思います。

例えば、

  • 「世界遺産をめぐる」
  • 「現地の食事を満喫する」
  • 「現地の人と交流する」
  • 「マイナーな所も観光する」

など、それは自分の好みですね。

「バックパッカースタイルの旅行」の場合は、自分で航空券などの手配、旅行の日程を立てるなど、全てにおいて自分自身でやる場合が殆どですので、その分予算も安く抑えることも可能ですし、自分の好きな予定を立てられるという点が何よりも良いいですね。

その反面、全てを自身で手配するので、色々と下調べをする必要があります。
それによって、時間もかかりますし、何より面倒臭いという事もありますねw

そして、もし何か問題が発生した場合、パッケージツアーでの旅行のように添乗員の方はいないので、自分でなんとか解決する必要もあります。

例えば、

「飛行機に乗り遅れた」

「現地での乗り物の乗り方がわからない」

などなど。

要は、全て自己責任という事です!

自分の好みの旅行ができますが、誰も引率してくれませんので、自分で考えて、行動する必要があるという事ですね!

それが、ある意味「バックパッカースタイル」の醍醐味とも言えるのかもしれませんけどねw

 

「普通の旅行スタイル」

 

それとは逆に、航空券の手配、ビザの手配、宿の手配、旅行の予定などを、自分ではやらずに旅行会社のお任せして、自分はそれに従って旅行すると言う「普通の旅行スタイル」ではないかと。

いわゆる、パッケージツアーなどに参加して旅行をするというスタイルですね。

僕自身はまだ、パッケージツアーで旅行に行ったことがないので、実際どうなのかはわからないのですが、人伝いで聞いた話を元にすると、

やはり、航空券の手配、ビザの手配、宿の手配、旅行の日程などを自分でする必要がないぶん、かなり「楽」だと思います。

自分は、指示された通りにその場所に行き、搭乗員の方に従って行動すれば良いわけですので。
しかも、主要な観光名所やレストラン・お店などにも連れてってもらえて、存分に楽しめるのではないかと思います。

ですので、旅行の際の様々な手配などをするのが面倒臭い・わからないという方の場合は、このような「普通の旅行スタイル」で旅行する方がいいのではないかと思います。

その反面、もし旅行中に気が変わって予定にはなかった場所に行きたくなったとか、どうせなら違う国に寄ってから日本に帰りたいなどといった事を思ったとしても、あくまでもパッケージツアー内での旅行ですので、そのパッケージでの予定内でしか旅行ができません。

なので、そう考えると自由度はあまり高くはないですね。

 

補足

念のため補足しておきます。

ここでは、あえて「普通の旅行」と言っていますが、別に「バックパッカー」が普通ではない旅行スタイルという意味ではありません。

どちらも、旅行には変わらないので、わかりやすいように「普通の旅行スタイル」と「バックパッカースタイル」に分けています。

 

別に、どちらが良いとか・悪いとか、かっこいいとか・かっこ悪いとかと言ったことはありません。

旅行のスタイルは、人それぞれですので、それは自分の好みの旅行スタイル選べばいいかとw

 

個人的なバックパッカー体験

このブログでも記事にしていますが、

僕は現在(2017年〜2018年)「ワーキングホリデー制度」を利用して「カナダ」に滞在しています。

バックパッカー,普通の旅行者,違い,旅行スタイル

そして、以前にオーストラリアにも合計で、約2年間滞在していました。

初めての「オーストラリアのワーホリ」で僕はバックパックを背負ってオーストラリアに行きました。

その時は僕の中では、初めての海外であり、初めての「バックパッカー」体験でした。

 

とはいえ、僕自身は自分のことを「バックパッカー」だと思っていませんw

もちろん、初めの頃は「俺はバックパッカーだ!!!」って思ってましたよw

今現在もバックパックでカナダに来て滞在していますが、今現在は別に「バックパッカー」とは思っていません。

「じゃあ、なんなの?」

っと聞かれても、「さぁ〜?」っとしか言えませんw っというかどっちでもいいというのが本音です。

上記でも、お伝えしましたが、僕が思う「バックパッカースタイルでの旅行」をしていると思っていますが、自分のことを「バックパッカーだ!」とは言いません。

「だから、じゃあなんなの?」

「さぁ〜? なんでしょう?」って感じです。

 

まぁ、正直な所、僕の中では中途半端な立ち位置にいる気がしています。

ワーホリというビザの特性あると思いますが、「バックパッカー」のように旅行だけをしているわけではなく、「旅行も」「仕事も」「普通の生活も」しているのです。

要は、僕の中ではいつも通りの「普段の生活」を送っている感覚なんです。

「バックパッカー」として生活をしているわけでもなく、「その国の永住者」として生活しているわけでもない。

いわば、「バックパッカー」と「永住者(滞在している国の)」との中間にいるような感覚になっています。

それもあって、僕は「バックパッカー」だと思わないのかもしれませんねw(どちらでもいいんですがw)

 

まぁ、簡単に言ってしまえば、中途半端な場所にいるということですねw

そのせいなのか、「バックパッカー・旅行者」と「永住者(滞在している国の)」と話をしたりする時に、時々なんか違和感のようなものを感じることもありますねw (これも気のせいかもしれませんけどね)

ちょっと、今までに味わった事がないような不思議な感覚でもある気がします。

 

さいごに

以前カナダで、あるホステルで日本の旅行者の方にお会いしました、

「旅行」っていつもと違った場所に行けて、美味しいものを食べられて、綺麗な景色を見てなどとても楽しいものです。

それが海外ならば余計に全く違う環境に身を置くことになるので、刺激的です。

ですが、僕がその旅行者の方を見ていて、

「なんか、旅行するのに忙しそうだなぁ〜」っと感じました。

 

滞在する期間が短かったと言うことも理由の一つだと思いますが、毎日のように予定を入れて、滞在中に出来ることは全てやると言った感じで毎日忙しそうにしていました。

以前の記事、「旅行に行ったら観光しなければならないと言う考え方が嫌い! 何もしないという旅行の楽しみ方もアリでしょう!」でも、旅行に行って何もしないと言うのも贅沢だと言うことを書きましたが、

「そんなに忙しくしていてゆっくり観光できているのだろか?」っと思ってしまいましたね・・・。

そう言った方を見ていると、ゆっくりと自分のペースで旅行ができる「バックパッカースタイルの旅行」の方が僕は好きだなと感じます。

もちろん、時間の関係や予算の関係などもあるかと思います。

ですが、せっかくの旅行なのに・・・。

それに、見知らぬ土地に行くと言うことは思った以上に精神的にも肉体的にも「疲れます・・・」、それなのに、わざわざ忙しく観光していては逆に疲れるだけで、思った以上に楽しめないのではないかなぁって僕は思いますけどね。

 

タツキチ

忙しいのはわかりますが、せめて旅行の時ぐらいは、ゆっくりその場の雰囲気を楽しむのと言う「旅行スタイル」もアリだと思いますけどねぇ!

スポンサーリンク

この記事が何かのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.